合成に使うサイトは⇒Pixlr(フリー) http://pixlr.com/editor/


ペットやぬいぐるみの様な、毛がある画像の切り抜きの為の、ブラシの作成方法を書いて見ます。

背景を透過する場合は、「新しい画像を作成」で、キャンバスサイズを決めて、透明にチェックして下さい。

白背景で良いのなら、「コンピューターから画像を開く」で、加工したい画像を開きます。

次に、

消しゴムツールを選択し、上部バーの@をクリック。

Aのブラシを作成に進んで下さい。

黄色い○の部分をスライドし、矢印の形を作ります。
それ位の円形が、360°使える様です。

OKを押したら、ブラシボックスの中に入りますので、それを選択して下さい。
画像の不用部分を、大まかに消します。

分かり易い様に、背景を青にして説明します。

ブラシの直径を適当な大きさにし、消し易い部分から消して行って下さい。

狭くなってる部分は、ブラシの直径を小さくし、マウスホイールで画像を拡大して、丁寧に消して下さい。

消し過ぎた場合などは、右側の「履歴」で戻り、やり直して下さい。

背景を透明にした場合は、PNG形式で保存して下さい。
なお、開かないファイルで保存される事がありますので、確認してからサイトを閉じて下さい。

サイトを閉じたら、自分で作成したブラシは次回は出て来ませんので、注意して下さい。

はい、完成しました。

背景を透明にしましたので、どんな背景にも乗せる事が出来ます。

簡単な形状の画像なら選択ツールで削除も出来ますが、こんな画像は無理ですので、最初から消しゴムで消した方が綺麗に仕上がりますよ。













































こんな色合いにするのが流行ってる様ですので、一応書いて置きます。


@コンピューターから画像を開くで、加工する画像を。
Aレイヤー→新しいレイヤーを追加。
Bパレットから好きな色を選択。
Cペイントツールで画面を塗り潰す。

Dレイヤーのモードを、スクリーンにする。

Eこの時点ではピンクが強いので、不透明度を下げてお好みの色合いにして完成です。















































合成に使うサイトは⇒Pixlr(フリー) http://pixlr.com/editor/

文字に縁どりをする加工。

@コンピューターから画像を開くで、背景画像を。

A「A」で文字入力。

Bレイヤー→レイヤースタイルを開く。

Cアウターグローを選択し、硬さ、サイズ、色を好きな様に調整したら完成です。

D保存する場合は、PNG形式で保存して下さい。
JPGでは、文字が滲んで汚くなります。

※サイトを閉じる時は、画像として保存されてるか確認してから閉じて下さい。
開けないファイルで保存されてる事が、たまにあります。










































知恵袋で質問が多い、この加工方法を書きます。


合成に使うサイトは⇒Pixlr(フリー) http://pixlr.com/editor/


@コンピューターから画像を開くで、加工する画像を開く。
Aレイヤー→画像をレイヤーとして開くで、左のグリッド表を乗せます。

※左の画像を保存して使って下さい。
Bモードを、オーバーレイにし、不透明度を下げて、下になった画像が見える様にします。
C選択ツールで各マスを選択。
D色を選択して、ブラシツールで塗って行きます。
E色塗りが終ったら、周囲の数マスを白色にします。

Fこの画像の場合は、最初にレイヤー1を選択。

G消したい箇所を選択ツールで選択します。

H次に、レイヤー画面の背景を選択。

I消しゴムツールで消したら、下は白くなります。

FGHIの繰り返しで完成します。



























料理を美味しく見せる加工です。

合成に使うサイトは⇒Pixlr(フリー) http://pixlr.com/editor/

↑原画ですが、これだけ見たら美味しく見えますよね。  でも、これ以上美味しく見える様にしたいと思います。
「調整」→「トーンカーブ」だけでも綺麗になります、、、が、赤色と緑色をさらに強くして見ます。
「レイヤー」→「新しいレイヤー」で、一枚追加します。その上に赤い部分を赤色のブラシで塗ります。
モードの中のオーバーレイを選び、不透明度で調整します。
今度は青い色を、レイヤーを追加して赤と同じ様にします。
不透明度を調整して完成です。
どうですか?フリーサイトでこれだけ出来たら儲け物だと思って下さい。 顔写真も綺麗に出来ますよ。



























画像などに、サインを何回も入れる必要がある人には必見です。
まず、白地に黒文字か、黒地に白文字のサインを作って置きます。
↑英語ですが、その中の乗算かスクリーンを選んだら良いと思います。
手書きがカッコ良いんですが、私は書けないので、、、効果は画像の様になります。









































































【ブラシの見付け方】


























合成に使うサイトは⇒Pixlr(フリー) http://pixlr.com/editor/

お店のメニューにも使えそうな、オシャレなテキスト枠?の作り方です。







■コンピューターから画像を開くで、加工したい画像を開きます。


■レイヤーメニューから、新しいレイヤーを作成で、画像の上に一枚レイヤーを乗せます。


■一列選択ツールで、文字入れする範囲をドラッグします。


■ブラシツールで、選択した部分を塗ります。




↑ここで色の選択をします。

■その部分の透明度を下げて、背景が少し見える様にします。


■この場合の枠は、レイヤー1になります。
※背景は選択しないで下さい。

■今度は、内側の不透明な枠を作ります。

※ペイントなどで作れる原色の枠より、
ちょっと高級感?が出ると思いますが、、、

■枠の外側を、選択ツールで作ります。


■その部分を、黒色で塗ります。

※黒色の透明度は、白色と同じ透明度になってます。

■今度は、枠の太さを選択ツールで決めます。
※上下左右の太さを均一にして下さい。


■同じ太さに選択出来たなら、
今度は内側を白色のブラシで塗って下さい。

※白色の不透明度は、黒色と同じになってますので、
調整不用です。


■これで完成です。

■文字入れは「A」のタイプツールで。

※英文は、好みのフォントを選んで下さい。

※日本語のフォントは変化無し。
以前は使えてた気がしますが、最近気付きました。





























合成に使うサイトは⇒Pixlr(フリー) http://pixlr.com/editor/

【物体を消す方法A】
消したい物体に、何かの背景を被せるが本当の作業です。
消しゴムで消しても消えませんし、消した部分は白くなるだけです。

猫の画像は、足成さんからお借りしてます。
一列選択ツールで、適当な部分をドラッグして選択します。
編集→コピー→貼り付け。
同じ画像が、何処かに出て来ますので、猫の上に乗せます。
移動ツールで被せ、四角の画像の周辺を消しゴムで消しますが、選択した画像は一度に被せ無くても何回か出して消し、バレない様に周囲に無いパターンを作って下さい。
消しゴムで周囲を消したら、画像の様になります。

ブラシの種類は、ボケた円形を使って下さい。

同じ画像を二回貼り付ける場合は、コピーの必要はありません。
編集→貼り付けで良いです。
今度は左の部分を少し被せて見ましょう。

同じく選択ツールで適当な部分を選択します。

この時、コピー→貼り付けしたら、一回目にコピーした画像が出て来ますので、面倒でしょうが上の加工が終わったら一度保存します。
何回も保存、開くを繰り返すと画像が粗くなって来ますので、保存する時は、必ずPNG形式で保存して下さい。

移動ツールで移動させた状態ですが、上での作業と同じく周囲を消しゴムで消します。

大体の作業は終わりですが、下の草を少し被せた画像です。

複雑な画像の場合は根気が要りますので、最初は簡単な画像で練習した方が良いでしょう。

        
























































画像から人物を切り抜いて、別の画像に合成する方法です。          どうぞお入り下さい。
































画像の繋ぎ目を透過させて、1枚の画像を作る加工です。       こちらへどうぞ。











































画像の輪郭を切り取ったり、ハート型や花の形に切り取る方法を書きます。
使うソフトはフリーの「鋏」です。下よりダウンロードして下さい。
http://book.geocities.jp/gardeniainslumber/

←ソフトの説明です。

まず、各種処理の中の「型抜き」を説明します。

ハートで説明すると、「型抜き」のハートを選択すると、開いた画像の左上に、ハート型が小さく表示されます。

←「形の変形」は、右下にある四角をドラッグし、適当な大きさにします。

ハートの位置は、選択された枠をドラッグして決めて下さい。

位置が決まったら、Ctrlキーを押したままで、選択枠の中をクリック。

切り取ったハートの画像は、何かの背景に合成する為に、透過処理をします。

各種処理→背景透過。
必要なら、背景透過の次に→影付け。

影付けしてから、背景透過は出来ません。

完成したら保存ですが、背景透過したら、必ず「PNG形式」で保存して下さい。


この「鋏」で加工した画像を、Pixlrの「レイヤー」→「画像をレイヤーとして開く」で、背景画像に合成。

右の画像は、各種処理の「外切り落とし」で加工しました。

クリックしながら、最初と最後の線を確実につなぎ、Ctrlキーを押したまま画像をクリックし、各種処理→背景透過。各種処理→影付け。
保存は「PNG形式」です。

日本語に対応して無い場合は、参考にされて下さい。
使い方は上に書いてある通りです。

説明の追加です。
直線や円形ならワンクリックで進み、鋭角に進む場合はダブルクリックして進んで下さい。












画像は↓でお願いします。


★ヘッダー画像の作成、縁文字、透過処理。
画像の切り抜き、合成など。
★画像で説明してますので、簡単ですよ。
皆さんに差を付けましょう!

■画像の加工と合成(フリーサイト)
http://www9.plala.or.jp/yatushiro/newpage1.htm


文面はこれでお願いします。

ご迷惑でしょうが、宜しくお願いしま〜す。




















分からない事などありましたら、遠慮なく質問して下さい。
ma-yama★blue.plala.or.jp
■私の写真サイト「熊本ふるさと百景」は、フリーですので、遠慮なくお持ち帰り下さい。
パワーストーン
今日占い 昨日カウンター

熊本の風景写真
■八代市の草刈業者
■八代の草刈り


素材の森 素材JPN 無料素材フリー素材 写真画像だワッ! 風景写真壁紙
八代市の草刈り 壁紙JPN 壁紙マニア kabegami LINKs 無料壁紙
ザ・壁紙 壁紙03 壁紙hirolu 壁紙RING 婚活パーティー
@START壁紙館 世界の風景無料壁紙 北アルプス山麓写真館 青摘みミカン販売
■無農薬甘夏 お取り寄せグルメ 女性ファッション服通販 ダイエットサプリ
子供服 ベビー服通販 チャットレディー セレブランジェリー通販 ドッグフード通販 スマホケース通販
セレブランジェリー通販 無料オンラインゲーム 高級下着とブラ通販