人工呼吸器関連肺炎対策:口腔内の清潔保持


人工呼吸器装着時の主な合併症には、人工呼吸器関連肺炎(VAP)
肺胞内圧の上昇による損傷、無気肺、多臓器への影響、酸素中毒、
気道のトラブル、精神的ストレスによるものなど様々な合併症があります。
ここでは人工呼吸器関連肺炎(VAP)の防止・対策の一つである
口腔内の清潔保持についてまとめてみました。

◆口腔内の清潔保持の必要性
口腔内や咽頭などに存在する菌が、気管カニューレのカフと気管壁の隙間から垂
れこむことで人工呼吸器関連肺炎(VAP)が起きます。  
その為、肺炎の原因となる細菌などをできるだけ少なくする必要があります。
口腔、咽頭に存在する細菌などを少なくする為には、口腔内の清潔保持が
欠かせません。

口腔内の清潔保持は肺炎防止以外にも、虫歯や虫歯の増悪、歯周病、口内炎等の
口腔内のトラブル防止にも必要になります。又、口腔内を刺激することにより
血行促進、唾液の分泌促進、嚥下機能の向上、爽快感などを与え心理面でも
プラスになります。


◆口腔内で細菌などが増殖する原因
<口腔内の乾燥>
口腔内が乾燥する原因には唾液の分泌低下や開口の持続、薬の副作用等があります。
口腔内が乾燥すると、歯垢や歯石、舌苔の堆積などが起こりやすくなります。
歯垢(デンタルプラーク・バイオフィルム)や舌苔等は細菌の温床となります。
唾液の分泌量が減少すると殺菌・抗菌作用、浄化作用などが低下し、
細菌が繁殖しやすくなります。
乾燥状態が長く続くと、粘膜が損傷しやすくなります。

経口摂取が行われないと唾液の分泌が減少し、口腔内が乾燥しやすくなります。
その為、食べなくても口腔内のケアは必要になります。

<口腔内のトラブル>
虫歯、歯周病、口内炎、粘膜の損傷などがある場合は、細菌が増殖しやすくなり
感染のリスクが高くなります。特に歯周病菌は口腔内の炎症だけではなく、誤嚥
性肺炎や細菌性心内膜炎などの全身疾患にも直接影響を及ぼします。


◆口腔ケアの方法 概要
対象者の状態により多少異なる部分もありますが、基本は歯垢や舌苔の除去と乾
燥防止の為の対策になります。

歯垢(デンタルプラーク・バイオフィルム)に対しては歯ブラシや歯間ブラシ等を使用して除去します。
歯と歯肉の間は電動ブラシなどを使用して小刻みにブラッシングします。
歯と歯の間は歯間ブラシやデンタルフロスなどを使用して歯垢を除去します。

舌苔に対しては専用の舌ブラシや粘膜ブラシ(スポンジ)などを使用します。
舌ブラシは舌の奥から手前に向けて軽く擦ります。

乾燥防止に対しては、唾液の分泌促進と保湿剤の使用などがあります。
唾液の分泌を促す方法には、唾液腺のマッサージと口腔内のマッサージがあります。
唾液腺のマッサージは耳下腺や顎下(がっか)腺、舌下腺等を刺激することで
分泌を促進します。
例としては、耳下腺の場合は耳たぶの下を人差し指で押しながらぐるぐる回す、
がっか腺の場合は、あごの骨のデッパリ(えら) から少し内側を親指で押しながら回す、舌下腺の場合は、あごの下(舌の根元付近)を親指で押す、等の方法があります。 
口腔内のマッサージの例としては、湿らせた綿棒やスポンジブラシ、ソフトガー
ゼ(不織布ガーゼ)などを使用して、歯茎や口腔内の粘膜を軽くなでる感じで、
マッサージします。
保湿剤の使用方法は商品の種類により異なりますが、ジェルを使用する場合の
一例としては、スポンジブラシなどを使用して、適量を舌や口腔粘膜全体に
満遍なく塗布します。

口腔ケア実施時は、気管カニューレのカフ圧を少し高くして、洗口液などが
肺の方へ流入しないようにします。
ケア後は必ず適正なカフ圧に戻します。

◆メモ◇~~~~~~~~~◆
唾液の役割
唾液は唾液腺から分泌される分泌液。
耳下腺、顎下腺、舌下腺などから分泌さ
れるのが唾液になります。
唾液の主な働きには、殺菌・抗菌作用、
浄化作用、消化作用、再石灰化作用など
があります。

唾液の中に含まれている主な成分
プチアリン
デンプンを分解する消化酵素です。
唾液アミラーゼのことです。
*胃液の強酸性の塩酸により、働きが強くなるようです。

ムチン
ネバネバした糖タンパク質です。
唾液が粘り気があるのは、ムチンが含まれている為です。
食べ物を唾液でまとめて、バラバラにならないようにします。
食べ物の表面を滑らかにします。
粘膜を保護する作用もあります。

ラクトフェリン、ヒスタチン、ペルオキシダーゼ、リゾチーム
殺菌や抗菌作用があるため、口腔内を清潔に保ちます。


侵襲的人工呼吸療法を受けている方の唾液の分泌
口腔内の刺激や咀嚼運動などにより唾液
腺が刺激されると、唾液の分泌量は多くなります。
気管カニューレから人工呼吸器を装着し
ている方は、経口摂取をしていない為、
唾液の分泌量が減少します。

舌苔とは?
舌の上面に付着する白い苔状のもの。
舌表面に、剥がれた粘膜上皮や細菌、
食べカスなどが付着したものです。
健康な人にも見られる舌苔は、薄く白い
状態になります。
舌苔が白く薄いようであれば、無理に取
り除く必要はありません。

口腔内の保湿剤について
口腔内の乾燥を予防するための保湿剤になります。
商品の例としては、バイオティーン(オ
ーラルバランスジェル)
ビバジェルエット、バイオティーンマウ
スウォッシュ、リフレケアH口腔ケア用
ジェル、ケアハート口腔専科お口潤うジ
ェルやスプレー、ペプチサルジェントル
マウスジェル、オーラルピース歯みがき
&口腔ケアジェルなど、
他にも様々な商品が販売されています。
◆~~~~~~~~~~~~~~◆

続きはこちらです→ 口腔ケアの手順1: 必要物品と対象者の準備など






◇参考文献
書籍
「呼吸サポートチームのための呼吸管理セーフティーBOOK」
メディカ出版 p142~p144 p181~p182
「人工呼吸ケアのすべてがわかる本」照林社 p229~p230
「実践できる在宅看護技術ガイド」学研 p151~p154
「介護職員のための医療的ケア」ミネルヴァ書房 p71~p72

インターネット
ウィキペディアHP内
//ja.wikipedia.org/wiki/口腔バイオフィルム
//ja.wikipedia.org/wiki/歯周病
//ja.wikipedia.org/wiki/舌苔

開設日:2017/01/17