DYNA-KING
シュープリーム・バイス


 今更お薦めとか言うまでも無く、世界的に高い評価を得ているダイナキング。

バイスの王様、最高峰と言うよりは、バイスのグローバルスタンダードと言うべきか。
『フライタイイング用のバイスとは、このような物を言う』
って感じで、当たり前の機能が、何の問題もなくスムーズに動作する。フックを挟む、回す。

文字にしてしまえばたったコレだけの機能。安物のバイスでも、簡単に実現できる機能である。
しかし、何百本・何千本とフライを巻くうちに、#30のフライを巻く時に、その差は決定的に表れるだろう。

 8年間、安物を使い続けてきた管理人が、このバイスを初めて触った時、まずその精度の高さに驚いた。安物のバイスがペンチに毛が生えたような物だとしたら、ダイナキングは鋭利な刃物といった印象。
『当たり前の事が、当たり前に出来る』釣りでもそうだが、これが一番難しい。

動作はスムーズという表現よりも、あえて『鋭い』と言いたい。多くのフライフィッシャーが賞賛するのは、当然の事だと思った。


・・・

 『じゃあワザワザこんな3流サイトが紹介するなよ』とか『お前に言われんでもわかっとるわアホ!』とか『こんなサイトで紹介すると、かえって逆効果』などと言われそうですが(汗)、このバイスを入手する前に調べた限りでは、詳細レポートというか、細部まで説明してくれているサイトがほとんど無かったわけです。

で、ダイナキングをこれから購入する方々のために、少しでもお役に立てればと思い、このコンテンツをアップしました。

別に彼女からのクリスマスプレゼントだから(まぁ、その後めでたく配偶者に昇進?しましたが)ではありませんので、御了承をお願いします。
真面目な書き出しで始まりましたが、やっぱりこういうノリのほうがFly High Fisherには似合ってますね(泣)。



では、どうでもいいような細かい部分までレビュー開始!


バイスの命・ジョー。(立つんだ! jy・・略) ダイナキングバイスのジョー先端は、ギザギザの溝が付いてます。ジョーの中央付近にある凹みは、大型のフックを固定する時に使用するそうですが、ソルトでもやらない限り、あまり使うことは無いかも。

ダイナキングの特徴として、フックを挟むテンションは、この先端部を回して調整。


レバーを上に上げた状態で回すと調整し易い。

そして、先端部をどんどん緩めていくと、スコッと外れて、ジョー部分を引き抜く事が出来ます。

誰にでも簡単にジョーの交換が可能。

当サイトの閲覧者の方も言っていますが、別売りのミッジジョーの方が、日本で使うフライには向いていると思います。

フック・サイズ22から8/0に対応。・・・って、8/0?!。ティムコのカタログに載ってるソルトウォーター用フック4/0でも、泳いでる人間が釣れそうなデカさがあるぞ!?

ちょっと日本ではオーバースペック。マグロでも釣るんでしょうか? しかし、#22以下のフックが固定できないのかと言えば、そんな心配は全く無用。


TMC2488の#30

余裕。指で弾いてもピンピン音します。因みに海外のフライ用品通販のサイトでは、10/0以下なら全てカバーできるみたいな事が書いてあります。

今まで使っていたグレインのクソバイスは、#20以下のフックを固定しようと思うと、ミシミシミシ!って音がするぐらい力を込めても、スレッドを巻いた瞬間、『カクン』ってずれるか、ジョーからフックが弾け飛びましたので、それと比べりゃ月とミドリガメ

しかしまぁ、良く出来てますわ。


英語の勉強の時間です

説明書に度々登場する”Notch-Lock”というダイナキング登録商標にもなってる構造。
レバーのカム部分(CAM=回転運動を往復運動に変える装置)、つまり

の部分に、浅い溝が掘られているため、手の力加減ではなく、ジョーに力を伝える部分は常に一定のポジションに保つ事が出来る。
説明書にも書かれていますが、同じサイズのフックでタイイングを続けるなら、何の調整も無く、次から次へフライを巻くことが可能。


カム部分。Notch-Lock(英訳:切り目による固定?)この溝がポイントらしい。


 ダイナキング入手前に、自分が一番気になった部分。奥のつまみ()は、ロータリー機能のテンションを調節する物だと想像できたが、手前のネジ()は何に使うんだ?と、ずっと気になってました。シュープリーム以外の機種にも大抵付いてましたので。

は予想通り、ロータリーのテンションを調整するもので、正式名称は”ロータリー・ロック・スクリュー”と言い、タイイング中でも簡単に調整でき、きつく締めれば、ロータリー機能をロックできます。

は付属の六角レンチで回すのですが、コレを締めてもロータリー機能を調整できてしまう。しかし、と違う点は、ロックのテンションが掛かる箇所が1箇所である事。
つまり、このネジを少し締めてジョーを回すと、バイスを正面から見て12時の角度でのみ、テンションがかかり、他の部分では滑らかに回転する。

・・・文字にすると説明が難しいな。




あんまり使わない機能だと思うので無視しましょう。(イイのか?)





さて、この他に気になる部分。

高さを調整するためのリング(?) 六角レンチで固定する。

台座部分のロックスクリューで十分じゃないかと思ってしまうが、クランプ型に変更する時に必要になる部品かもしれない(スゲー適当)

コレがあるとデザインに重厚感が出るので、まぁいいか。
 右の写真、このビスの存在理由がわからない。シュープリームはヘッド部分がナットで固定されているので、ネジ側の脱落防止か?

緩めても外しても、特に何も起こらないのが余計気になる。お前、一体何者?

その下に少し写っているビスは、緩めるとヘッド部分が回転する。
これも台座部分のロック・スクリューの調整で十分だと思うが・・・。


さり気なく、色々な部分が回るように作られている。説明書にも載っていないので謎は深まるばかり。
日本語の説明書は無いのかね?(←何様?)もしくは有識者が訳したものとか。


 欠点らしい欠点が見当たらない、本当に良く出来た工芸品。
レンゼッティ・バイスのように、フライを水平軸に回転できないのは、仕様だから欠点だとは思っていません(仕様だからしょうがない・・・ぷっ!)
バラクーダーシリーズもありますから、そっちを買えばいいだけの話です。




 価格は安いとは言えませんが、ダイナキングを買っておけば数十年はバイス買い換える必要は無いかもしれません。ジョーは消耗品だと思うので、使っていれば磨耗していきますが、その他で壊れそうな箇所が見当たらない。

初心者の方には、最近発売されたキングフィッシャーというロープライス・モデルがあります。実際触ってみましたが機能的には十分だと思いました。
ヘッドの高さと角度は固定ですが、これからフライタイイングを始める方には、お薦めです。







あっ! あったぞ!! これだけは残念っていうポイント! ちょっと皆さん、見てくださいよ。これは納得できませんって!









シリアルナンバー
もうチョットで"3456"のゾロ目だったのにっ・・・!




ダイナキングホームページ

ダイナキング・バイスの購入はコチラから
上記画像、管理人の使用モデルは”シュープリーム”です。



p.s ダイナキングと共に、フライフィッシャーから高い支持を得るもう一つの”至高のバイス”その名はレンゼッティ。

『ダイナキングか、レンゼッティか』

そう迷ってこのサイトを訪れた人も多いだろう。管理人は一度だけレンゼッティを触った事があるが、完成度の高さ、美しさ、こちらを買っても失敗したと思う事は無かったと思う。

自分がダイナキングを選んだのは、水平回転機能が特に必要なかった事と、フックを挟みやすかったから(レンゼッティは、構造上どうしてもレバーがアームの下になるため)

つまり、ダイナキングの方がノッチロックシステムと相まって『大量生産』に向いていると感じたからだ。

一方、レンゼッティは回転軸とフックのシャフトが水平のため、ロータリー機能でフライを水平に保ったまま回転させる事が出来る。

1本のフライをじっくり巻きたい人は、レンゼッティが向いていると思う。

レンゼッティホームページ



ティムコ(TIEMCO) レンゼッテイ T2002トラベラーバイス クラ・・vv・ンプ

ティムコ(TIEMCO) レンゼッティ SWトラベラーカムバイス・ペデスタル(SC2003)

ティムコ(TIEMCO) レンゼッティ アプレンティスバイス


トップメニューツール>ダイナキング シュープリーム