東日本大震災 3月11日を忘れないで下さい

熊本地震も忘れないで下さいね。














ズボンの破れ加工  知恵袋で質問があったので書いて見ました。(笑)
合成に使うサイトは⇒Pixlr(フリー) http://pixlr.com/editor/
@「新しい画像を作成」で、加工する画像より大き目なキャンバスサイズにします。
A「レイヤー」→「画像をレイヤーとして開く」で画像を開き、もう一度同じ作業で2枚開きます。
B消しゴムツールを選択し、上のツールバーから消しゴムの形を選んで下さい。
C適当に破れの様に消します。
D消したなら、「レイヤー」→「レイヤースタイル」の、ドロップシャドウ」で影を作ります。
E足の色が違うので、下になってる画像を、右側のレイヤーボックスから選択して「編集」→「自由変形」で拡大します。
F上から消しゴムで消して、違和感の無い様にします。
G最後にトリミングして完成です。↓
下着が見える様に破いても良いし、見えそうで見えない位で良いでしょうね。
こんな加工をする人は居ないと思いますが、最近更新してないのでアップしました。
















←今、ヤフーのソフトウェアのページに出て来る、フォトショップのPR画像ですが、何か変??

Pixlrで消去して見ました。(上の画像)
皆さんの評価は?

下の方に消し方を書いてます。








【プリント写真の様な加工】

@「新しい画像を作成」で写真より大き目なキャンバスサイズにし、後で背景に乗せる為に「透明」にチェックします。

Aキャンバスサイズは後で変えられますので、最初は適当で良いです。
変更は、「画像」→「キャンバスサイズ」です。


B白紙部分は、「一列選択ツール」で、キャンバスを適当にドラッグします。
Cツールの下にある、色を選択する■で、白色を選びます。
D「ペイントツール」で、画面をクリックして白にします。
E「レイヤー」→「レイヤースタイル」の「ドロップシャドウ」で影を作ります。


F次に、「レイヤー」→「画像をレイヤーとして開く」で、写真を開きます。

G写真の大きさは、「編集」→「自由変形」で適当な大きさにして下さい。

H写真の上下左右の移動は、移動ツールで適当な場所に。

Iこれで完成ですが、写真をギリギリの所で切り取ります。
一列選択ツールで、写真の外側をドラッグし、「画像」→「切り抜き」で、左の画像の様になります。

J保存は、「ファイル」→「保存」で、ファイル形式は、背景を透過させてますので、必ず「PNG」で保存して下さい。
子供の写真など、両親にハガキで送ると喜ばれると思いますよ。

↓画像の編集・移動は下の画像を参照して下さい。












画像の輪郭を切り取ったり、ハート型や花の形に切り取る方法を書きます。
使うソフトはフリーの「鋏」です。下よりダウンロードして下さい。
http://book.geocities.jp/gardeniainslumber/
←ソフトの説明です。
まず、各種処理の中の「型抜き」を説明します。

ハートで説明すると、「型抜き」のハートを選択すると、開いた画像の左上に、ハート型が小さく表示されます。

←「形の変形」は、右下にある四角をドラッグし、適当な大きさにします。

ハートの位置は、選択された枠をドラッグして決めて下さい。
位置が決まったら、Ctrlキーを押したままで、選択枠の中をクリック。

切り取ったハートの画像は、何かの背景に合成する為に、透過処理をします。

各種処理→背景透過。
必要なら、背景透過の次に→影付け。

影付けしてから、背景透過は出来ません。

完成したら保存ですが、背景透過したら、必ず「PNG形式」で保存して下さい。



この「鋏」で加工した画像を、Pixlrの「レイヤー」→「画像をレイヤーとして開く」で、背景画像に合成。

右の画像は、各種処理の「外切り落とし」で加工しました。

クリックしながら、最初と最後の線を確実につなぎ、Ctrlキーを押したまま画像をクリックし、各種処理→背景透過。各種処理→影付け。
保存は「PNG形式」です。

日本語に対応して無い場合は、参考にされて下さい。
使い方は上に書いてある通りです。

説明の追加です。
直線や円形ならワンクリックで進み、鋭角に進む場合はダブルクリックして進んで下さい。












合成に使うサイトは⇒Pixlr(フリー) http://pixlr.com/editor/


写真に、直接文字入れする場合。

文字の色と、写真の色が同じ場合など、見難いですよね。
オークションなどでも使える方法を書いて見ます。

@「コンピューターから画像を開く」で写真を開きます。

A「レイヤー」→「新しいレイヤー」を写真に乗せます。

B「一列選択ツール」で、文字入れする部分にドラッグします。
C好きな色を選択します。

D「塗りつぶしツール」で、選択した部分をクリックします。

E黒く塗りつぶされた部分の、不透明度を下げます。(左画像)

F「A」で文字入れしたら完成です。
文字入れ部分が、真っ黒より半透明の方が良いでしょう?



※各ツールの説明は、下の画像で参照して下さい。
↓↓


























合成に使うサイトは⇒Pixlr(フリー) http://pixlr.com/editor/


木目の素材に「虫食い」の様な加工をしてみます。
@「新しい画像を作成」で、画像より大き目なキャンバスサイズにし、透明にチェックします。
Aレイヤー→「画像をレイヤーとして開く」で、木目の画像を開きます。↑この状態です。



B下でも説明してますが、消しゴムツールのブラシをクリックし、「ブラシの作成」の「ブラシエディタ」で横線を作ります。
Cそれを「OK」すると保存されますから、適当な場所をクリックすると上の画像の様になります。


D次に「レイヤー」→「レイヤースタイル」で、ドロップシャドウを上の画像の様に設定すると、それらしくなります。


■あまり使う事は無いでしょうが、こんな加工も出来る事を書いて見ました。

■この様なヘッダー画像を使ったサイトを作ってますので、良かったら覗いて見て下さいね。→「動画まとめ











合成に使うサイトは⇒Pixlr(フリー) http://pixlr.com/editor/
ブログやFacebookのカバー写真の合成方法。
Facebookのカバー写真の作り方で説明させて頂きます。
@「新しい画像を作成」で、キャンバスを851×315ピクセルにします。
A背景を黒色にするなら、塗りつぶしツールで色付けします。
B背景を画像にするなら、「レイヤー」→「画像をレイヤーとして開く」で、背景画像を指定します。
C必要なら、移動ツールで背景画像を移動させて、位置を決めて下さい。






重ねる画像を「レイヤー」→「画像をレイヤーとして開く」で、一枚目の上に乗せます。
消しゴムツールで、ぼけた円形を選び、直径300・硬さ30・不透明度30にしてクリック。


どうせなら、文字入れしちゃいましょう!
@「新しい画像を作成」で、適当なキャンバスにし、必ず「透明」にチェックして下さい。
A「A」で、大きさ・文字色・フォントの種類を選んで入力。
B「ファイル」→「保存」で、必ず「PNG」形式で保存。(JPG形式では背景が透過されません。)
※最初から文字入れの予定なら、文字から作成し、保存してて下さい。
@「レイヤー」→「画像をレイヤーとして開く」で、文字の画像を選択して下さい。
Aそのままだと、誰でも出来る文字入力ですから、少し変化をさせましょう。
B「編集」→「自由歪ませ」で、奥行きを出します。
※これでも物足りない気がしますよね。
文字に影を付けましょう。
@「レイヤー」→「レイヤースタイル」→「ドロップシャドウ」で、色・角度・サイズなどで編集して下さい。

※後は応用で、他人が作ってない、カバー写真でそのページの意図が判る、そんなオリジナル画像に挑戦して下さいね。
素敵な写真が出来る事を願ってます。
では・・・・・・・















上で説明してる、消しゴムで消す方法で出来ます。

















合成に使うサイトは⇒Pixlr(フリー) http://pixlr.com/editor/


モノクロの画像の一部をカラーにする方法。

@カラー写真をモノクロにし、別名で保存して下さい。。
Aコンピューターから画像を開くで、カラー写真を選択。
Bレイヤー→画像をレイヤーとして開くで、モノクロの写真をカラーの上に乗せます。
C色を付けたい部分を、消しゴムツールで消したら、カラーの部分が出て来て完成です。
















ホクロやシミ・そばかすを消す方法。


@コンピューターから画像を開くで、顔の写真を開きます。
Aカラーピッカーツールで、ホクロの近くをクリックして下さい。
Bホクロ近くの色が選択されます。



ブラシツールで、ホクロの大きさを選びます。


クリックか、少しなでて下さい。


どうですか?
綺麗な肌になったでしょう?











人物や物体を消す方法!

@「新しい画像を作成」で、画像より大き目にキャンバスを作ります。
A「レイヤー」→「画像をレイヤーとして開く」で、消したい画像を開きます。
Bもう一度Aの作業で同じ画像を乗せます。
C「移動ツール」で、どちらかに少し動かして、「消しゴムツール」で少しだけ消します。
@この状態になったら、「ファイル」→「保存」で、PNG形式で一度保存します。
※JPG形式で何度も保存したら、画質が悪くなります。
A一度保存した画像を、左の画像の上に、上のAの作業で乗せて下さい。
@上のCの作業で靴を消して、PNG形式で保存したら完成です。
A保存した画像は、キャンバスサイズになってますので、トリミングで画像サイズに切り取ります。
※屋根の電線も同じ作業になりますが、細かい作業なので根気が必要ですよ。



下の画像は、ヤフーの知恵袋で回答した例です。






合成に使うサイトは⇒Pixlr(フリー) http://pixlr.com/editor/


あまり必要無いかと思いますが、鏡文字の作り方です。
@「新しい画像を作成」で、キャンバスサイズを指定し、透明にチェックして下さい。
A「A」で文字入れし、必要ならば上記でも書いてますが、影付けします。
※色は後でも変えられますので、どんな色でも良いですよ。
B一度、PNG形式で保存します。
C「コンピューターから画像を開く」で、背景画像を開きます。
D「レイヤー」→「画像をレイヤーとして開く」で、文字を乗せます。
E「レイヤー」→「レイヤーを垂直に反転」で、反転させます。
Fもう一度、Dの作業で文字を乗せます。
※文字の色は、「調整」→「色調と彩度」で、好きな色に変えて下さい。
G「編集」→「自由歪ませ」で、適当に変形させて下さい。
H画像の様にして、不透明度を下げたら完成です。




合成に使うサイトは⇒Pixlr(フリー) http://pixlr.com/editor/

例えば、領収書などに印鑑を合成する方法です。
@「コンピューターから画像を開く」で、領収書の画像を開きます。
A「レイヤー」→「画像をレイヤーとして開く」で、印鑑の画像を開いて、移動ツールで移動させます。
B選択ツールで白い部分をクリックし、「Delete」キーでカット。一度には出来ませんので、残った部分は同じ方法でカットして下さい。 どうですか?
見分けが付かないでしょう?





合成に使うサイトは⇒Pixlr(フリー) http://pixlr.com/editor/

※背景が単色の場合は選択ツールで消せますが、写真の場合は使えません。
■この写真を使って、別の背景に合成させて見ます。

@「新しい画像を作成」で、写真と同じサイズにして「透明」にチェックして下さい。
A「レイヤー」→「画像をレイヤーとして開く」で、透明にしたい画像を開いて下さい。
B消しゴムツールで、大まかな部分は大きなサイズで消します。
Cこまかな部分や、狭い部分は小さなサイズで丁寧に消して下さい。


※マウスホイールで、キャンバスを拡大して作業して下さい。
D消し終わったら、左の画像の様になります。
Eこれを、PNG形式で一度保存して下さい。
Fこの画像に、保存した画像を乗せます。
G「コンピューターから画像を開く」で、左の画像を開いて下さい。
H「レイヤー」→「画像をレイヤーとして開く」で、保存した画像を開きます。
I開いたら、移動ツールで好きな場所に移動したら完成です。
どうですか?合成した様には見えないでしょう?

※何事も経験です。
何度も試したら、上手になりますよ。


















































分からない事などありましたら、遠慮なく質問して下さい。
ma-yama★blue.plala.or.jp
■私の写真サイト「熊本ふるさと百景」は、フリーですので、遠慮なくお持ち帰り下さい。
■怖い話や東日本大震災、航空機事故、猫の面白動画など、「動画まとめ」サイトです。
パワーストーン
今日占い 昨日カウンター
八代市の草刈業者
八代の草刈り
スマホでアルバイト