人はいつか介護者となりそして介護される側になります。その日のためにきょうから少しずつ心の準備を始めてみませんか? 


                               


サイト内  
      
ホーム サイトの説明 管理人プロフィール 免責事項 お問合せ

介護保険制度    介護サービス    要介護・要支援認定    介護保険三施設    ケアマネ    介護福祉士   ホームヘルパー    医療行為    研修




  高齢者介護


  呼吸器ケア


  栄養の管理


  介護保険制度


  介護職員の医療行為


  介護の豆知識


  介護お役立ちメモ


  医療廃棄物について


  子どもの看護


  看護医療情報


  気になるニュース


  インフルエンザと風邪


  食中毒


  海外で注意すべき感染症


  医療・看護専門用語集


  最新介護医療情報


  高度先進医療


  スマホ向けHP


  PDFダウンロードページ


  お役立ち商品紹介ページ


  メルマガ案内




   スポンサードリンク

  

  介護職員等の医療行為に関する研修内容について


   ※介護職員の方などが喀痰吸引などの医療行為を実施するには、

     都道府県知事又は登録研修機関が実施する研修(喀痰吸引等研修)を修了し、

     認定特定行為業務従事者認定証の交付を受ける必要があります。


  
喀痰吸引等の研修について 概要

     研修には第1号研修、第2号研修、第3号研修の

     3つの課程が設けられています。


     喀痰吸引等の行為を受ける対象者には、

     不特定多数の人の場合と特定の人の場合があります。

     不特定多数の者対象と特定の者対象の研修内容は異なります。

     不特定多数の者対象の場合の研修は、第1号研修・第2号研修になります。

     特定の者対象の研修は、第3号研修になります。


     研修内容は、基本研修と実地研修があります。

     基本研修には講義と演習があります。


  
◇◆ メモ ◆◇〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    登録研修機関とは?

     認定特定行為業務従事者となるために必要な研修を実施できる機関で、

     都道府県又は登録を受けた事業所などになります。

     登録研修機関になるには、一定の登録要件があり、

     都道府県に登録申請する必要があります。


    不特定多数の者対象とは?

     不特定多数の人を対象にするケースとしては、

     主に特別養護老人ホーム等の施設で療養している方になります。

     喀痰吸引等の医療行為を必要とする複数の方に対して、

     複数の介護職員等が喀痰吸引等の医療行為を実施します。

      *在宅でも個別性が高くなければ対象になります。


    特定の者対象とは?

     特定の個人を対象にしたケースとしては、主に在宅で療養している方で、

     個別性の高い方になります。

     個別性の高い利用者の疾患例としては、

     筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの神経難病、

     重症心身障害、脊髄損傷(高位頸髄損傷)、遷延性意識障害

     などがあります。


    認定特定行為業務従事者認定証とは?

     痰の吸引などの業務を実施するための証明書です。

     現在、介護職員など(介護福祉士、ホームヘルパー、特別支援学校教員など)として、

     介護施設などで就業している人や、すでに現場で痰の吸引などを実施している介護職員などが

     法制度のもとでも実施できるようにする為に必要な認定証になります。

     施設や事業所などで就業している人は、喀痰吸引などの研修を受講します。

     交付された修了証明書証を添付して認定証の申請を都道府県庁にします。

     認定証が交付されれば、現場で痰の吸引などの行為が出来るようになります。

     すでに現場で当面やむを得ない措置として一定の要件のもと、

     痰の吸引などの行為をしている人は、喀痰の吸引などの知識、技能を

     修得していることの証明手続きを、都道府県庁に行います。

     都道府県で確認した後、認定証が交付されます。

 
◇〜〜〜〜〜◇〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◇〜〜〜〜〜◇





   ◆各研修についての詳細は下記をご参照ください。

    第1号研修・第2号研修(不特定多数の者対象)内容

    第3号研修(特定の者対象)内容

    介護職員などの研修の評価(第1・2号研修の場合)

    介護職員などの研修の評価(第3号研修の場合)

    演習と実地研修の評価の実施手順(第1・2号研修の場合)

    演習と実地研修の評価の実施手順(第3号研修の場合)

    基本研修(演習)と実地研修の評価項目について

    基本研修(演習)と実地研修の具体的な評価項目(第1・2号研修の場合)

    基本研修(演習)と実地研修の具体的な評価項目(第3号研修の場合)

    第1号及び第2号研修の気管カニューレ内部吸引:通常手順の評価項目の具体的な内容

    第1・2号研修の類型区分

    第3号研修の気管カニューレ内部吸引:通常手順の評価項目の具体的な内容

    第3号研修の類型区分

    基本研修(演習・現場演習)の評価判定基準

    実地研修の評価判定基準

    合格基準(第1・2号研修の場合)

    合格基準(第3号研修の場合)



   




介護職員等の医療行為について


    医療行為とは?

    医療行為を行える人と各法律

    家族が実施する医療行為について

    痰の吸引に対する今までの経緯

    実質的違法性阻却論により実施可能だった医療行為

    実質的違法性阻却論により医療行為が実施出来た条件

    モデル事業でのヒヤリハット・アクシデント事例

    医療行為ではない行為

    新制度下での介護職員等の医療行為

    介護職員等の医療行為実施の為の条件

    認定特定行為業務従事者認定証とは?

    介護職員等の医療行為に関する研修内容について

    介護職員等の医療行為 項目




介護保険関連 項目


   介護保険制度

   介護サービス

   要介護・要支援認定

   介護保険三施設

   ケアマネジャー

   介護福祉士

   ホームヘルパー

   介護職員等の医療行為

   介護職員等の医療行為に関する研修



 




 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 参考・引用文献

 インターネット
  厚生労働省HP内
     研修カリキュラム概要 
     //www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/tannokyuuin/dl/4-1-1-3.pdf
    喀痰吸引等業務の施行等に係る Q&A について(その1)p4
     //www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/tannokyuuin/dl/2-6-1-1.pdf
    介護職員等による喀痰吸引等制度Q&A p160
      //www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/kaigosyokuin/dl/text_10.pdf
    平成24年度喀痰吸引等指導者講習事業第三号研修(特定の者対象)喀痰吸引等指導者マニュアル p16〜p19
     //www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/kaigosyokuin/dl/manual_all.pdf

  書籍
   「介護職員等のための 医療的ケア」(公益財団法人 日本訪問看護財団 編)ミネルヴァ書房


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  開設日: 2014/08/17







痰を出しやすくする方法

口腔内吸引

気管カニューレからの吸引

口腔及び鼻腔からの気管内吸引

気道に異物が詰まった時は?

誤嚥

経管(経腸)栄養法の具体的なケア

床ずれ(褥瘡)

足湯(足浴)

お口のケア






痰の観察:痰とは?

痰の観察でわかること

中心静脈栄養法について

口腔内吸引について

痰などの吸引について

介護職員などの医療行為

子どもの看護・発熱

痰を出しやすくする方法

誤嚥

要介護・要支援認定について

褥瘡が出来やすい部位(好発部位)

痰の性状で考えられる主な原因

痰の色で考えられる主な原因

タッピング(カッピング)

痰の量が多くなる主な原因

気管カニューレからの吸引

体位交換、体位ドレナージ

口腔内吸引:吸引の準備

経管栄養法について

国内の死亡原因

介護の豆知識






熱中症について

海外で注意すべき感染症

食中毒

救急処置

AED(自動体外式除細動器)

気道に異物が詰まった時は?

高度先進医療

医療廃棄物






  ナースのホームページ

   主に看護職員の方向けの内容ですが、専門職の

   方だけでなく、ご家庭でお子様やお年寄りの方、

   病を抱えている方を お世話している方にもお役に

   立てるような、わかりやすいサイトを目指して

   います。

   主なコンテンツ

    ●バイタルサイン

    ●洗浄・消毒・滅菌

    ●口腔及び鼻腔からの気管内吸引

    ●注射と穿刺について

    ●血液検査

    ●注射と点滴に関する用語集

    ●採血に関する用語集

    ●看護用語・詳細概要

    ●看護関連用語集(全般)

    ●看護関連最新情報     など



  ナースのホームページ New!

   マルチスクリーンにリニューアルしました。

   スマホ、タブレット、パソコンなど様々な

   デバイスに合った形式でご覧頂けると思います。



  へるすナビ

   主に、季節にあった健康・医療情報を掲載して

   おります。

   健康の保持増進に関する予防的な情報や、栄養

   食事に関すること、最新医療情報なども掲載して

   おります。

   主なコンテンツ

    ●インフルエンザと風邪

    ●食中毒

    ●熱中症

    ●紫外線

    ●風邪に良い食品

    ●家庭で作れる健康料理

    ●室内で仕事をする方の健康管理    など



   かいご保険インフォメーション

    介護保険制度が導入されるまでの経緯や

    導入後の制度の見直しなどに関すること、

    介護保険制度下での介護サービス、

    サービスを提供する人材や研修に関すること等を

    掲載しています。



  看護用語集専用ページ






ホーム サイトの説明 管理人プロフィール 免責事項 お問合せ






                    



 C o p y r i g h t (C)  2014 〜  「 N u r s i n g  I n f o rm a t i o n 」  A l l  R i g h t s R e s e r v e d