人はいつか介護者となりそして介護される側になります。その日のためにきょうから少しずつ心の準備を始めてみませんか? 


                               


サイト内  
      
ホーム サイトの説明 管理人プロフィール メルマガ紹介 お役立ち商品 免責事項 お問合せ

栄養の管理・ケア 概要   消化器の解剖生理   経管(経腸)栄養の必要性   経鼻と胃瘻の違い   経腸栄養剤   嚥下障害   チューブの種類   具体的なケア




  高齢者介護


  呼吸器ケア


  栄養の管理


  介護保険制度


  介護職員の医療行為


  介護の豆知識


  介護お役立ちメモ


  子どもの看護


  看護医療情報


  気になるニュース


  インフルエンザと風邪


  食中毒


  海外で注意すべき感染症


  医療・看護専門用語集


  最新介護医療情報


  高度先進医療


  スマホ向けHP


  PDFダウンロードページ


  お役立ち商品紹介ページ


  メルマガ案内





  紙おむつ類

  尿器・便器類

  ポータブルトイレ

  その他




スポンサードリンク







  経管栄養法のケアをするにあたり必要な知識・経腸栄養剤について


  浸透圧と下痢

   
○浸透圧が高いとどうして下痢をしやすくなるの?

     
原因

      浸透圧が高い栄養剤が腸管内に入ると、体が浸透圧を平均化しようとします。
 
      即ち、腸管内に腸管壁から体内の水分(消化液など)を引き出し、浸透圧を

      同じようにしようと働きます。そうなると腸内の溶液が多くなります。

      又、腸の蠕動運動が亢進し下痢を引き起こしやすくなります。

       *下痢の原因は浸透圧以外にもいろいろあります。


     
対策

      浸透圧の高い栄養剤(高張液の栄養剤)を使用することにより、

      下痢が誘発されるようであれば、注入速度を落としたり、

      半固形化剤や固形化剤などを使用したりして様子をみます。

      浸透圧のさほど高くない又はほぼ同じ栄養剤を選択する方法もあります。



   ○栄養剤を白湯などで薄めていいの?

      栄養剤を薄めて使用するケースもあると思います。

      上記の対策が出来ない又は効果がない場合や、

      栄養剤を試験的に注入する場合など特別なケースに限り、

      薄めて注入するのも一つの方法だと思います。

      必要な成分やカロリーを全て注入する場合は、薄めた分、

      量が多くなるため、時間がかかります。

      注入時間が長くなると、菌が増殖するリスクが高まります。

      又、量が多くなるため、食道への逆流のリスクも高くなります。

      病態により水分制限のある場合も注意が必要です。


  ◆ メ モ ◇〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    
血液(血漿)の浸透圧

     280〜300mOsm(ミリオスモル)/L

     *文献により多少異なります。


    
Osm(オスモル)/L、 mOsm(ミリオスモル)/L

     溶液の浸透圧を表す単位。

     一定量の液体に含まれる粒子の数の単位。


    
等張液

     血液(血漿)の浸透圧とほぼ同じ。

     0.9%の食塩水と同じ(生理的食塩水・生食)。

     5%ブドウ糖液、乳酸リンゲル液 とほぼ同じ。


    
高張液

     血液(血漿)の浸透圧より高い。


    
低張液

     血液(血漿)の浸透圧より低い。


    
浸透圧を左右する溶質

     浸透圧は、主に電解質、ブドウ糖などの濃度により左右される。

     中でも最も浸透圧に関与している溶質は、Na+(ナトリウムイオン)。

     ナトリウムが多いと浸透圧も高くなる。


    
浸透圧比

     生理的食塩水(約286mOsm・血漿とほぼ同じ)を1として比較した場合の浸透圧。

     浸透圧が600mOsmだと、浸透圧比は約2。


    
体液の浸透圧

     体液には、細胞内液と細胞外液があります。

     通常は血漿と同じ。生理食塩水とほぼ同じ。


    
濃度と浸透圧の関係

     温度が一定のときは、

     通常は、濃度が高いと浸透圧も比例して高くなります。

  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


    続きはこちらです⇒ 経腸栄養剤の投与量の判断基準



  


  スポンサードリンク

  



  経腸栄養剤 関連項目

  経腸栄養剤とは?
  経腸栄養剤の分類方法・例
  経腸栄養剤の種類
  天然濃厚流動食について
  人工濃厚流動食について
  病態別栄養剤(疾患別栄養剤、特殊な組成の栄養製剤)
  流動食とは?
  流動食と経腸栄養剤の違いは?
  形態からみた経腸栄養剤の特徴
  半固形(化)経腸栄養剤とは?
  固形(化)経腸栄養剤とは?
  半固形化剤又は固形化剤とは?
  濃度について
  質量パーセント濃度の求め方
  質量/体積(容積)パーセント濃度の求め方
  浸透とは?
  浸透圧とは?
  浸透圧の単位
  経腸栄養剤の濃度と浸透圧
  浸透圧と下痢
  経腸栄養剤の投与量の判断基準
  成人の1日に必要なカロリー(エネルギー量)
  高齢者の1日に必要なカロリー(エネルギー量)
  個人に合った必要エネルギー量 目安
  日本人の食事摂取基準2010年版・基礎代謝基準値によるカロリー計算
  国立健康・栄養研究所の式によるカロリー計算
  ハリス-ベネディクトの公式・欧米人を対象としたカロリー計算
  ハリス-ベネディクトの公式・日本人を対象としたカロリー計算
  日本人に合わせた簡易式のカロリー計算
  標準体重からカロリーを計算する方法
  個人に合った一日に必要なカロリー計算のまとめ
  経腸栄養剤・投与量のまとめ
  経腸栄養剤はてな?




 栄養の管理・ケア

  栄養の管理・ケア 概要

  経管栄養について
  経鼻栄養法について
  胃瘻栄養法について
  中心静脈栄養法
  末梢静脈栄養法
  経腸栄養剤について



 栄養の管理・ケアT: 経管(経腸)栄養法

  解剖生理(消化器)

  消化器とは?
  口腔の役割
  咽頭の役割
  食道の解剖と生理
  胃の解剖と生理
  小腸の解剖生理
  大腸の解剖生理
  肛門の解剖生理
  膵臓の解剖生理
  
肝臓の解剖生理
  胆嚢の解剖生理
  消化酵素について
  各消化酵素の働き
  消化と吸収について
  消化吸収の機序


  経管(経腸)栄養法の必要性(ここでは経鼻胃管栄養法と胃瘻栄養法PEG)

  まえおき  
  経口摂取が困難又は出来ないケース
  経管栄養法が選択されるケース
  経腸栄養法が困難又は出来ないケース
  経鼻胃管栄養法が困難又は出来ないケース
  胃瘻栄養法(PEG)が困難又は出来ないケース


  経鼻胃管栄養法と胃瘻栄養法(PEG)の違い(メリットとデメリットなど)

  経鼻胃管栄養法のメリット(PEGとの比較)
  経鼻胃管栄養法のデメリット(PEGとの比較)
  胃瘻栄養法・PEGのメリット(経鼻胃管栄養法との比較)
  胃瘻栄養法・PEGのデメリット(経鼻胃管栄養法との比較)


  経腸栄養剤について

  経腸栄養剤とは?
  経腸栄養剤の分類方法・例
  経腸栄養剤の種類
  天然濃厚流動食について
  人工濃厚流動食について
  病態別栄養剤(疾患別栄養剤、特殊な組成の栄養製剤)
  流動食とは?
  流動食と経腸栄養剤の違いは?
  形態からみた経腸栄養剤の特徴
  半固形(化)経腸栄養剤とは?
  固形(化)経腸栄養剤とは?
  半固形化剤又は固形化剤とは?
  濃度について
  質量パーセント濃度の求め方
  質量/体積(容積)パーセント濃度の求め方
  浸透とは?
  浸透圧とは?
  浸透圧の単位
  経腸栄養剤の濃度と浸透圧
  浸透圧と下痢
  経腸栄養剤の投与量の判断基準
  成人の1日に必要なカロリー(エネルギー量)
  高齢者の1日に必要なカロリー(エネルギー量)
  個人に合った必要エネルギー量 目安
  日本人の食事摂取基準2010年版・基礎代謝基準値によるカロリー計算
  国立健康・栄養研究所の式によるカロリー計算
  ハリス-ベネディクトの公式・欧米人を対象としたカロリー計算
  ハリス-ベネディクトの公式・日本人を対象としたカロリー計算
  日本人に合わせた簡易式のカロリー計算
  標準体重からカロリーを計算する方法
  個人に合った一日に必要なカロリー計算のまとめ
  経腸栄養剤・投与量のまとめ
  経腸栄養剤はてな?


  嚥下障害について

  嚥下困難(嚥下障害)とは?
  嚥下困難の主な原因
  対 策
  経腸栄養法が必要なケース


  経鼻胃管や胃瘻チューブの種類などについて

  経鼻胃管の種類
  経鼻胃管の太さ、長さ
  胃瘻チューブの種類
  胃瘻チューブの構造
  胃内固定板について
  体外固定板について
  胃瘻チューブ(カテーテル、管)の選択


  経管(経腸)栄養法の具体的なケア(介護職員などが実施できるケア)

  栄養剤を注入するまでの大まかな手順
  経腸栄養剤の注入時の観察と注意点など
  栄養剤の注入終了後の手順
  後片付けと記録・評価について
  経鼻胃管栄養法の合併症と対策
  胃瘻栄養法の合併症と対策
  介護職員の経管栄養法に関する医療行為について




 栄養の管理・ケアU: 静脈栄養法


  静脈栄養法

  概要




  中心静脈栄養法

  中心静脈とは?
  中心静脈から補給された栄養分などの血液循環
  中心静脈栄養法とは?
  中心静脈カテーテルの挿入(穿刺)部位について
  中心静脈栄養法のメリットとデメリット(経腸栄養法との比較)
  中心静脈カテーテル留置及び輸液ルートによる主な合併症
  長期絶食による消化器官への主な弊害
  具体的なケア・介護職員が注意することなど
  具体的なケア・看護職員のケア



  高カロリー輸液について

  中心静脈栄養で使用される輸液について

  高カロリー輸液とは?  
  高カロリー輸液の種類
  高カロリー輸液(中心静脈栄養)を必要とするケース
  高カロリー輸液(中心静脈栄養)がリスクを伴う場合
  高カロリー輸液(中心静脈栄養)の選択
  高カロリー輸液による主な合併症



  末梢静脈栄養法

  末梢静脈とは?
  穿刺(挿入部位)
  メリットとデメリット(中心静脈栄養法との比較)
  合併症
  輸液について
  輸液の種類
  具体的なケア:介護職員が注意することなど
  具体的なケア:看護職員のケア








 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ◇ 参考文献

 《書籍》 
   人体生理学ノート(金芳堂)p103〜p105
   最新医学大辞典(医歯薬出版株式会社)p160,p728
   電子辞書・広辞苑
    溶媒、溶質、浸透圧、浸透 半透膜

 《インターネット》
   日本流動食協会HP内・流動食の使い方
   http://www.ryudoshoku.org/tukaikata_5p.html
   濃厚流動食品と浸透圧について
   http://www.ryudoshoku.org/sintoatu_2p.html
   http://www.ryudoshoku.org/sintoatu_3p.html

   ウィキーペディア
   http://ja.wikipedia.org/浸透圧
   http://ja.wikipedia.org/溶液
   http://ja.wikipedia.org/半透膜
   http://ja.wikipedia.org/逆浸透膜


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜   



 開設日: 2012/09/16
 リニューアル: 2014/09/08

















痰を出しやすくする方法

口腔内吸引

気管カニューレからの吸引

口腔及び鼻腔からの気管内吸引

気道に異物が詰まった時は?

誤嚥

経管(経腸)栄養法の具体的なケア

床ずれ(褥瘡)

足湯(足浴)

お口のケア







痰の観察:痰とは?

痰の観察でわかること

中心静脈栄養法について

口腔内吸引について

痰などの吸引について

介護職員などの医療行為

子どもの看護・発熱

痰を出しやすくする方法

誤嚥

要介護・要支援認定について

褥瘡が出来やすい部位(好発部位)

痰の性状で考えられる主な原因

痰の色で考えられる主な原因

タッピング(カッピング)

痰の量が多くなる主な原因

気管カニューレからの吸引

体位交換、体位ドレナージ

口腔内吸引:吸引の準備

経管栄養法について

国内の死亡原因

介護の豆知識







熱中症について

海外で注意すべき感染症

食中毒

救急処置

AED(自動体外式除細動器)

気道に異物が詰まった時は?

高度先進医療

医療廃棄物







  ナースのホームページ

   主に看護職員の方向けの内容ですが、専門職の

   方だけでなく、ご家庭でお子様やお年寄りの方、

   病を抱えている方を お世話している方にもお役に

   立てるような、わかりやすいサイトを目指しています。

   主なコンテンツ

    ●バイタルサイン

    ●洗浄・消毒・滅菌

    ●口腔及び鼻腔からの気管内吸引

    ●注射と穿刺について

    ●血液検査

    ●注射と点滴に関する用語集

    ●採血に関する用語集

    ●看護用語・詳細概要

    ●看護関連用語集(全般)

    ●看護関連最新情報     など



  へるすナビ

   主に、季節にあった健康・医療情報を掲載しております。

   健康の保持増進に関する予防的な情報や、栄養・食事に

   関すること、最新医療情報なども掲載しております。

   主なコンテンツ

    ●インフルエンザと風邪

    ●食中毒

    ●熱中症

    ●紫外線

    ●風邪に良い食品

    ●家庭で作れる健康料理

    ●室内で仕事をする方の健康管理    など



  看護用語集専用ページ






介 護 食
                              


ホーム サイトの説明 管理人プロフィール メルマガ紹介 お役立ち商品 免責事項 お問合せ






                    



 C o p y r i g h t (C) 2012〜 「 N u r s i n g  I n f o rm a t i o n 」 A l l  R i g h t s R e s e r v e d