人工呼吸器装着時の介護:必要な知識 人工呼吸器のアラーム(トラブル)


*医療機関と在宅で使用されている人工呼吸器は異なります。ここでは在宅で
使用されている人工呼吸器について記載しています。

※人工呼吸器の種類によりアラーム・トラブルの原因・対処などは多少異なります。



◆ 人工呼吸器でのアラームの意味

異常を知らせるのがアラームの役割ですが、設定された範囲外の数値に達した
場合や設定のミスマッチ、呼吸器本体や
呼吸回路、付属品、カニューレ、電源等に何らかの異常が発生した場合に
アラームで知らせます。


◆ 人工呼吸器の設定に関するアラームの主な種類

◇ 無呼吸アラーム
設定した一定時間に自発呼吸が無い時に知らせます。

◇ 吸気圧下限アラーム
気道内圧下限、回路内圧下限、低気道内圧など呼び方は色々です。
気道内圧が設定した下限圧までに達しない場合に知らせます。 

◇ 吸気圧上限アラーム
気道内圧上限、回路内圧上限、高気道内圧など呼び方は色々です。
気道内圧が設定した上限圧に達した場合に知らせます。

◇ 低換気アラーム(換気量下限)
低換気アラームには、低1回換気量、低分時換気量などがあります。
設定した値より低い場合に知らせます。

*上記以外にもアラームの種類はあります。在宅で使用されている機種や
病態などによって、アラームの種類や設定する数値などは異なります。

◇ その他のトラブルに対する主なアラーム
電源アラーム、器械不良アラーム、供給ガスアラーム など

*アラームで知らせる方法には、音とランプがあります。
通常はアラーム音とランプ(点滅又は点灯)の両方で知らせます。
ランプの点灯又は点滅の位置でアラームの種類が確認できます。



◆ メ モ ◇ ~~~~~~~~

医療機関用の人工呼吸器と在宅用の人工呼吸器の主な特徴
●在宅用の人工呼吸器の主な特徴
・家庭の電源やバッテリーで駆動できる
(圧縮空気や圧縮酸素を必要としない)
・構造がシンプルで操作が簡単。
・コンパクトで持ち運びが可能。
・バッテリーが内蔵されている。など

*上記の様な呼吸器で高い機能を持っている場合は、
医療機関でも中央配管のない場所で使用出来ます。

在宅で人工呼吸器を装着している方は、主に人工呼吸器の離脱が困難な方が
使用しています。その為、対象者に合った人工呼吸器を選択すれば、
離脱に必要な複雑な設定は不要になります。

●医療機関用の人工呼吸器の主な特徴
・圧縮空気や圧縮酸素を必要とする。
・様々な機能が備わっている。
・人工呼吸器からの離脱を目指している
・大型の機器が多い。など

◆~~~~~~~~~~~~◆

続きはこちらです→ 設定に関する各アラームの主な原因





◇参考文献 
書籍
「介護職員等のための医療的ケア 喀痰吸引・経管栄養等の研修テキスト」
 公益財団法人日本訪問看護財団(編)p71
「人工呼吸ケアのすべてがわかる本」照林社 p97~p98 p239~p240 p364~p366
「ナース必携最新基本手技AtoZ」小学館 p74
「器械的人工呼吸マニュアル」ナース専科 文化放送ブレーン p16~p17
「気管吸引のガイドライン完全準拠わかる!できる!気管吸引あんしん教育ガイド」
 MCメディカ出版 p76~p78
「はじめて人工呼吸器」メディカ出版 p57~p61 
「実践できる在宅看護 技術ガイド」学研 p130~p132

インターネット
医薬品医療機器情報提供ホームページ
人工呼吸の安全セミナーテキスト p6
http://www.pmda.go.jp/files/000144877.pdf#page=2

開設日:2015/11/
リニューアル : 2017/08/15