人工呼吸器装着時の介護:必要な知識 人工呼吸器使用前のアラームのチェック方法


トラブルを最小限に抑えるためには、人工呼吸器本体や呼吸器回路などを、
事前にチェックすることが大切になります。

人工呼吸器の点検・確認は、人工呼吸器の組み立て(各機器の接続)をする時、
各設定を行う時、動作確認をする時、呼吸器を使用している時、定期点検をする
時などに行われます。



◆ 人工呼吸器使用前のアラームのチェック方法

○アラームの主な点検・確認項目とチェック方法
人呼吸器の異常を知らせるアラームは重要な役割を果たしています。
その為アラームが正常に作動するかどうかの点検は不可欠になります。

電源アラーム
電源アラームが正常に作動するか確認します。
本体の電源スイッチをONにしたまま、電源プラグを電源コンセントから
抜いた時に、アラームが作動することを確認します。

供給ガスアラーム
ガスの供給が正常に行われているか確認します。
酸素ボンベなどのガス供給源の耐圧管を外したときに、アラームが作動すること
を確認します。
*同時に酸素ボンベなどの容量も確認します。

吸気圧下限アラーム
吸気圧下限アラーム(低気道内圧、気道内圧下限など)が正常に作動するか
確認します。
呼吸回路の1ヶ所(接続部分のいずれか)を外した時に気道内圧が反応
しないことを確かめます。さらに一定時間後にアラームが作動することを
確認します。

吸気圧上限アラーム
吸気圧上限アラーム(気道内圧上限、回路内圧上限、高気道内圧など)が、
正常に作動するか確認します。
Yピースの口(対象者側)を塞ぎ、圧が設定された上限の圧に達した時に、
アラームが作動し、吸気から呼気に切り替わることを確認します。

無呼吸アラーム
無呼吸アラームが正常に作動するか確認します。
Yピースの口(対象者側)を開放し、一定時間経過後にアラームが
作動することを確認します。

その他
各アラームがONになっているか確認します。

人工呼吸器の種類によりチェック方法は多少異なります。
詳細は各医療機器の取り扱い説明書等をご参照ください。

☆アラームの動作確認以外にも、呼吸器装着前のチェックとして、
人工呼吸器が指示通りの設定になっているか、設定したとおりに呼吸器が
作動しているか、などの点検・確認は不可欠です。   

*在宅ではすでに呼吸器を装着している状態が殆どですが、定期点検時は
もちろんのことですが、呼吸回路の交換や設定変更などの時にも
正常に動作することを確認してから呼吸器を装着します。

★上記の点検・確認は在宅であれば主に看護師が実施します。


続きはこちらです→ 人工呼吸器使用前の呼吸器回路のチェック方法





◇参考文献 
インターネット
医薬品医療機器情報提供ホームページ
人工呼吸の安全セミナーテキスト p6
http://www.pmda.go.jp/files/000144877.pdf#page=2
医療事故防止のための要点と対策 人工呼吸器
www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/i-anzen/1/torikumi/naiyou/manual/2a.html

書籍
「介護職員等のための医療的ケア 喀痰吸引・経管栄養等の研修テキスト」p71
 公益財団法人日本訪問看護財団(編)p70 71
「人工呼吸ケアのすべてがわかる本」照林社 p30 p48~p50
「気管吸引のガイドライン完全準拠わかる!できる!気管吸引あんしん教育ガイド」
 MCメディカ出版 p86
「器械的人工呼吸マニュアル」文化放送ブレーン p34
「写真でわかる臨床看護技術2呼吸・循環、創傷ケアに関する看護技術を中心に!」
 インターメディカ p84
「呼吸サポートチームのための呼吸管理セーフティーBOOK」メディカ出版 p193~p197 p224
「はじめて人工呼吸器」メディカ出版 p62~p63
「ロールプレイで学ぶ呼吸ケア・呼吸管理のキーポイント メディカ出版 p252~p254
「ナース必携最新基本手技AtoZ 保存版」小学館 p74
「気管吸引のガイドライン完全準拠 わかる!できる!気管吸引あんしん教育ガイド」メディカ出版 p86

開設日:2015/11/
リニューアル : 2017/08/20