HOME > 病院のご案内 > 笛吹中央病院
理事長 中村 康彦
院 長 熊澤 光生
〒406-0032 山梨県笛吹市石和町四日市場47-1
TEL 055-262-2185(病院代表)  FAX 055-262-5985
HP: http://www.fch.or.jp
笛吹中央病院は平成18年6月に地域の皆様の健康と福祉の充実に貢献すべく、笛吹川のほとりに開院致しました。以来、二次救急病院、災害拠点病院として急性期医療の充実に向け、救急、人工透析、リハビリテーション、人間ドック・各種健診の実施等の地域に密着した医療サービスを展開してまいりました。平成20年2月には、日本医療機能評価機構の認定病院となりました。
一般外来は地域の皆様が健康に不安を感じた時、まず気楽に訪れてくれる親しさを得るよう接遇教育にも力を入れております。また予約制を導入し、患者様に待たせない医療を実践しています。専門外来は指導医、専門医による禁煙外来、肝臓病外来、頭痛外来、呼吸器内科外来、胆石・腹腔鏡外科外来、そけいヘルニア外来、補聴器外来を開設しています。また、平成24年11月より関節治療センターも開設いたしました。
設備としては、MRI・マルチスライスCT撮影装置やマンモグラフィ装置など最新の医療機器を導入し急性期医療から健診予防事業まで、そして県内では数少ないオンラインHDFの導入による人工透析、血管外科領域の診断と治療、消化器外科領域では日本内視鏡外科学会技術認定医2名による腹腔鏡下手術、整形外科領域では関節鏡手術も積極的に実施しております。
明るく清潔な院内は、入院患者様一人当たりの病室面積は8m2以上とし、アメニティーの充実した環境も中で療養していただいています。職員教育は、各種委員会の積極的な研修、教育プログラムの実践により十分な教育環境が整備されています。
全職員が『地域に信頼される病院』の理念を心に刻み、笛吹市を中心とした周辺地域に根ざした地域医療を実践して参ります。
看護の現場では、業務内容が拡大し社会の看護職への期待が高まるに伴い、責任も大きくなっています。そこには高い専門性、地域との密着と連携・安心と安全が求められます。
このような中、当院の看護部が心がけているのは確かな知識に裏打ちされた実践力・技術力をもつこと、患者様に寄り添いその代弁者になること、患者様の満足は看護師の満足であるからです。一生の仕事として選んだ看護の道、誠実さと温かさと責任感を持ち、いつも笑顔を絶やさず互いに成長し合える環境で一緒に働いてみませんか?あなたにお会いできる日を楽しみにしています。
高度な医療技術が「安心」を生みだします
当院では、腹腔鏡や関節鏡による内視鏡下手術を積極的に導入し、高度な技術を患者さまに提供する体制を整備しています。
●腹腔鏡手術のご案内
腹腔鏡手術は2mmから12mmの小さい孔を腹壁に数個あけて行う術式です。従来の大きく開腹して行う手術に比べて、術後の痛みがとても少なく、早期退院が可能です。たとえば鼠径ヘルニアや胆嚢摘出術では通常2泊3日、大腸手術は7〜11日程度で退院できます。また、開腹手術の合併症である腸閉塞は傷が小さいためほとんど起きません。当院では最新機器(ハイビジョンカメラモニター、電気メスVIOと超音波切開凝固装置)を導入し、より安全に腹腔鏡下手術が行える環境を整えております。
◆単孔式腹腔鏡手術とは
単孔式手術は胆嚢摘出術、虫垂切除術に対して行っています。その名のごとく臍を切開するのみで行う手術で、術後しばらくすると手術の跡がわかりません。当院では2名の日本内視鏡技術認定医が安全で確実に最新機器を用いて単孔式手術を行っています。
●関節鏡手術のご案内
五十肩のほとんどは、『腱板断裂』であるといわれています。肩の深い部分に存在する腱板と呼ばれる筋群の損傷により肩の痛みや、肩を挙げることができないといった症状を引き起こします。特に『夜間痛』が特徴的です。切れてしまった腱板が自然とつながる可能性は非常に低いとされています。当院では、大きく切開することなく関節鏡を用いて腱板修復術を行っております。また関節治療センターを開設、肩・腰・膝の様々な疾患に対して、最適な治療方法を選択し、患者様の傷みの軽減に努めています。
診療科目 内科・外科・消化器内科・消化器外科・整形外科・脳神経外科・眼科・耳鼻咽喉科・麻酔科・皮膚科・呼吸器内科・小児科・リハビリテーション科
病床数 150床(一般病床150床)
人工透析(血液浄化センター)18床
専門外来 禁煙外来/肝臓病外来/頭痛外来/呼吸器外来/補聴器外来/胆石、腹腔鏡外科外来/そけいヘルニア外来/関節治療センター
日本医療機能評価機構認定病院/救急告示病院/災害拠点病院/健康保険取扱指定医療機関/『国民健康保険取扱医療機関/労災保険指定医療機関/第二次救急医療病院群輪番制病院/生活保護法指定医療機関/結核予防法指定医療機関/介護保険みなし指定機関/原爆被爆者指定医療機関/NST稼働認定施設/身体障害者福祉法指定医〔肢体・腎臓・呼吸器・膀胱又は直腸・小腸・視覚)/社団法人全日本病院協会健保組合連合会指定日帰りドック実施施設/厚生医療指定機関/日本外科学会外科専門医制度関連施設/日本整形外科学会研修施設/日本消化器内視鏡学会指導施設/甲府看護専門学校第1学科実習施設
看護基準 一般病棟入院基本料7対1(54床)
一般病棟障害者施設等 入院基本料10対1(96床)
医療機器 MRI撮影装置・マルチスライスCT
デジタルアンギオ装置・骨密度測定装置
一般撮影装置(2台)・外科用イメージ・マンモグラフィ・超音波診断装置・生化学分析装置
多項目自動血球分析装置・自動血液凝固測定装置
自動分析装置・ 心電図装置・脳波測定装置
人工透析装置(オンラインHDF)
各種内視鏡装置・超音波白内障手術装置
マルチカラーレーザー光凝固装置
その他 訪問リハビリテーション
訪問栄養指導・薬剤指導
各種健康診断・人間ドック・特定健診・予防接種
病院の紹介
メッセージ
概要
アクセス