人工呼吸器装着時の介護:必要な知識 人工呼吸器使用前の呼吸器回路のチェック方法


トラブルを最小限に抑えるためには、人工呼吸器本体や呼吸器回路などを、
事前にチェックすることが大切になります。

人工呼吸器の点検・確認は、人工呼吸器の組み立て(各機器の接続)をする時、
各設定を行う時、動作確認をする時、呼吸器を使用している時、定期点検をする
時などに行われます。



◆ 人工呼吸器使用前の呼吸器回路のチェック方法

○呼吸器回路の主な点検・確認項目とチェック方法 例

回路の組み立ての確認 例
吸気と呼気の回路が正しい方向にセッティングされているか確認します。
吸気から呼気のガス(空気)の流れをイメージしながら、指でたどります。
本体の吸気回路から始まって、
加温加湿器(人工鼻が無い場合)
→ ウォータートラップ
→ Yピース → 人工鼻(加温加湿器が無い場合)
→ フレキシブルチューブ
→ 気管カニューレ(肺でガス交換)
*ココから呼気へ 
→ 人工鼻(加温加湿器が無い場合)
→ Yピース → ウォータートラップ
→ 呼気弁
*ウォータートラップは1個又は無い場合もあります。

回路の接続の確認 例
回路が正しく、しっかり接続されているか確認します。
本体の吸気口及び呼気口と回路の接続、加温加湿器の接続(本体側と対象者側2箇所)
ウォータートラップの接続(2箇所)
Yピース(吸気側、呼気側、人工鼻側計3箇所)
人工鼻(Yピース側と気管カニューレ側2箇所)
*加温加湿器の場合は、チャンバー(上の部分)と加温加湿器の本体の接続も
確認します。ウォータートラップもふたと容器の部分の接続を確認します。

加温加湿器の確認 例
加温加湿器を使用する場合は、温度と水位を確認します。
水位が低い場合は、滅菌精製水を補充します。
加温加湿器の電源を入れて、温度を調節し、正常に作動するか確認します。
他にもヒーターワイヤや温度プローブの接続も確認します。

ウォータートラップの確認 例
ウォータートラップの位置を、確認します。
容器内の溜まった水が逆流しない様に、容器を下向きにして、
呼吸回路の一番低いところに置きます。
容器内に水がある程度溜まっていたら捨てます。
水抜き後は、ふたが正確にきちんと接続しているか、必ず確かめます。

人工鼻の確認 例
人工鼻を使用する際は、加温加湿器やネブライザーが取り付けられていない
ことを確認します。
人工鼻(フィルター)に水が溜まりすぎている場合は水抜きをします。
人工鼻に亀裂や破損、フィルターの汚染
目詰まり等がある場合は交換します。

破損などの有無
破損や亀裂などの有無を確認します。
破損や亀裂が生じやすいた部分は、各接続部分の付け根や、Yピース、
フレキシブルチューブ、ウォータートラップ、呼気弁などになります。

その他
回路のねじれ、折れ曲がりがないか確認します。
回路内に水滴がないか確認します。

人工呼吸器の種類によりチェック方法は多少異なります。
人工呼吸器や付属品などの種類によって、取り扱い方は異なりますので、
詳細に関しては各人工呼吸器及び付属品などの説明書をお読みください。

*在宅ではすでに呼吸器を装着している状態が殆どですが、定期点検時は
もちろんのことですが、呼吸回路の交換や設定変更などの時にも、正常に動作
することを確認してから呼吸器を装着します。

★上記の点検・確認は在宅であれば主に看護師が実施しますが、
異常を確認したら速やかに看護師などに連絡します。


◆ メ モ ◇ ~~~~~~~~~

加温加湿器に関するヒヤリ・ハット事例など
加温加湿器内に給水する時に、給水用ポートを使用せず、ガスポート(呼吸回路
のチューブを接続する部分)から給水し
その後、回路のチューブを再接続するのを忘れた事例が報告されています。
その他にも繰り返し報告されている事例では、ヒーターワイヤの外れ、
温度プローブの外れ、給水忘れ、電源の入れ忘れなどがあります。

滅菌精製水とは?
日本薬局方で定められている水には、常水(水道水)、精製水、滅菌精製水、
注射用水があります。
精製水は水道水をろ過や蒸留、イオン交換などの方法で、不純物を取り除いた
純度の高い水になります。
精製水を高圧蒸気滅菌法や紫外線などで滅菌したものが滅菌精製水になります。

蒸留水について
蒸留水は精製水の一つ。
蒸留でつくられた純度の高い水を蒸留水といいます。
水を沸騰させると気体である水蒸気が発生します。
水蒸気を冷やすと液体の水に戻ります。
この方法が蒸留になります。
この方法でつくられた純度の高い水を蒸留水といいます。
滅菌蒸留水は滅菌精製水の一つ。 

~~~~~~~~~~~~~~

続きはこちらです→ 人工呼吸器使用中のチェック方法





◇参考文献 
インターネット
医薬品医療機器情報提供ホームページ内
人工呼吸器の取扱い時の注意について(その2)
www.info.pmda.go.jp/anzen_pmda/file/iryo_anzen11.pdf
人工呼吸の安全セミナーテキスト p12
http://www.pmda.go.jp/files/000144877.pdf#page=2
人工呼吸器の取扱い時の注意について(その1)
www.info.pmda.go.jp/anzen_pmda/file/iryo_anzen07.pdf
医薬品医療機器総合機構HP内
製薬用水の品質管理  p98
http://www.pmda.go.jp/files/000203152.pdf#page=97
厚生労働省HP内
医療事故防止のための要点と対策 人工呼吸器
www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/i-anzen/1/torikumi/naiyou/manual/2a.html
人工呼吸器 ヒヤリ・ハット事例集
www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/i-anzen/1/torikumi/naiyou/manual/5a.html
ウォータートラップにかかる安全使用対策について
www.mhlw.go.jp/shingi/2009/03/dl/s0306-9d.pdf
ウィキペディア
ja.wikipedia.org/wiki/精製水
ja.wikipedia.org/wiki/蒸留水

書籍
「人工呼吸ケアのすべてがわかる本」照林社 p48~p49
「実践できる在宅看護技術ガイド」Gakkenn p130~p131
「気管吸引のガイドライン完全準拠わかる!できる!気管吸引あんしん教育ガイド」MCメディカ出版 p82~p85
「器械的人工呼吸マニュアル」文化放送ブレーン p14 p34
「写真でわかる臨床看護技術2呼吸・循環、創傷ケアに関する看護技術を中心に!」
 インターメディカ p75~p84
「呼吸サポートチームのための呼吸管理セーフティーBOOK」メディカ出版 p194~p197
「はじめて人工呼吸器」メディカ出版 p62~p63
「ナース必携最新基本手技AtoZ 保存版」小学館 p76

開設日:2015/11/
リニューアル : 2017/08/20