HOME抜き出し問題での推定字数

中学受験国語 抜き出し問題での推定字数

「20字以内で抜き出しなさい」のように字数が指定された「抜き出し問題」を扱う時に、「では、正解の推定字数は何字か?」と生徒たちに問うと、最初、大方が「最低でも8割以上の文字数」と答えます。確かに結果として正解文字数が指定字数の8割、またはそれ以上になることはあります。例えば「20字以内で」という条件が与えられていた場合に、生徒が解答した文字数が「16字、またはそれ以上」となっていれば、結果的に字数としては間違っていないはずですし、解答としても正解となっている可能性がもちろんあります。

では、「30字以内で抜き出しなさい」という字数条件ではどうでしょう。もし解答した字数がその8割の24字となった場合、その解答は正しいと推定されるでしょうか。いいえ、そんなことはありません。むしろその解答は間違っていると判断すべきです。なぜでしょう。

「抜き出し」問題でのさまざまな指定字数を思い出してみましょう。「20字以内で」「25字以内で」「30字以内で」「35字以内で」… などと、大概きりのよい数字が字数条件として指定されています。なぜこのようなきりのよい数字になるのかというと、ここには作問者の「常識」という観念が働いているのです。

極端な話、正解箇所の字数が10字であるにもかかわらず、作問者が指定字数を「50字以内で」などと設定することが考えられますか? もしそのような設定を行ったとしたら、作問者自身の理知の程度や判断力が疑われてしまいます。「この中学の国語教師は大丈夫なのか」、挙句、「この中学校の方針・姿勢は理解できない」、「この中学校に子どもを任せられない」といった疑念や評価、不信感が世間に広まらないとも限りません。

そうした一般的な「常識」に加え、「作問理論」というほど大げさなものではありませんが、作問技術上の「常識」にも作問者は拘束されています。作問を担当する者は一般に、一定の基準を念頭に、設問ごとにその狙いに沿って、ある方向性を示します。もしその基準をはずれた、方向性をも無視した解答条件をわざわざ提示したとすれば、やはり作問者自身の作問能力や作問の技量を疑われかねません。

正解箇所が26〜30字である場合には字数指定を「30字以内で」と条件設定するのが作問上の「常識=基準」であり、それをあえて「35字以内で」「40字以内で」などと設定することはありません。正解個所が21〜25字であれば字数指定を「25字以内で」とするのが同様に「常識=基準」なのですから、「30字以内で」という条件であれば、「正解の推定字数は26字以上、30字以下」となり、「25字以下の解答は不正解である」と当然推定されるわけです。

作問者はこのような極めて一般的な「常識」を基準に条件を設定しており、その範囲を逸脱することはありません。また、受験者に対しても同様に極めて「常識的な判断力」を求めていると言えますし、別な言い方をすれば、「要求している字数の推定」は、正解となる箇所を判断する上での大きな手がかりともなる、ということなのです。

さて、少々回りくどい説明になってしまいましたが、以上のことをまとめると、受験生たちには次のような「常識的な基準」を認識させる必要が出てくることになります。「正解の推定字数は、指定された最大字数の「八割以上ではなく、マイナス四字以上」であると。

「35字以内で」という条件では、「正解の推定字数は31字以上、35字以下である」。「20字以内」が条件ならば「16字以上、20字以下」、「40字以内」が条件なら「36字以上、40字以下」となります。

ごく稀にこうした基準を逸脱する例が見受けられますが、このような問題では恐らく受験者の冷静かつ的確な判断力を試そうという狙いが作問者にあると推測されます。中学校側としては、いかなる場面においても直面した問題に冷静に対処できる生徒、画一的なものの見方しかできない生徒よりも常識に縛られず柔軟かつ総合的なものの見方ができる生徒、広い視野をもち深い洞察力のある生徒に一人でも多く入ってきてもらいたいという本音があるのですから。

「書き抜き」問題で正解箇所の字数を「8割以上」のように推定するのは適切でないことが、以上の説明でおわかりいただけると思います。

もし親御様がお子様に、字数指定の条件が与えられている問題を指導される機会がありましたら、「正解の推定字数は?」と一言問うてみてあげてください。「設問の要求に正確に対応した解答を確定する」という訓練の中には、このような最低限の条件確認をお子様ご自身で行える力を育ててあげる目的も含まれるべきです。そのようにして的確な判断力・対応力を養い、積極的に問題解決する姿勢を身につけさせてゆけば、必然、ミスや誤答が無くなっていくことに繋がるのは言うまでもありません。


■作成:2009年(平成21年)5月4日(月)



関連事項


被害者は泣き寝入り!

■悪徳業者にご注意ください!
保護者様の不安につけ込んで多額の指導料を前納させ、指導を中断しても残額を一切返還しない悪徳業者がいます。いかなる事情によっても指導料の前払いは絶対にしないようご注意ください。

詳細情報はこちら

このページのトップへ