ADW インジケーター
ワンタッチ着脱式


 フライではありませんが、管理釣り場用のお手軽に作れるインジケーターを紹介します。

ティムコから発売されているエアロドライウイング(ADW)
フライ初心者の頃は『何故こんなものが700円近くもするの?』と思ったものです。
しかし、中空構造による浮力の高さ、水切れのよさからフライフィッシャーに広く支持され、フライショップならほぼ間違いなく置かれています。

ティムコからADWを使ったインジケーターは発売されていますが、原価を考えるとかなり割高(ハッキリ言ってボッタクリ)。ならば自分で作ってしまおうという訳です。

今回紹介するのは、チチワ結びでティペットに取り付けるループタイプのインジケーターではなく、ワンタッチで取り付け、取り外しができる物です。


最初に、釣具屋で下の写真のタイプの自動ハリス止めを購入してください。100円程度で10個ぐらい入ってます。

左が中サイズ、右が小サイズです。なぜか大サイズは見た事が無い・・・。上州屋に売ってます。売ってなかったら作るのは諦めましょう(←冷たいな。オイ)

ペンチで丸い部分を引き伸ばし、上の写真の状態でバイスにセットします。

次にADWを切り出します。管理釣り場用の大型タイプなら、2面分の長さを使います。ADWは一本が細い4本の束でできてますので、バラケさせないように。

細い束で数えて8本分を、きつく巻き止めます。

バイス側にADWを押さえ込みます。この作業が最も重要です。マドラーミノーの頭を作る要領で、バランスよくセットします。
偏ってしまうと、着水時に倒れたり、アタリが分かりにくいインジケーターになるので注意!

根元をしっかり固定します。緩いと魚が掛かったとき、ADWがすっぽ抜けます。

根元を瞬間接着剤で固定して完成。簡単ですね。

小型の物は渓流でも使用できます。ループタイプは軸をプラスチックの棒に変えれば、同じ要領で作れます。
ペーストタイプのフロータント、ドライシェイクを併用すると、かなりの浮力を発揮します。

写真の一番右は逆光用の黒色。水面が白く反射する夕暮れ時などは、抜群によく見えるので一つは持っていたいです。
ワザワザ黒のADWを買いたくない場合は、マジックで塗るという手もあります。


このインジケーターは、水面に高く浮きますので(沈むのは下1/3程度)波のある場合等は、スチロールや粘土製の物に比べ、非常に見やすい。
ハリス止めはティペットに傷を付けそうですが、今までの経験では付けたところから切れた事はありません。


ただ、魚がローリングファイトしてティペットが縒れた時等は、外れる事があります。
ティペットに取り付けた時、フォーセップで軽く挟むとある程度解決できます。
着脱の容易さが売りですので、固定式のインジケーターに比べて外れやすいのは目をつむってやってください(>_<)


釣り開始直後で、タナがまだわからない時、こまめに深さを変えながら魚の反応を調べていく時に重宝します。


タナがわかったら、着脱部がループ式の、通常インジケーターに変えましょう。
一日中釣っていて外れないという保障は、Fly High Fisherの信用度ぐらい小さいです!
(←断言するなよ)

ダイワ(Daiwa) 快適ブライト目印RT 太ダイワ(Daiwa) 快適ブライト目印RT 太
割高なエアロドライウィングではなく、鮎用の目印も使用可能。ラムズウールも可。

トップメニューフライタイイング>ADWインジケーター