人工呼吸器装着時の介護:必要な知識 人工呼吸器の付加機能

◆ 人工呼吸器の付加機能とは?

換気モードを有効に作動させるための機能になります。
PEEP(呼気終末陽圧)やPSV(圧支持換気)などがあります。

《人工呼吸器設定の順番》
① 換気様式を選択
  量規定 o r 圧規定

② 換気モード選択
 補助/調節換気(A/CMV)
 同期式間欠的強制換気(SIMV)
 自発呼吸モード(SPONT)など

③ 基本設定
 呼吸回数(換気回数)、換気量、
 吸気圧、吸気時間、吸気トリガー、酸素濃度 など

④ 付加機能の設定
 PEEP、PSV など

※人工呼吸器の設定は、人工呼吸器の種類やメーカーにより
多少異なりますが、基本的な考え方は同じです。


◆PEEP(呼気終末陽圧)

自発呼吸があっても無くても設定することが出来ます。
器械的な換気(強制換気)はせず、付加機能になります。
呼気の気道内圧が0にならないように、一定の陽圧がかかった状態です。
通常は呼気終末時の気道内圧は0になりますが、
陽圧の状態で吸気に移行すると、肺胞の拡張を容易にします。
気道内圧が0の状態の時は、肺胞は萎んだ状態ですが、
陽圧がかかっていれば、少し膨らんだ状態になっています。
肺胞内での残気量が増して、酸素分圧の改善が期待できます。
又、肺胞などの虚脱や閉塞を防止することも出来ます。
反面、気道内圧、胸腔内圧が高くなるため、気胸や循環抑制などの合併症の
リスクが高くなります。

*換気量が同じ場合、PEEPがかかっていると、
陽圧の状態から換気が入るため、ピーク時の気道内圧は
PEEPがかかっていない状態に比べ高くなります。


◆PSV(圧支持換気)について

自発呼吸がある場合に選択されます。
器械的な換気(強制換気)は行わず、付加機能になります。
患者さんの自発呼吸に完全に依存しています。
自発呼吸(吸気努力)を感知(トリガー)して、設定された圧で
気道内圧を保持し、患者さん自身の吸気が終われば圧を解除する方法です。
気道や肺に問題がなければ、患者さんの呼吸仕事量を
軽減することが出来ます。
吸気時間、一回換気量、換気回数は全て患者さんに依存しています。
より自然な呼吸に近くなるため、患者さんの自発呼吸との
同調性は良くなります。
支持圧を徐々に減らしていくことで、人工呼吸器からの
離脱(ウィーニング)をよりスムーズに行えます。
自発呼吸がかなり弱かったり、無い場合は換気は行われません。

※上記以外にもEIP(吸気終末ポーズ又はプラトー)や
VSV(量支持換気)など他にもいくつかあります。


◆ メ モ ◇ ~~~~~~~~

PEEP(呼気終末陽圧)と圧支持換気(PSV)の違いは?
PEEPは呼気時の気道内圧がゼロにならないように、
一定の陽圧がかかった状態です。
PEEPは全てのモードに使用できます
自発呼吸があっても無くても設定できます。
PSVは吸気相のみ陽圧をかけます。
吸気が終わったら、圧を解除します。
PSVは自発呼吸に全て依存しているため、自発呼吸がないと単独では
設定できません。


人工呼吸器関連用語・略語

I P P V
侵襲的陽圧換気
Invasive Positive Pressure Ventilation

A / C M V 又は A / C
補助/調節換気
Assist/Controll Mechanical Ventilation
又は Assist/Controll

C M V
調節換気
Controlled Mechanical Ventilation
持続強制換気
Continuous Mandatory Ventilation

A M V
補助換気
Assisted Mechanical Ventilation

S I M V
同期式間欠的強制換気
Synchronized Intermittent Mandatory Ventilation

I M V
間欠的強制換気
Intermittent Mandatory Ventilation

S P O N T
自発呼吸
Spontaneous Breathing

C P A P
持続的気道内陽圧  
Continuous Positive Airway Pressure
*シーパップ

P E E P
呼気終末陽圧
Positive End-Expiratory Pressure
*ピープ

P S V 又は P S
圧支持換気
Pressure Support Ventilation

E I P
吸気終末ポーズ又はプラトー
End-Inspiratory Pause 又は Plateau

V S V
量支持換気
Volume Support Ventilation

◆~~~~~~~~~~~~◆

続きはこちらです→ 人工呼吸器のしくみについて

 





◇参考文献 
書籍
「はじめて人工呼吸器」メディカ出版 p34~p36
「ナース必携最新基本手技AtoZ」小学館 p67~p71
「器械的人工呼吸マニュアル」ナース専科 文化放送ブレーン p11~p20
「呼吸サポートチームのための呼吸管理セーフティーBOOK」MCメディカ出版 p224~p226
「気管吸引のガイドライン完全準拠わかる!できる!気管吸引あんしん教育ガイド」MCメディカ出版 p82~p91
「ロールプレイで学ぶ 呼吸ケア・呼吸管理のキーポイント」メディカ出版 p250
「介護職員等のための医療的ケア 喀痰吸引・経管栄養等の研修テキスト」ミネルヴァ書房 p68~p69
「実践できる在宅看護 技術ガイド」学研 p130
「人工呼吸ケアのすべてがわかる本」照林社 p18~p25

インターネット
医薬品医療機器情報提供HP内
医療機器の添付文書情報 検索例:人工呼吸器
//www.info.pmda.go.jp/ysearch/html/menu_tenpu_base.html
ウィキペディアHP内
//ja.wikipedia.org/wiki/人工呼吸器

開設日:2015/11/
リニューアル : 2017/08/14