アント



夏の定番といえばコレ。管理人の夏場の釣りでは、80%を超える出撃率のフライです。

しかし、一般的なアントパターンといえば、お尻を黒のダビング材で作り、ヘッドセメントでコーティング。
あとはハックルをパラシュート状に巻いたり、胸の部分にパラッと巻いて完成です。胸にハックル巻くパターンは、お尻の部分と同じように頭も作りますがね。


・・・。



えっ!?  こんだけかよ?このパターンの説明って。  アントってすげー簡単じゃねーか!

書いてる今、気付いたよ!


何でこんな簡単なパターンを紹介するかって言うと、常日頃から自分はある問題点を感じてたんですよ。それは何かって言うと、上の一文にある


『ヘッドセメントでコーティング』って工程






 





乾くまで待てねぇ


 

ええ、そうなんです。大量生産するフライでタイイングの間に『待つ』ってのは、おあずけくらった犬状態。次から次へ作りたいのにいちいち待ってられるか!って感じです。

ん? 尻の部分だけたくさん作って、セメントが乾いた順に完成させたらいいだろ。  ですって?

お尻を作る



ヘッドセメントでコーティング



ハーフヒッチ



バイスから外す



乾くの待つ



次のを作る



乾いたよ先生


バイスに再セット



仕上げましょう











めんどくせぇ




そもそも、ミッジピューパのパターンなんかで 
スレッドでボディー作ったら上からヘッドセメントを塗り、これを三回繰り返す』って読んだ瞬間、

はい、このパターン無理!ってなる俺に
そんな分担作業できるわけ無い。








男は黙って一刀彫(わけわからん…)


というわけで、こんな自分に強い味方が現れた。

それがこいつ


ホットメルトガンとかグルーガンと言う商品名で、
せいぜい¥1000以下でホームセンターで売ってます。
(自分が買った時は¥600でした)
スティック状の固形接着剤を、溶かしながら押し出す道具です。

電源入れて置いておくと、ノズルから溶けた接着剤が出てくるんで、楊枝かなんかを突っ込んどきましょう。これでこころおきなく作れます。


まずはこれでアントのお尻を作ります。
オススメのフックはTMC2487やがまかつC-12等のカーブドシャンクのフック。
普通の針でも良いですが、フッキングが悪くなると思います。



ハックルプライヤーで挟んで作業するといいです。
あーそれと火傷に注意(←なげやり)
注意する点は、『付け過ぎない事』と『シャンクの中心よりに付ける』事です。

付けすぎると沈みやすくなるでしょうし、実際の蟻のお尻なんてかなり小さめ。
頭で分かっててもなぜか実物より大きくなってしまうんです。

中心寄りに付けるのは、着水時にひっくり返らないようにするためと
フッキングを良くするためです。


付けるときのコツは、針で接着剤をはねるような感じで素早くやると良いです・・・



ヤメ。

文章では分からないと思う。

実際作って体で覚えてください(←男らしい)


溶けた接着剤が、かなりの確率で糸引きます。それをライターの火を当てて溶かします。ライターはターボジェットライターがベスト。

この時左右にずれてたり、接着剤がフックを包み込むように付いてない場合は、ココで調整できます。







はい、これでこのフライの90%は説明終わりました



接着剤は20秒もしたら固まるので、バイスにセットしたら・・・



ウイング付けて(ここではエアロドライウィング)


根元固定して…



ハックル巻いて…



完成っと


※スレッド赤にしたらムネアカオオアリにもなると思います。





 これだけ見たらただのアントなんですが、効果は保障します。

実は風呂場の水漏れ直すためにたまたま買ったこの道具に、偶然黒のスティックが付いてたんで、思いつきで作ったんですけどね(汗)


 最初、試作品を3本ほど作って釣りに行ったんです。でもほとんど期待してなかったんですよ。見た目は一応蟻なんで、釣れるだろうとは思ってましたが、

1 すぐ沈む
2 接着剤がすぐ取れる
3 お尻から着水する

の、どれかだと思ってました。ところがですよ、すぐ沈むどころかダビング材で作ったアントより浮力が続く! 
おそらくボディーに全く吸水性が無いためだと思います。ペーストタイプのフロータントと使うと、2〜3匹釣っても浮いてます。



耐久性も、抜群! ハックルがバラケテきても『ケツ』は付いてます。
着水姿勢は、上記の注意点守ってもらえば、きれいに着水します。







 多分どっかの雑誌で『イワ○・アントV-改 ver2.5』とかなんとか、プロの方々がありがたい名前付けて紹介してると思うんですが、そんな事知ったこっちゃねぇ。
 
余談ですが、あの『何でもかんでも名前付けたもの勝ち』の風潮、何とかなりませんかね?





そもそも事の始まりはあなたですよ。
沢○大先生


トップメニューフライタイイング>アント