1.間伐前
間伐前の込み合ったヒノキの林です。
日光が林の中にまで届かず、下草もまばらです。
降雨時の土砂の流出や、木の倒壊が懸念されます。
そこで・・・
2.作業道作成
幅、2m〜3mの作業の為の道を作っちゃいます。
この道を利用して、重機を使用したり木材の運送をしたりします。
で・・・
3.伐採
本格的な伐採に入るわけですが・・・
間伐には色々な作業方法があります。
ここでは、胸高の周囲が約70cm以上のヒノキを伐採の対象と致します。
いわゆる収入間伐(択伐)と言われ・・・
市場に出荷して「売り上げの手取り金額>作業経費」になる木を選択して伐採致します。
4.造材・搬出
そして林業機械を駆使して、造材・搬出をします。
左の画像の機械が、ハーベスタと言われる造材機能を持つものです。
右の画像の水色の機械がグラップル。造材された木材を掴んで運搬車に載せます。木を積まれているのが、木材運搬車です。この運搬車で作業道からトラックの待つ土場に搬出します。
5.積み込み
土場まで搬出された木材は、またまたグラップルによって今度はトラックに積み込みます。
7tトラックに約7t程積み込みます。本数にして100本程でしょうか。
トラックで木材市場まで運送します。
そして、木材市場で競りにかけられ販売されます。
6.間伐後
これで収入間伐の終了です。
込み合っていた林はスッキリしました。
下草も増え出し、土砂の流出も軽減されます。
そして残った細めの木も、日光を存分に浴びることにより成長が著しくなり、
何年か後にはまた間伐できる太さになるわけです。