人工呼吸器装着時の介護:具体的なケア:気管カニューレからの吸引


ここでは主に介護職の方が在宅で侵襲的人工呼吸療法を受けている方に
対するケアについてまとめてあります。
介護職員等の方がケアする場合の対象者は、状態が安定している方になります。



◆ 侵襲的人工呼吸療法を受けている方の気管カニューレからの吸引

看護師などにより、手技や取り扱う医療機器など異なる場合もあります。
一つの参考例としてご利用頂ければと思います。

○呼吸器を装着していない場合との比較
気管カニューレと人工呼吸器のフレキシブルチューブなどに接続している
コネクタとの取り外しや接続する手間が加わることになります。
人工呼吸器を装着している場合の気管カニューレからの吸引は、人工呼吸器の
着脱の操作が加わるため、呼吸器を装着していない場合に比べ多少
煩雑になりますが、基本的には変わりません。


◆ 大まかな手順(人工呼吸器装着時の気管カニューレからの吸引)例

吸引前は人工呼吸器の作動状態と対象者の状態を観察し、異常がないことを
確認してから実施します。
吸引前後は必ずパルスオキシメーターで酸素飽和濃度の確認をします。

① コネクタ(人工呼吸器側)と気管カニューレの接続部分を少し緩めておく
吸引カテーテルを挿入する前に、コネクタと気管カニューレの接続部分を
片手でも取り外すことが出来るように、少し緩めておきます。

② 吸引カテーテルを吸引器の接続管に接続
この時に注意することは、吸引カテーテルの挿入部分が他の部分に
触れないようにします。

③ 吸引カテーテルを持って、もう一方の手で接続部分を取り外す
この時に注意することは、人工呼吸器のフレキシブルチューブなどの
内側に溜まった水滴が、気管カニューレ内に落ちないようにします。
取り外すタイミングは、人工呼吸器の吸気の後になります。
人工呼吸器を外すとアラーム音が鳴るため、消音ボタンを押します。

④ 取り外したコネクタ部分(人工呼吸器側の接続部分)を清潔な場所に置く
清潔で吸湿性のある布やタオルなどの上に置きます。

⑤ 吸引を実施

⑥ 吸引が終わったら、すぐにコネクタ(人工呼吸器側)を気管カニューレ
に取り付ける
この時に注意することは、人工呼吸器のフレキシブルチューブなどの
内側に溜まった水滴が、気管カニューレ内に落ちないように、水滴をよく
はらってからコネクタを取り付けます。
*水滴が気管内へ入ると肺炎のリスクが高まります。

⑦ 呼吸状態を確認
人工呼吸器と胸の動きが同調して、呼吸が回復しているか確認します。
パルスオキシメーターで酸素飽和濃度の確認をします。

吸引後の操作が全て終わったら、対象者に終了の声かけをして、
姿勢を整えます。

⑧ コネクタと気管カニューレの接続部分の確認
人工呼吸器側のコネクタと気管カニューレが外れないように、しっかり接続
されているか確認します。

⑨ 人工呼吸器が正常に作動しているか再度確認
同調しているか、設定通りになっているか、アラーム機能が回復しているか、
確認します。

気管カニューレにサイドチューブが付いている場合は、サイドチューブからの
吸引も実施します。
気管カニューレ内の吸引前と吸引後に実施します。

上記以外の手順は、人工呼吸器を装着していない場合の気管カニューレからの
吸引と基本的にはかわりません。
人工呼吸器を装着していない場合の気管カニューレからの吸引については
下記ページをご参照ください。

気管カニューレからの吸引 項目
吸引前の準備1:実施者
吸引前の準備2:必要物品の確認と配置
吸引前の準備3:吸引器の準備
吸引前の準備4:対象者の方の準備
吸引の実践手順1:吸引器を作動させるまでの操作(滅菌手袋)
滅菌済みの鑷子を使用する場合
吸引の実践手順2:吸引カテーテルの通水
吸引の実践手順3:気管カニューレ内(人工気道内)の吸引
吸引の実践手順4:続けて吸引する場合
吸引の実践手順5:吸引後の操作

介護職員等の場合は、異常の早期発見に努め、バイタルサインなどの数値の
異常や患者さんの状態の変化、呼吸器や気管カニューレなどに関する異常などが
ある場合は、早急に看護師などに報告することが大切になります。
直接的な対策や処置(痰の吸引や応急処置以外)や、判断等は医師又は
看護職員になります。


◆ メ モ ◇ ~~~~~~~~~

サイドチューブ付き気管カニューレについて
カフ上部の吸引機能付きの気管カニューレのことです。
製品によって名称は異なります。
カフの上部に吸引口が付いています。
カフの上部に溜まった分泌物を、サイドチューブを介して
吸引できるようになっています。
カフの上部に溜まった分泌物(唾液や鼻汁など)などが、
少しでも肺へ流れ込まないようにし、
肺炎のリスクを低下させる役割があります。

侵襲的人工呼吸療法
気管挿管や切開気管して気管に留置し管に、人工呼吸器を接続して
呼吸管理を行う療法を、侵襲的人工呼吸療法といいます。
在宅では気管切開下陽圧換気(TPPV)が主流です。
これに対し、口や鼻にマスクを装着して人工呼吸器を接続して、
呼吸管理を行うことを、非侵襲的人工呼吸療法といいます。
非侵襲的陽圧換気(NPPV)が主流です。

~~~~~~~~~~~~~~

続きはこちらです→ 具体的なケア:注意すること等





◇参考文献 
インターネット
厚生労働省HP内
喀痰吸引等指導者マニュアル(第三号研修) p110
www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_
kaigo/shougaishahukushi/kaigosyokuin/dl/manual_all.pdf
平成24年度 喀痰吸引等指導者講習事業(第三号研修指導者分)資料
www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/kaigosyokuin/

書籍
「ナース必携最新基本手技AtoZ 保存版」エキスパートナース 小学館 p74~
「呼吸サポートチームのための呼吸管理セーフティーBOOK」メディカ出版 p120~p
「介護職員等のための 医療的ケア 喀痰吸引・経管栄養等の研修テキスト」
 公益財団法人 日本訪問看護財団(編) p98~
「気管吸引のガイドライン完全準拠 わかる!できる!
 気管吸引あんしん教育ガイド」 メディカ出版 p20~
「人工呼吸ケアのすべてがわかる本」照林社 p134~
「器械的人工呼吸マニュアル」ナース専科 文化放送ブレーン p95~
「写真でわかる臨床看護技術2」インターメディカ p50~

開設日:2015/11/
リニューアル : 2017/08/24