人工呼吸器装着時の介護:必要な知識 アラームが鳴った時の対処方法


※人工呼吸器の種類によりアラーム・トラブルの原因・対処などは
多少異なります。



◆ アラームが鳴った時の対処方法 手順:例

① アラームの確認と消音
アラームの種類を確認すると同時に患者さんの観察も行います。
アラームの種類が確認できたらアラーム音を消します。
*アラームの原因がわかるまではリセットはしません。

② 患者さんの観察
バイタルサイン、胸郭の動き、呼吸パターン等の変化を観察。
異常がある場合は、医師に連絡します。
必要に応じてアンビューバッグやジャクソンリース回路などで、
用手的換気を行います。

③ 原因のチェックと解決
アラームの原因をチェックし、解決します。

吸気圧上限(気道内圧上限)アラームが鳴った場合。
原因をチェックします。
原因が痰によるものであれば、吸引を実施して痰を除去します。

④ 患者さんの状態を確認
問題解決後、患者さんの状態を観察し、
異常がないことを確認します。

⑤ リセット
人工呼吸器の設定をもとに戻します。
アラーム音をONにする。

⑥ 患者さんの観察


◆ 注意すること

◎アラームが鳴った場合は、すぐにリセットしない。

◎安易なアラームの消音は避ける。
*アラーム音をONにするのを忘れることがある為。

◎各アラームがONになっているか確認する。

★上記の対処は在宅であれば主に看護師が実施します。
介護職員等の場合は、痰の吸引時などアラームの原因がはっきり
している場合を除いて、患者さんの状態が悪化したり、アラームが
鳴り止まないなどの時は、すぐに医師や看護師などに連絡します。

※ 人工呼吸器の種類によりアラーム・トラブルの原因・対処などは
多少異なります。  


続きはこちらです→ よくあるアラームの原因と対処方法





◇参考文献 
インターネット
医薬品医療機器情報提供ホームページ
人工呼吸の安全セミナーテキスト p7~p8
http://www.pmda.go.jp/files/000144877.pdf#page=2
厚生労働省HP内
喀痰吸引等を必要とする重度障害児・者等の障害及び支援に関する講義
緊急時の対応及び危険防止に関する講義 p36~p40
//www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_
kaigo/shougaishahukushi/kaigosyokuin/dl/text_02.pdf

書籍
「介護職員等のための医療的ケア 喀痰吸引・経管栄養等の研修テキスト」
 公益財団法人日本訪問看護財団(編)p71
「人工呼吸ケアのすべてがわかる本」照林社 p34p36
「器械的人工呼吸マニュアル」ナース専科 文化放送ブレーン p36~p41
「気管吸引のガイドライン完全準拠わかる!できる!気管吸引あんしん教育ガイド」
 MCメディカ出版 p76~p78
「はじめて人工呼吸器」メディカ出版 p57~p61 
「実践できる在宅看護 技術ガイド」学研 p130~p132
「写真でわかる臨床看護技術2呼吸・循環、創傷ケアに関する看護技術を中心に!」
 インターメディカ p83

開設日:2015/11/
リニューアル : 2017/08/18