データ設定関連コーナー

このコーナーは、NTTのビジネスホンを紹介しながら、システムデータの設定手順を解説致します



                     SK-VSシリーズ------  EKシリーズの後継機種? 4芯スター型配線は、このシリーズで終了。 ( 308〜1236型) (4芯スター配線)

                    ● α HX シリーズ------ パソコンによるデータ入力が主になる(手打ちも可能)             ( 308〜1236型) (4芯BUS配線)

                    ■ α RXシリーズ-------EXシリーズの後継機種     (820型)  (4芯BUS配線)  *RXUより (2芯スター配線/4芯BUS配線)

                    ● α IXシリーズ --------HXシリーズの後継機種 ------------------------( 1660〜48160型) (2芯スター配線/4芯BUS配線)

                 ■α GXシリーズ -------IXシリーズの後継機種、S・M・L タイプ有り、IP電話機も登場 (2芯スター配線/4芯BUS配線/LAN線)

                  α NXシリーズ------ 現行機種、S・M・L タイプ有り、光(NGN)サービスに特化      (2芯スター配線/4芯BUS配線/LAN 配線)

                   ● αA-1シリーズ ---- フルモデルチェンジによる最新機種・ MATは後に登場する    2芯スター配線とLAN  配線のみ)

           ● αN-1シリーズ -----  NX-Uとほぼ同じ、A-1をフォローするために登場したと思われる2芯スター配線/4芯BUS配線/LAN 配線)
 


                                        只今のバージョン                               
                 ・ αGX-L (Ver:7.02)  * MAT(7.01)     αGX-M/S (Ver:8.11)  * MAT(8.01)
                 ・ αNX-L (Ver:8.20)  * MAT(8.21)      αNX-M/S (Ver:8.00)  * MAT(8.00)
                ・ αNX-U
-L (Ver:4.00)  * MAT(4.01)     αNX-U M/S(Ver:4.10) *
MAT(4.10)  

         ● αA1 Standard:主装置 (Ver.06.10)  /  内蔵 BR-GW (Ver.06.00 )
●  αA1 Professional:主装置 Ver.06.10 )
            ● αN1- M/S(Ver:5.00) * MAT(1.00) / ● αN1-L(Ver4.50) * MAT (4.50)