倉庫一般の施設設備基準

岡戸秀仁
編集:岡戸事務所







○1類倉庫

 ほとんど全ての物品の保管が可能
 ただし、第6類物品・第7類物品・第8類物品の保管はできない。


○2類倉庫

 保管物品例

第2類物品(飼料等)
第3類物品(ガラス器)
第4類物品(缶入製品)
第5類物品(原木)


○3類倉庫

 保管物品例

第3類物品(陶磁器)
第4類物品(アルミインコット)
第5類物品(原木)


○野積倉庫

 保管物品例

第4類物品(岩塩)
第5類物品(原木)


○水面倉庫

 保管物品例

第5類物品(原木)


○貯蔵倉庫

 保管物品例

第6類物品(糖蜜)
第1、2類物品(小麦粉)


○危険品倉庫(工作物倉庫)

 保管物品例

第7類物品(アルコール)


○危険品倉庫(土地倉庫)

 保管物品例

第7類物品(潤滑油)


○冷蔵倉庫

 保管物品例

第8類物品(冷凍食品)





1類倉庫・2類倉庫・3類倉庫の施設設備基準の概要

野積倉庫・水面倉庫・貯蔵倉庫の施設設備基準の概要

危険品倉庫・冷蔵倉庫の施設設備基準の概要









倉 庫 業 の 登 録



岡戸秀仁
岡戸事務所

090-1609-1514


カスタム検索