人工呼吸器装着時の介護:必要な知識 各設定アラームの主な原因


人工呼吸器の設定に関するアラームの主な種類には、
無呼吸アラーム、吸気圧下限アラーム、吸気圧上限アラーム
低換気アラーム(換気量下限)などがあります。



◆ 無呼吸アラームがなる主な原因

対象者の方の呼吸が止まっている又は、減少。
呼吸回路のはずれ。
適切でない設定(器械が感知できない数値)。
呼吸器本体の異常 など。


◆ 吸気圧下限アラームがなる主な原因

呼吸回路のはずれ、接続の緩み、破損等
による呼吸回路のリーク。
気管カニューレが抜けている。
気管カニューレのカフ圧の低下。
適切でない設定(アラーム設定が高いなど)
呼吸器本体の異常 など。   


◆ 吸気圧上限アラームがなる主な原因

呼吸回路や気管カニューレの閉塞や狭窄
閉塞の原因としては、回路や気管カニューレの屈曲、痰や血液による
詰まりなどがあります。
対象者自身の気道内に痰などの貯留がある。
ファイティングやバッキング。
適切でない設定(アラーム設定が低いなど)。
呼吸器本体の異常 など。


◆ 低換気アラームがなる主な原因

呼吸回路のはずれ、接続の緩み、破損などによる呼吸回路のリーク。
自発呼吸の減少。
気管カニューレが抜けている。
気管カニューレのカフ圧の低下。
適切でない設定(アラーム設定が高いなど)
呼吸器本体の異常 など。

*上記以外にもアラームの種類はあります。
在宅で使用されている機種や病態などによって、アラームの種類や
設定する数値などは異なります。

*アラームで知らせる方法には、音とランプがあります。
通常はアラーム音とランプ(点滅又は点灯)の両方で知らせます。
ランプの点灯又は点滅の位置でアラームの種類が確認できます。

※ 人工呼吸器の種類によりアラーム・トラブルの原因・対処などは
多少異なります。


◆ メ モ ◇ ~~~~~~~~

ファイティングとは?
患者さんの呼吸と人工呼吸器の換気とが合わず、人工呼吸器の回路内圧が
上昇すること。
原因には、自発呼吸の回復や出現により
患者さんの呼気と人工呼吸器の換気がぶつかる、チューブの屈曲や閉塞、
人工呼吸器自体の問題、設定の問題などがあります。

バッキングとは?
人工呼吸器装着時に、咳き込むこと。
咳嗽を引き起こす原因としては、   
気道内の分泌物の貯留、チューブの位置異常などによる気道粘膜への刺激、
呼吸回路の結露による気道内への逆流などがあります。
咳嗽と人工呼吸器の換気とがぶつかるとファイティングを起こします。

◆~~~~~~~~~~~~◆

続きはこちらです→ その他のアラームなどの主な原因





◇参考文献 
書籍
「介護職員等のための医療的ケア 喀痰吸引・経管栄養等の研修テキスト」
 公益財団法人日本訪問看護財団(編)p71
「人工呼吸ケアのすべてがわかる本」照林社 p97~p98 p239~p240 p364~p366
「ナース必携最新基本手技AtoZ」小学館 p74
「器械的人工呼吸マニュアル」ナース専科 文化放送ブレーン p36~p41
「気管吸引のガイドライン完全準拠わかる!できる!気管吸引あんしん教育ガイド」
 MCメディカ出版 p76~p78
「はじめて人工呼吸器」メディカ出版 p57~p61 
「実践できる在宅看護 技術ガイド」学研 p130~p132

インターネット
医薬品医療機器情報提供ホームページ
人工呼吸の安全セミナーテキスト p6
http://www.pmda.go.jp/files/000144877.pdf#page=2

開設日:2015/11/
リニューアル : 2017/08/16