韓国戸籍翻訳 韓国語翻訳 ビザ 帰化申請 在日韓国人 在日朝鮮人 行政書士
韓国戸籍翻訳 韓国語翻訳 ビザ 帰化申請 在日韓国人 在日朝鮮人 行政書士
相続
韓国戸籍翻訳 韓国語翻訳 ビザ 帰化申請 在日韓国人 在日朝鮮人 行政書士
韓国戸籍翻訳 韓国語翻訳 ビザ 帰化申請 在日韓国人 在日朝鮮人 行政書士
韓国戸籍翻訳 韓国語翻訳 ビザ 帰化申請 在日韓国人 在日朝鮮人 行政書士
韓国戸籍翻訳 韓国語翻訳 ビザ 帰化申請 在日韓国人 在日朝鮮人 行政書士
韓国戸籍翻訳 韓国語翻訳 ビザ 帰化申請 在日韓国人 在日朝鮮人 行政書士
韓国戸籍翻訳 韓国語翻訳 ビザ 帰化申請 在日韓国人 在日朝鮮人 行政書士
韓国戸籍翻訳 韓国語翻訳 ビザ 帰化申請 在日韓国人 在日朝鮮人 行政書士韓国戸籍翻訳 韓国語翻訳 ビザ 帰化申請 在日韓国人 在日朝鮮人 行政書士韓国戸籍翻訳 韓国語翻訳 ビザ 帰化申請 在日韓国人 在日朝鮮人 行政書士韓国戸籍翻訳 韓国語翻訳 ビザ 帰化申請 在日韓国人 在日朝鮮人 行政書士韓国戸籍翻訳 韓国語翻訳 ビザ 帰化申請 在日韓国人 在日朝鮮人 行政書士
 
 
■ Q&A  

Q)私は、韓国人女性との結婚を考えている日本人男性です。 どの様に婚姻手続きをすればよろしいのでしょうか?
A)韓国人女性との国際結婚は、 日本の役所と韓国の役所の両方に届出る必要があります。 韓国の役所には日本にある駐日韓国領事館を経て申請することになりますが、 日本の戸籍を韓国語に翻訳する必要があります。 翻訳に関しては当事務所でも承っておりますので、是非、一度ご相談ください。

Q)私は韓国料理店を経営している日本人です。この度、韓国人調理師を日本に呼びお店で働かせたいのですが、どのような手続きが必要でしょうか?
A)入国管理局に韓国人調理師の在留資格認定証明書の申請をする必要があります。在留資格は「技能」という資格です。

Q)私は在日韓国人で、夫も同じ在日韓国人です。お互いの性格の不一致から離婚を考えているのですが、日本の役所で離婚届けをすることが可能ですが?
A)日本の役所では協議離婚の受付をしてくれません。韓国人同士の離婚は駐日韓国領事館に届出る必要があります。

Q)私は在日韓国人ですが私が死んだ場合、相続に関する法律は日本の法律が適用されるのですか?
A)あなたが亡くなった場合、相続の準拠法は韓国の法律になります。従って遺言、相続分、相続人の範囲等は基本的に韓国法により決まります。 しかし、遺言に関しては日本法を適用させることも可能ですので、一度、お電話ください。

Q)私は韓国人女性ですが、日本人の男性に認知された子供を育てております。日本での在留資格をとることは可能でしょうか?
A)可能です。 あなたの現在の在留資格によって手続きが変わってきますが日本人の実子を養育するという理由で在留資格を取得することはできます。

Q)私は、中国人女性ですが母を日本に呼んで短期滞在のビザで観光を楽しませてあげたいのですが、入国管理局に申請すればよろしいのしょうか?
A)違います。招聘理由書、身元保証書、滞在予定表等を作成し、必要書類を添付して中国に送り、お母さんが中国の日本大使館に申請しなければなりません。

Q)私は朝鮮籍ですが、 どうしても仕事の都合で韓国のパスポートが必要です。 どの様な手続きが必要でしょうか?
A)あなたは、まず韓国領事館に行き、在外国民登録をしなければなりません。 そして、特別永住者証明書の国籍欄を韓国に変更した後、戸籍の整理をする必要があります。戸籍が整理された後、 韓国のパスポートを申請します。

Q)私は在日韓国人ですが、日本への帰化を考えています。知人から帰化の申請にあたって動機書を書かなければならないと聞いたのですが、本当ですが?
A)あなたの在留資格が特別永住者の場合、帰化の動機書を書く必要はありません。

Q)私は韓国人ですが、日本で韓国料理店を経営しようと考えています。どの様な手続きが必要ですか?
A)あなたはまず会社を設立し、事業所を確保しなければなりません。その後、「経営・管理」という在留資格を取得する必要があります。 会社設立から在留資格の申請まで当事務所でサポートしますので、一度ご連絡ください。

Q)私の父は30年前に韓国国籍から帰化した日本人ですが、先日病気で亡くなりました。父名義の土地と建物の財産があったので相続登記をしようとしたところ、韓国の戸籍が必要と言われました。本当でしょうか?
A)通常、相続の発生によって被相続人(この場合は亡父)名義の土地、建物の相続登記をするときは相続人間の遺産分割協議書が求められます。この遺産分割協議書を作成する前提として、相続人の確定作業が必要なのですが、その方法は被相続人の出生から死亡までの戸籍をとることによってなされます。ですからお父様が帰化する以前の韓国国籍の時の韓国の戸籍をとって、お父様の出生から死亡までの戸籍を見ないと相続人の確定作業をすることができません。場合によっては韓国国籍喪失の申告が必要なケースもあります。当事務所では韓国戸籍の整理(国籍喪失申告、死亡届等)、取寄せ、翻訳をすべてサポートしますのでお気軽にご相談ください。

                    
Copyright(C) 金城行政書士事務所 韓国戸籍翻訳 ビザ 帰化申請のサービス
千葉市中央区今井2-11-13 三幸第2マンション402
TEL043-261-0048 FAX043-261-0288
韓国の戸籍謄本・除籍謄本・家族関係証明書・基本証明書・婚姻関係証明書の翻訳は当事務所へ
<業務エリア>千葉県・東京都・神奈川県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県