吉備池廃寺
(きびいけはいじ)

Contents
1.所在地
2.吉備池廃寺とは
3.史跡に指定される
4.伽藍配置
5.建立目的
6.その後の変遷
7.特記事項
8.現在の吉備池廃寺
9.古寺巡訪MENU
10.百済大寺関連年表

1.所在地

奈良県桜井市大字吉備
吉備池の全景
吉備池の全景
 

2.吉備池廃寺とは

(1)発掘調査に至った経緯 吉備池鳥瞰図と伽藍配置図 右の図は吉備池の鳥瞰図と発掘調査の結果判明した伽藍配置図を重ね合わせたものであるが、この吉備池は、江戸時代に造成された農業用溜池です。この地は飛鳥寺から直線距離で約3キロ北東に位置し、住所表示では桜井市大字吉備です。
 吉備池には、東南隅と南辺の堤に重複して2つの大きな土壇が存在し,瓦片が散布することが以前から知られていた。これらの遺跡は、その出土品から瓦窯説と寺院説の二通りの説がありはっきりとは解らないままでありました。なかでも瓦窯説ですが、池の南東隅出土する瓦片は橿原市にある飛鳥時代の木之本廃寺と同一型式のものあることから、木之本廃寺の瓦を焼いた瓦窯だったのではないかと考えられていました。
 ところが、平成に入って市によってこの池の護岸工事が計画されました。そのため1997年(平成9年)に、その工事に先立って桜井市教育委員会と奈良国立文化財研究所(現・奈良文化財研究所)飛鳥藤原宮跡発掘調査部が発掘調査を実施されました。 その調査は、池東南隅の土壇を中心に実施されました。
(2)発掘調査で判明したこと
 これらの発掘調査によって古代の巨大寺院跡であることが判明しました。以降、周辺の発掘調査等が繰り返えし実施されると同時に、瓦などの出土物の緻密な検証が行われました。この結果、この古代の巨大寺院は、日本書紀や大安寺縁起に記述されているものの、その所在を巡って様々な説が展開されてるも確定できなかった舒明天皇が発願した我が国初の勅願時・百済大寺(639年発願、673年移築)であることがほぼ明らかになりました。なお、舒明天皇は発願2年後の641年に崩御されますが、皇后であった皇極天皇が造営を引き継ぎ、孝徳朝(645~654)にはある程度寺観を整えたと推定されています。
(3)吉備池廃寺と命名された理由
 これらのことから本来この遺跡は「百済大寺跡」とすべきだと思われますが、この巨大寺院遺跡を百済大寺遺跡とするには確定的な発見が無く異論もあるところから、慎重を期して遺跡名を発見地名をとって「吉備池廃寺」とされたようです。

<目次へ戻る>

3.平成14年国の「史跡」に指定される

 この遺跡は、平成14年3月19日に文化庁の「史跡」に指定されています。史跡指定理由は、大凡下記の三点です。
  • 発掘調査で、創建時期、伽藍の規模、および短期間で移築されたと考えられる痕跡が明らかになった
  • その規模およびその立地条件から氏族の単なる氏寺ではなく何らかの公的性格を有した寺院と考えられる
  • これらのことから、この寺院跡は、「平城京の大安寺や文武朝大官大寺の前身で,九重塔を持っていたとされる舒明天皇による史上初の勅願寺,百済大寺(639年発願,673年移築)である可能性」がある。


平成14年3月19日文化庁「吉備池廃寺」史跡指定解説文」

「吉備池廃寺跡は,大和三山のひとつ,香具山の北東約1km,桜井市吉備に所在する古代寺院跡である。この地には,江戸時代に造成された農業用溜池である吉備池があるが,その東南隅と南辺の堤に重複して2つの大きな土壇が存在し,瓦片が散布することが知られていた。その性格については瓦窯説と寺院説があったが,池の護岸工事が計画されたことから,平成9年に桜井市教育委員会と奈良国立文化財研究所(現・奈良文化財研究所)飛鳥藤原宮跡発掘調査部が池東南隅の土壇の発掘調査を行った結果,巨大な金堂基壇の存在が明らかになった。(中略)
 以上,吉備池廃寺は,その規模,および飛鳥地域に建立されたことからみて,氏族の単なる氏寺ではなく,何らかの公的性格を持った寺院と考えられる。現在のところ,創建時期,伽藍の規模,および短期間内で移築された可能性などから見て,この寺院が平城京の大安寺や文武朝大官大寺の前身で,九重塔を持っていたとされる舒明天皇による史上初の勅願寺,百済大寺(639年発願,673年移築)である可能性が指摘されている。このように,本遺跡は,この時期の中心地である飛鳥の地にあっても屈指の規模をもつ寺院跡で,極めて貴重なものといえる。よって,史跡に指定し,保護を図ろうとするものである。」

<目次へ戻る>

4.吉備池廃寺伽藍配置

百済大寺(吉備池廃寺)伽藍配置 それではこの巨大寺院、即ち百済大寺伽藍はどのようなものであったのでしょうか。この件についても上記解説文に下記の通り簡潔に記載されています。  なお、これを理解し易くするために、右のとおり伽藍配置図を作成してみました。この図作成に際しては奈良文化財研究所学報2003年3月28日「吉備池廃寺発掘調査報告」を参考にさせていただきました。

「吉備池廃寺」史跡指定解説文」

 「中心伽藍は,東に金堂,西に塔を置き,両者を回廊が囲み,中門は金堂の正面に位置するという特殊な配置をとる。金堂基壇は東西37m,南北28m,高さ2m以上,塔基壇は1辺30mの正方形で,高さ約2.8mと推定される。この両者は,いずれも,飛鳥時代の古代寺院の中では隔絶した規模をほこるが,特に塔の基壇は,文武朝に建立された大官大寺のものに匹敵することから、塔自体も高さ80~90mと推定されるその九重塔に近い規模であったと考えられる。伽藍の北部には大型の掘立柱建物が列をなして並び,僧坊跡と推定されている。さらに,中門の南約40mの地点からは,寺域の南面を画すると考えられる16mの間隔をおいて平行する東西溝2条および,南大門と考えられる建物跡も検出された。出土した瓦から見て,創建時期は7世紀前半頃と考えられるが、伽藍規模に比較して瓦の出土量が少なく、基壇外装も見つかっていない点などからみて,短期間のうちに他に移築された可能性が指摘されている。」

<目次へ戻る>

5.吉備池廃寺の建立目的

 以上のとおりこの吉備池廃寺は、舒明天皇が発願した我が国初の勅願寺・百済大寺(639年発願、673年移築)であることがほぼ明らかになりました。それでは、欽明天皇は何故この巨大寺院を建立しようとしたのでしょうか。その理由はおおよそ次のようです。
 当時の東アジアの国際情勢が緊迫していました。当時世界で最も先進国であった中国で大きな政変が起こったのです。すなわち、随が滅び唐が建国されたのです。建国の勢いに乗って唐は強大な軍事力を背景に周辺諸国を圧迫しはじめていたのです。そのため周辺諸国では唐へ積極的に朝見外交を展開する一方で、自らの国力をできる限り強大に見せようとしました。その例として隣国・新羅では九重塔を備える巨大寺院・皇龍寺が645年に建立されました。日本でも同時期に同じ規模の九重塔を持つこの百済大寺が建立されたました。こうしたことを併せて考えればこの寺院が国家の威信をかけた大寺であったと考えられます。

<目次へ戻る>

6.吉備池廃寺の変遷

 先にも記述したとおり、百済大寺は639年舒明天皇が発願した我が国初の勅願寺で、その舒明天皇は発願2年後の641年に崩御するが、皇后であった皇極天皇が造営を引き継ぎ、孝徳朝(645~654)にはある程度寺観を整えられたと推定されています。そして早くも673年には天武天皇によって高市の地に移され、その高市大寺は677年に大官大寺へと改称され(天武朝大官大寺)ます。なお、高市に移建された理由は「天武天皇の宮室であった飛鳥浄御原宮との関わり」であったと考えられています。そして平城京遷都に伴い大官大寺は大安寺として変遷します。

<目次へ戻る>

7.特記事項

  • 天武朝大官大寺、および文武朝大官大寺から平城京大安寺へと変遷する詳細は、当サイトの 大官大寺 および 大安寺 をご参照ください。
  • 百済大寺建立からそのごの変遷については別紙、 「百済大寺関連年表」 として纏めております。
    ご参照ください。

<目次へ戻る>

8.現在の吉備池廃寺跡

吉備池廃寺金堂基壇跡 吉備池廃寺塔基壇跡
金堂基壇跡 塔基壇跡
吉備池廃寺基壇跡 吉備池廃寺基壇跡
金堂基壇跡から塔基壇跡を撮影 対岸から右・塔基壇跡、左・金堂基壇跡

<目次へ戻る>

9.古寺巡訪MENU

 
<更新履歴>2017/3作成
吉備池廃寺