児童発達支援センター うみのほし 本文へジャンプ

 児童発達支援センター うみのほし からのお知らせを掲載します。
秋の収穫祭

平成29年10月9日

 運動会へのご参加ご協力ありがとうございました。
 スポーツの秋、実りの秋ですね!
 体育の日、函館グリーンライオンズクラブ様からのご招待を受け、七飯町にある
トトロの里(冨原観光果樹園)のりんご狩りに行ってまいりました。

 七飯町は、明治2年に日本で最初に西洋りんごが栽培された「西洋りんご栽培発祥の地」です。台風18号の被害も心配されましたが、心をこめて育てられた樹木には、青空の下で真っ赤なりんごがたわわに実っていました。初めてりんごを収穫しましたという祖父母の方のご参加もあり、ご家族の皆さんにも思い出に残る、心豊かな秋の行楽の一日になりました。

 駐車場の誘導や、昼食のご提供、食後のシャボン玉大会など、趣向をこらして笑顔で運営してくださったライオンズクラブさんや冨原観光果樹園の皆さんに心からの感謝を申し上げたいと思います。子育てを支えてくださっている地域の方々の応援を心強く感じることができました。
 車を見送りながら、ご家族の方々の「ありがとう」の笑顔がスタッフの方々にとって何よりうれしかったと伺いました。そして、来年もお誘いくださるとのことです。私たちの子どもの成長とともに、北の大地のりんごたちも寒さを乗り越えて花を咲かせ、実りを見せてくれることでしょう。        
                                        (えんちょう)

トークでトゥナイト お父さんの声

平成29年8月26日

 夏の夜空のもと、センターの軒天が今年も楽しいビアパーティ会場に・・・。
 買い出し部隊の仕入れてきた魚介類や卒園児のお父さん手作りの餃子、お父さんたちの愛情のこもったおにぎり等おいしい居酒屋メニューが並びました。炭火で焼いたお肉をほおばりながら、なごやかな雰囲気で会話もはずみました。
 卒園児のお父さんや在園児のお父さんを含め30名の参加でした。ありがとうございました。参加したお父さんの感想を一部ご紹介します。

・異業種の方と飲める貴重な時間でもありますが、「このように接したら子どもが成長した」など、具体的な話を通じて、父親として今すべきことを教わったり再確認できたりする機会となっています。
・のちのち、あのときこうしておけばよかったと思っても時間を巻き戻すことはできません。(おやじの会には)自分の子どもの(成長の)手がかりがあります。
・お父さんたちの交流する場はなかなかないので、とても有意義な時間を過ごすことができました。今回参加できなかったお父さんたちも次回は是非参加してほしいと思います。
                                         (えんちょう)

運動会 9月10日 9時〜

 

 東京オリンピック・パラリンピックまであと3年。「Tokyo2020 3Years to Go!」イベントなど、あと約1050日に迫ったスポーツの祭典への気運も高まっています。

かつてのオリンピック陸上選手を育てた有名コーチは「笑って走れ」と指導していたそうです。余計な力を抜き、潜在能力を引き出すためには口角を上げるとよいそうです。

この笑顔の効果はほかにもたくさんあるようです。表情筋を動かすことで前向き思考になり、人間関係も円滑になるなど・・・

 今年の「うみのほし 運動会」も笑顔あふれるイベントにしたいと思います。ご家族の笑顔あふれる応援があれば、お子さんたちも笑顔でこたえてくれることでしょう。そして、今日まで一生懸命に練習してきた成果を発揮してくれることでしょう

では、アスリートたちへの笑顔の応援、そして、ご家族競技への積極的なご参加をよろしくお願いいたします。       
                                        (えんちょう)

レストランからのご招待

平成29年8月24・25日

 焼き肉レストラン「一心亭」さんの地域貢献の取り組みとして、子どもたちとご家族に食事のご招待がありました。
 お子さんが産まれてから初めてレストランに来たという保護者の方もいましたが、店長様やスタッフの方々の歓迎のお言葉や笑顔のおもてなしに緊張感もほぐれ、楽しい会食となりました。おいしい焼き肉とごはん、サラダと飲み物を囲んで会話もはずみ、心身ともに満たされるひとときとなりました。
 お店の方へのあいさつや依頼の仕方、やけどをしないための注意、公共の場でのマナーなど、たくさんのことを学ぶ機会ともなりました。
 後日、「一心亭」の皆様から笑顔あふれる会食風景の写真集パネルのプレゼントをいただき、センターに掲示いたしました。あたたかい思い出のコーナーになっています。子どもたちからのお礼状もレストランにはっていただきました。
 社会に参加することの楽しさを味わえる貴重な経験となりました。
                                          (えんちょう) 
終業式 ・ 年長児 お泊まり会

平成29年8月7・8〜9日

 8月7日は、1学期終業式でした。次にセンターに来る日は8月17日で9日間の夏休み(夏期居宅期間)であることや「夏休みのおやくそく」の確認をして、少し寂しい気持ちになってお子さんたちを見送りました。

 翌日の8日からは、14名の年長児さんのお泊まり会でした。
 夕方4時前に不安な面持ちで登園してきたお子さんたちも、すぐに園バスでにこにこお買い物に出かけ、お財布を片手に好きな物を買ったり、レストランで食事をしたりと満面の笑顔でした。
 お買い物披露や花火の鑑賞が終わると就寝準備です。パジャマに着替えて、絵本や紙芝居タイムのあとは、ひとりふたりと寝息が聞こえ、かわいい寝顔に大人の笑顔もひろがりました。
 翌朝は、スイカ割りや朝食を楽しんだあと、フィナーレの閉会式です。表彰状をわたしながら、卒園式を思って涙ぐんでしまう私でした。お泊まり会を乗り越えて、「大人」へ一歩近づいた年長児さんの未来を応援しています。
                                         (えんちょう)

CARE 園内研修会

平成29年8月5日

 土曜日の午前療育の午後を利用して、職員全体でケア・プログラムの研修会を行いました。講師は、かとうメンタルクリニック副院長の加藤知子氏、同病院心理士の成田行子氏、函館中央病院小児科より藤田保育士にお願いしました。
 ケア(CARE)はChild-Adult Relationship Enhancementの頭文字で、日本語に訳
すと「子どもと大人の絆を深めるプログラム」という意味です。保護者支援プログラム(ペアレンティングプログラム)としても活用されています。
  
 参加した職員の感想を一部ご紹介します。 
・今後の療育の中で今回学んだことを生かし、子供たちがより安心して生活、成長していけるようにCAREの技法を積極的に使っていけるよう、努めていきたい。
・CAREの研修に出て、子供たちへの声かけを具体的に褒めることからちょっとずつ取り組んでいき、自然にできるようにしていきたいと思った。

 お忙しい中、なごやかな雰囲気で、楽しくわかりやすく充実したワークショップを進めてくださった講師の先生方に心より感謝申し上げます。

夏祭り

平成29年7月23日

「うみのほし 夏祭り」の季節がやってきました!

人混みや騒音が苦手なお子さんにも安心して「夏祭り」を経験していただき、ご家族で各地のイベントに参加していただきやすくしようと企画したのが始まりと聞いています。

並んで順番を待つことなど安全面で学ぶことがたくさんあります。また、お祭りを成功させるためにたくさんの方が協力して支えていることも学ぶことができますね。

父母会を中心に女性陣は「おかしつり」や「バザー」、男性陣は「かき氷」や「フランクフルト」、職員は「ゲーム・くじ」や「おでん」と、みんなで力を合わせて楽しく交流を深めました。
 「夏祭り」の最後は、地域の輝かしいチーム『ついんくる』の皆さんによる迫力ある「よさこい」で、最高に盛げていただきました。


 また、卒園生もたくさん「ふるさと うみのほし」に帰って来てくださいました。社会人としてはたらいている卒園生が後輩達のために、父親コーナーで一緒にはたらいてくださり、感無量・・・うみのほしのあたたかい絆を感じました。

  参加してくださったみなさんお一人お一人にとって、「うみのほし 夏祭り」が楽しい夏の思い出となっていますように。そして、ますます元気で今年の夏を乗りきっていただきたいと願っております。

                                          (えんちょう)

学園会「会報」に寄せて

平成29年7月9日

星に願いを

 

夜空を見上げると満天の星が広がり、その中でもひときわ明るい光を放っている金星が、私たちの「うみのほし」です。星の見えない暗い夜でも光り輝き、旅人を正しい方向へと導いてくれます。人生の旅路に寄り添ってくださる聖母マリアのイメージと重ね、「あけのほし」や「うみのほし」はカトリック学校や施設の名前に多くつけられています。

私は、幼稚園から高等学校まで、広島県の「暁の星」というカトリック校で育ちました。24歳で就職活動をしたときも神戸港を見渡す「海星」の教師になることを希望していました。その願いはかなわず函館に来ることになったわけですが、その30年後に「海の星」に勤務していることに最近気がつきました。

 函館では、同じカトリックの白百合学園に11年間勤務しました。最後の授業で何を伝えようか迷って、ある一冊の絵本を読みました。それは、「ヴァレンカのちいさな家」というロシアのお話です。戦争がヴァレンカの住むいなかにも迫ってきて、皆逃げてしまいます。ヴァレンカは作物と逃げてきた人の面倒をみるために家にとどまります。「神様どうか敵の軍隊がやってきても見つからないように家の周りに壁をつくってください」とお祈りします。でも、願いはかなわず、明日はいよいよ軍隊がやってくるというとき、大雪でヴァレンカの家はすっぽり包まれてしまいます。軍隊は通り過ぎ、やがて春がやってきました。神様は、ヴァレンカの願いをもっと素敵な方法でかなえてくれました。

 私たちの人生には、思い通りにならないことがたくさんあります。でも、そのことで、価値観が広がり、より豊かな人生を送ることになることもあります。振り返ってみると、願った以上に幸せになっていることに気づくことさえあるのです。縁あって、「うみのほし」の大きな家族に招かれた私たちの日々の願いも、いつかきっとかなえてくださるでしょう。「お父さんやお母さんをお守りください」と、お子さんたちと毎日お祈りしております。


                                          (えんちょう)

親子遠足

 平成29年6月17日

 道立公園「道南四季の杜公園」を会場に、親子での遠足行事がありました。
職員は、おそろいのTシャツを着て、園バスに乗って会場に向かいました。
 さわやかな青空の下、たこあげやシャボン玉、アスレチック遊具など、思い思いの遊びを楽しむ時間もあり、ご家族どうしで自然に交流なさっている幸せな光景に感謝しました。
 保護者の方々からは、

・駐車場も広く、芝生に遊具があって、いいと思います。
・夫は、公園キライだったので、子どもを連れて行くきっかけになりました。
・内容も体操、リズム遊び、かけっこと楽しく、その後自由遊びがあり、時間的にも  ちょうどよかったです。
・いつも楽しい行事をありがとうございます。家族皆で楽しむことができました。

など、笑顔あふれる感想をいただきました。公園を作ってくださった多くの方にも感謝しつつ、「幸せなら手をたたこう」のリズム遊び、ずっと拍手を送りたかったです。

                                         (えんちょう)

伝言ダイヤル

 平成29年6月1日

 開園記念日である6月1日は、例年伝言ダイヤルの体験日となっています。
保護者の方からは、

・いざというとき、うみのほしの電話番号を覚えていないと無理だと思った。
・わかりやすかった。実際のとき、冷静できけるだろうかと思った。
・災害時の子どもたちの状況がわかりやすく安心できると思った。

などの感想が寄せられました。ご協力ありがとうございました。
 
 改めて、お子さんの「いのち」をお預かりしていることを重く受け止め、「いざというとき」の安全と安心に備えていきたいと思います。
                                         (えんちょう)

ティータイム 〜ポーテージプログラムとABA(応用行動分析)

 平成29年5月26日

 本センターで行われているポーテージプログラムは、応用行動分析をベースにしているので、その基本的な考え方をテレビの録画を見ながらご紹介しました。
 NHKの朝の番組で、発達障害の方々への有効な支援として報道されたABAは、「ほめて伸ばす」ことを大切にしています。
 参加した保護者の方からは

・「ほめる」ことは大事だと言われているが、ティータイムに参加して、ほめることの 意味がわかった。
・こういう話が聞きたかったんです!

という声をいただきました。お子さんたちには、望ましい習慣を身につけ、社会で生き生きと幸せに暮らしてほしいですね。
                                          (えんちょう)

親子レク

 平成29年5月21日

 親子レクは、新入園の方々にとっては、今年度はじめての行事でした。4月からの成長ぶりもご覧いただけたのではないでしょうか。
 お天気にも恵まれ、楽しく過ごすことができました。運動会シーズンにさきがけて、かけっこやゲームに汗かくお子さんたちへの笑顔の応援、そしてご参加をありがとうございました。
 翌日の連絡帳からも、「楽しかった」の声が多く寄せられています。
 後日アンケートを通して保護者の方々から寄せられた声をいくつかお伝えします。

。自分の子どもだけではなく、他のお子さまの成長を見ることができて、あらためて、「うみのほし」はすごいと思いました。
。ゲームもジンギスカンも、家族みんなで楽しむことができました。いつも楽しい行事をありがとうございます。

「うみのほし」での親子行事を「ご家族の思い出」にしていただければ幸いです。

                                          (えんちょう)

ティータイム と ピアサポート

 平成29年4月21日

 今年度最初の「ティータイム」が開かれました。
 「ティータイム」は、園長も交えて、保護者の方々が交流を深め、子育ての相談をし合ったり、情報交換をしたりする、楽しい学びの場となっています。
 年に7回開かれ、先輩の保護者の方々が参加される回は、毎年好評です。
 次回は、5月26日に開かれますので、どうぞお気軽にご参加ください。

 今回は、年度初めということもあり、参加された保護者の方のお子さんの様子を伝える内容がメインでした。新入園児のお子さんがすでにセンターを陣取って体操している姿など保護者の方の不安をうらぎる?楽しい園生活を送っている様子もお伝えできました。

 自己紹介タイムでは、お子さんの「いいところ」を紹介していただきました。
お手伝いができたり、妹弟の世話をしたりと家族の一員としてがんばっている様子、笑顔やおだやかさ、元気やお世話好きなど、個性を良い方向に伸ばそうとされているご家庭の様子など伺うことができました。
 
 最高の盛り上がりを見せたのは、最後の雑談タイムでした。終了の11時50分のコールが聞こえないほど、楽しい笑い声が響きわたっていました。

 私は小学校勤務時代に実践していたピアサポー活動を思い出していました。ピア(仲間)どうしサポートする(支え合う)活動です。傾聴によるコミュニケーションや支え合う関係が、子どもたちの成長を促していきました。保護者の方のピアサポートの会も生まれ、保護者の方が主体となって活発な活動が展開され、きずなが深まりました。

 うみのほしで行っていく「ティータイム」も園長からの一方的な話だけではもったいないので、保護者の方どうしがきずなを深め、楽しく学び合い支え合いながら、子育て時代のかけがえのないひとときとなりますよう、願っています。
                                    (えんちょう)

ハッピーイースター

 平成29年4月17日

 今年の復活祭(イースター)は、4月16日でした。デパートの食品売り場などでも「ハッピーイースター」商品を目にするようになってきました。キリスト教ではクリスマス以上に大切な日となっています。
 イースターをお祝いする習慣にはいろいろあります。よく目にするのは、きれいに飾られた卵ではないでしょうか。復活されたイエス様の「再生」をいイメージするものです。春は、さまざま新たな命が生まれる季節でもあります。
 皆様のもとにも新しい日々が始まっているでしょう。
 
 児童発達支援センターうみのほしも 新入園児19名を迎え、かわいい笑顔や歌声が広がっています。ニューフェイスの一員となった園長の自己紹介を園だよりとしてお配りしたインタビュー記事の中から抜粋してお伝えいたします。        
 第12代 園長 楢原永都子(ならはらえつこ)氏就任

Q 小・中学校にお勤めでしたか?
A はい。24歳から高等学校11年、特別支援学校10年、小・中学校の特別  支援学級10年を経験しています。

Q ご出身はどちらですか?
A 広島県福山市です。出身校は福山暁の星学園で、幼稚園から高校までカトリックの学校でした。

Q 小さい頃はどんなお子さんでしたか?
A 白いご飯や給食のパンが苦手だったり、美容院が嫌いで裸足で逃げ出したり、パトカーで2度ほど捕獲されたりして、かなりの多動でしたが、面白い子としてかわいがられていました。

Q たくさん資格をおもちだとか?
A 心理学に興味があったので、40代で臨床心理士の資格をとりました。
療育に関わるものでは、特別支援教育士(S.E.N.S.E)や自閉症スペクトラム支援士(ADVANCE)、マカトン法やポーテージなど役に立つかも?と思ったものはできるだけとっています。

Q 最後に園長としての抱負を!
A はい。「うみのほし」は、たくさんの方々に支えられ、地域に貢献してこられた歴史のある大きな「家族」です。その一員となれてうれしいです。よいものを守りながら、お子さんやご家族の幸せのために、皆様と力を合わせて、一歩でも前進できるように努めたいと思います。
 どうぞよろしくお願いいたします。
                                     (えんちょう)

就任のごあいさつ

 平成29年4月1日

 皆様はじめまして。
 46年という長い年月をうみのほしに捧げられた偉大なる上戸園長の後任となりました楢原永都子(ならはらえつこ)と申します。
 前園長から、しばらくホームページを更新していなかったこと、また、このホームページ上でのごあいさつができなかったことを皆様におわびしてほしいとの伝言をおあずかりしております。園舎の移転や福祉制度の変わり目の激動の時代をうみのほしの発展に尽力された日々でした。ここで、ゆっくりされるのかと思いきや、隣接する。「うみの星保育園」で、47年目の勤務を続けていらっしゃいます。レジェンドですね。

 さて、私の自己紹介をいたしたいのですが、それは次回にさせていただき、まずはホームページの再開をお知らせいたします。
                                         (えんちょう)



一学期が終わりました!
平成25年8月8日(木)

 またまた,お久しぶりです!! 
 やっと,夏らしい気候になりました。と,思ったらもう立秋が過ぎて「残暑!」です。
北海道の短い夏はあと少しですね。今年はいつまでも不順な天候が続きました。本州の方では雨の被害もありましたが,みなさんは,体調を崩さずにお元気でしたか? 
 さて,昨日と今日は年長さんの「お泊り会」がありました。来年就学する12名のお友達が参加しました。残念ながら家の事情で2人がお休みでしたが,参加した子供たちはとっても元気に楽しく過ごしたようです。毎年のことですが,子供たちよりお母さんの方が,親元から離すのが心配で参加に消極的な方がいます。今年も,そんなお母さんの気持ちを吹き飛ばしてくれた子供たちが頼もしかったです。
 
 前回のお知らせは5月でしたが,同窓会や夏祭りは無事終わりました。
 両方とも例年以上の参加人数で,同窓会は集合写真を撮るのが大変で,結局いつもの倍の大きさの記念写真になりました!
 そして夏祭りは,6月に「街路樹に毒蛾が発生!」したことから,8月までの行事は屋内で行うことになり園内での開催でした。踊りを踊るのはやはり狭かったですが,その他は何とか楽しめたと思います。
 さあ,次の行事は「運動会」です。ここ4年?くらい,建て替えや雨などで屋外では開催していないので,今年こそは園庭で行いたいですね。祈っていてください。
 
 明日からは,「夏期居宅療育」という夏休みに入ります。9日から15日までの一週間,職員にとっても「お盆休み」で実家に帰ったり,家族で遠出をしたりとリフレッシュする時です。でも,毎年「早く休みが終わらないか」と首を長くしているのが『園児のお母さん(?)』と言う話も聞きますが,親戚やお友達のところはもとより,旅行に行ってもお子さんの成長を感じる時であり,様々な経験が,子供の成長や家族の絆を深める機会にもなります。どうぞ,家族団らんやお子さんとの生活を楽しんでくださいね。
 ではまた,2学期にお目にかかりましょう〜!!!
                                        (えんちょう)



25年度が始まりました!
平成25年5月28日(火)

 またまた,お久しぶりです!! 
 やっと,夏らしい季節になりました。今年はいつまでも寒かったですね。
 4月5日には入園式があり,21人の新しい子供たちが入ってきました。
 今年の在園児は19人。全員で40名の子供たちが,うみのほしで元気いっぱい遊んでいます。
 入園式では座っていられなかった子供たちですが,5月12日の「親子レクリエーション」では,「かけっこ・ゲーム・競争・父母のオセロゲームの応援など」をして,みんなでジンギスカンを食べました。子供たちは立派で可愛かったですよ。
 次の行事は,7月7日に「同窓会」があり,21日は「夏祭り」です。
懐かしいお友達にたくさん会えるかな? 
 卒園の皆さん,たくさん遊びに供てくださいネ。お待ちしています。
 では,また 時が経ち過ぎなように,またお知らせしますね。
                                (えんちょう)


24年度も終わります!
平成25年3月27日(水)

 お久しぶりです!! 
 8月のお知らせから,もう「運動会」も「クリスマス発表会」,「餅つき」,「お正月」,卒園児も参加して親子で遊ぶ「お楽しみランド」そして,「卒園式」まで終わってしまいました!!! 皆さんお元気でしたか?
 私は風邪も引かず,元気に山のような?仕事に追われていました!! 本当にご無沙汰してしまいました。いくら入力できるパソコンが遠くても,あんまりですね。
 さて,今日は24年度の修了式でした。15人の子供たちが就学で,一人は幼稚園に新たな一歩を踏み出します。みんな立派なお兄さんお姉さんになりましたよ。
 25年度のうみのほしは,20名の在園児と20名の新入園児で始まります。ちょっと多いのですが,準備万端整えて子供たちを迎えようと頑張っています。
 始業式は,4月4日。入園式は5日です。どんな入園式になるのやら・・・。今から楽しみです。でも,どんなに大騒ぎの入園式でも1週間後の全体朝会には,なんとなくまとまっているのです。
 今年こそ,4月の状況を出来る限りお知らせするように心がけます。
 では,また。
                                         (えんちょう) 

                         


今日から2学期です
平成24年8月16日(木)

 またまた,お久しぶりです!! 今年も暑い日が続きましたね。
 さて,一学期の最初の行事である「親子レクリエーション」や「夏祭り」も,盛大に(?)楽しく終わり,8月7日〜8日は年長児のお泊り会でした。みんなとても立派に参加しましたよ。(残念ながら1名欠席でしたが・・・。)9日から夏休み(お盆休み)に入り,今日から2学期が始まりました。
 今日の始業式には,旅行中の子供以外はみんな元気に登園してきましたよ。
 お母さんの連絡帳によると,始まるのが待ちどおしかった子供と,前日少しぐずった子供たちがいたようですが,例年一番園が始まるのを待っているのは『お母さん』のようです!? 休みの間,楽しいながらもお疲れ様でした! 連絡ノートに,「昨年の休みには考えられないくらい,落ち着いて色々なイベントに参加できた。久しぶりに会った親戚に驚かれた。」などと,うれしい報告もありました。皆さんに喜ばれてよかったです。
 さあ,明日からは9月9日の運動会に向けての練習が始まります。また一つ子供たちが成長する時です! 楽しみですね。
 さて,いつ又お知らせできるか分かりませんが,うみのほしと子供たちの情報を待っていてくださ〜い。 
                                         (えんちょう) 

                         


お久しぶりです!
平成24年4月11日(水)

 1月に行われた「お楽しみランド」のご案内をしてから,3か月も経ってしまいました。皆さんにお知らせしようと思っているうちに,通園施設を取り巻く現状が大きく変わり,4月1日から児童福祉法の改定により「知的障害児通園施設」が「児童発達支援センター」になりました。変更に伴い,「うみのほし学園」も「うみのほし」と名前が少し変わりましたので,よろしくお願いいたします。
 厚生労働省の資料を抜粋すると,『改正法により定義が変更され,障害児の範囲が発達障害まで拡大される。なお,従来からの扱いのとおり,支援を受けるに当たっては,療育手帳の有無を問わず,児童相談所や市町村保健センター,医師の意見書などで療育の必要性が認められた児童であれば対象となるので,障害児への早期支援の観点からも気になる段階から積極的な対応をお願いしたい。』と,なっています。うみのほしの療育のへ取り組みはこれまでと変わらず,子供たちの身辺自立を通して社会適応の練習を積み重ねていきたいと思っています。
 さて,今年度は4月5日に13人の新入園児を迎えました。緊張していたのか今年の入園式は,近年珍しい静かな式でしたが,緊張が解けた頃からが勝負だと思います。9日(月)からは給食が始まり,おいしい給食を頑張って食べていますよ。
 そのうちまた,子供たちの様子をお知らせしますね。
                                         (えんちょう)
                          

いよいよ3学期が始まりました!
平成24年1月13日(金)

 うみのほしは、1月6日から始まりました。
 すぐに新年のご挨拶を入れようと思っているうちに、一週間がたってしまいました。遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。
 今週は特に寒い日が続きますが、子供たちは元気いっぱい園庭の築山や中庭で雪遊びをしています。子供は強いです!
 それにしても日本中が冷えていますね。大人たちは体調を崩さないように気を付けましょう。もう一つ、滑って転ばないように!も・・・。
 さて今月は、うみのほしの在園児と卒園児そして職員で構成している「学園会」の行事「お楽しみランド」があります。[親子で遊んでカレーライスを食べる] というものですが、詳細はまたお知らせしますね。
                                         (えんちょう)
                          


2学期が終わり、明日で今年も終わります!
平成23年12月30日(金)

  ご無沙汰しています。皆さんお元気でしたか?
 本当は、学園の行事の度に子供たちの素敵な出来事などをお知らせしようと思っているのですが、これを更新するのに、私の机からは遠い職員がみんなで使うパソコンからでないと入力できなくなったので、ついつい足が遠のいているのです。来年からは、ダイエットも兼ねて?もっとこのパソコンに足を運んで更新していきますので、来年もよろしくお願いいたします!
 さて、今年はいろいろ大変なことが続いた一年でした。長い年月を生きてきた私にとっても、今後の生き方を考える機会となりました。今日(今?)終わるかもしれない人生の、一日一日をもっと大切にしていきたいと思っています。まずは、自分の「本当に必要な物」だけ残し、「ためているいらないもの」を整理するために、家の大掃除をします! 皆さんはもう終わりましたか? 学園は、築一年とはいえ手分けして掃除を済ませ、新年5日までお休みとなります。
 皆さん良い年をお迎えくださいね。
                                         (えんちょう)                           


今日で一学期が終わりました!
平成23年8月5日(金)

 お久しぶりです。ホームページが新しくなり、学園の近況をお知らせする機会がなくなったので、行事の時や季節の変わり目には出来るだけこのページを更新するつもりだったのですが、学園会や夏祭りなどの行事が終わってしまいました。ごめんなさい。
 さて、今日は一学期の終業式でした。
 そして、いよいよ明日は年長児の「お泊り会」です。今年は10名の子供たちが学園に泊まります。子供たちよりご両親の方がドキドキしているのではないでしょうか? 私たちも『子供たちが元気に登園し、無事に眠りにつくまで』ちょっとドキドキしながらも、今年の子供たちの寝顔を楽しみにしています。
 明日は、天気に恵まれて楽しいお泊り会になるように祈っています。
 お泊り会のことや学園の様子を、また、お知らせしますね。
                                          (えんちょう)


これからもよろしくお願いします!
平成23年6月25日(土)

 うみのほし学園が新しくなったので,ホームページもリニューアルしました。
この最後のページを見ているということは,他のページはご覧になったのですね?
いかがでしたか? 一番変わったのは,「掲示板」が無くなったことです。
学園の最新情報や職員のつぶやきが見られなくなったのは残念ですが,ご意見ご質問は『メール』にくださるとご返事します。『ホームページを見て!』等の題を付けてくださると分かりやすいです。
 さて,ここは「お知らせ」のページですので,他のページでは見られない物や時事情報を配信していきたいと思っています。
更新は不定期になりますが,楽しみにしていてくださね。
                                          (えんちょう)