Land Information

★先日降った雪がまだ残るランドです。

2017年 10 ランドは、先日雪が30cmほど降った雪がまだ残ったままです。10月30日朝の情報では、台風の影響で風や雨が強まりそうですが、2017年のランドの開館は31日の午後4時までです。今期最後のランドへは、路面やお足元にお気をつけてお越しください。

シゲチャンランドの2017年の開館は、10/31までです。
冬間近のオホーツクは寒い日が多くなり、日中も気温が上がりません。暖かい服装でお越しくださいね。
2017年  9月 「2017 相生原人祭(あいおいげんじんまつり)」は盛況のうちに終了しました。ご協力、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

この相生原人祭の様子がテレビ放映されます!
9/6(水)に、UHB・北海道文化放送の『みんなのテレビ(みんテレ)』、「みんなのニュース・ドキュメント2017」にて、18時20分頃から放映予定です。ぜひ、ご覧ください。

UHB「みんなのテレビ」URL: http://uhb.jp/program/minnanotv/


シゲチャンランドは、9/2(土)〜9/ 3(日)の2日間、「相生原人祭(あいおいげんじんまつり)」が開催されるため、休館日となります。

2015年に津別町相生にクリエイターが集合し、行われた「相生原人祭」。伝説のイベントが再び開催されます。
9/3(日)には、原人のパレード(13:00〜16:00)、送り火の儀 (17:00〜20:00)が開催予定です。

パレードでは太鼓(太鼓担当:縄文太鼓「手太鼓伸世流」)が演奏され、まつりの最後となる送り火の儀は、原人がまとった衣装を火にくべて原人の魂を送る儀式+野外音楽イベント(音楽担当:Lab Mark)となります。

なお、3日には、「移動式空想料理店・山輔(サンドイッチなど)」と、「温泉工房あかん(クレープ)」が出店されます。

相生原人祭の詳細は、Neo Fork(あいおいアートコミュニティークラブ) のホームページ、Facebookをご覧ください。

(HP)http://www.neofolk.jp
(FB)https://www.facebook.com/aioi.genjin

オホーツク地方は朝夕、秋が感じられる肌寒さの日が増えてきました。天候も不安定なため、お出かけには上着や傘があると安心です。

2017年  8月 この夏もシゲチャンランドでは、移動式空想料理店「山輔」さんが、8/11〜15の期間、キッチンカーで登場します!昨年は、地元・津別産の新鮮で美しい野菜を使用してとびきり美味しい料理を提供くださいました。今年もどうぞご期待ください。

オホーツク地方も真夏の暑さですが、カラッとした日もあり、こういう日は北海道の夏の良さを感じます。8月のシゲチャンランド開館スケジュールが決定しています。

*8月の開館カレンダーはこちらからご覧ください。

2017年  7月 オホーツクにも暑い夏がやって来ました!真っ赤なシゲチャンランドは夏がよく似合います。
7/9(日)には、シゲチャンランドにて「ランドでランチ(Land de Lunch)」と題して、釧路のカレー、コーヒー、パン店が出店します。
時間は11時から15時まで。詳しくは館長シゲチャンのFacebookからご覧ください。
Facebook(シゲチャンランド通信)
https://www.facebook.com/shigenari.onihi/
2017年  5月 シゲチャンランドは、5月3日(水)にオープンします。

 長い眠りについていたランドの住人たちも、春のあたたかい陽光と風を感じて、目覚めました。半年ぶりに皆様とお会いできることを楽しみにオープンの日を心待ちにしています。
ランドは5月3日以降、9日(火)までの間、7日間連続して開館予定です。

5月3
日以降の数日間、全道的にあたたかくなる予報が出ていますが、春の北海道は日が陰ると肌寒くなりますので、上着のご準備もどうぞ。

オホーツク地方はクロッカスや水仙のほか、ようやくコブシやエゾムラサキツツジ、レンギョウも咲き始めました。桜のつぼみも膨らんで、もうすぐ開花となりそうです。ランドとともに、オホーツクの可憐な春も楽しんでくださいね。
2017年  3月 クマヤキ」が北見にやってきます!

シゲチャンデザインのクマ型お焼き「クマヤキ」が、3月18日(土)から20日(月・祝日)の3日間、北見市端野町の『東武イーストモール端野店』にて開催される「東武 春のオホーツク物産まつり」に登場します!

管内に在住でも、普段は津別町まで行くことが難しい方も、この機会に「クマヤキ」をゲットしてくださいね。

この3日間は、津別町「クマヤキ」の他、オホーツク管内の各市町村から厳選された水産物・農産物・畜産物、地元の新鮮で安心な食材から作られた美味しい食品・スイーツ、各種加工品、その他焼酎、工芸品、環境に配慮した衛生用品など、たくさんの物産品が出店43社から販売されます。
この機会に、オホーツク管内の魅力ある物産品をお楽しみください。

東武イーストモール端野店
 北海道北見市端野町三区572番地1 TEL 0157-56-4147


開催期間 平成29年3月18日(土)〜3月20日(月・祝日)まで
   
※クマヤキは、「あん」、「豆乳カスタード」の2種類です。

開催場所 美幌側入口センターモール特設会場

開催時間 午前9時〜午後6時まで(最終日の20日は午後5時まで)


※詳細は、下記のURLからご覧ください。

東武イーストモール端野店
http://www.kk-to-bu.co.jp/eastmall/

東武イーストモール端野店 デジタルチラシ(3/18〜20)
http://www.kk-to-bu.co.jp/chirashi/



オホーツク地方は3月に入り、日中気温がプラスになる日も増え、雪解けが急に進んだと思えば、朝はかなり冷え込んだり、雪の降る日が続いたり…と、北海道を去ることが名残惜しい冬の使者が冬の記憶を留めたい様子で、例年どおりの、なかなかすんなりと春にはならない気候です。
日中の寒暖差や、年度末の繁忙期、またインフルエンザの流行もまだ収まっていないため、時節柄、体調を崩される方も多くいらっしゃいます。
皆様、どうぞお大事に。お元気に新しい春をお迎えください。

2017年のシゲチャンランドは、5月3日(水)にオープンします。

 5月3日以降、9日(火)までの間は、7日間連続して開館予定です。
   ※2017年5月の開館カレンダーはこちらをご確認ください。


2017年  1月

「クマヤキ」が再び上京します!

シゲチャンデザインのクマ型お焼き「クマヤキ」が、東京の東武百貨店 池袋店にて1月19日から開催される「食の大北海道展」で、期間限定販売されます。

昨年
1月の開催期間中には、初登場ながら、1日に2,600〜2,700個が売れる大人気だったクマヤキ。ぽってりした可愛く癒される風貌はそのままに、なんと今年は、東武百貨店池袋店限定の味が登場!!
豆乳カスタードクリームと生クリームを合わせたさっぱりとした優しい甘さの「東武限定 生クマ(ナマクマ)」が実演販売されます。1日限定300個で販売予定ですので、どうぞお買い逃し無く。

東武百貨店 池袋店の「食の大北海道展」でのクマヤキの実演販売は、1月19日(木)から25日(水)までの期間限定です。

今年も北海道各地から、新鮮で厳選された食材で作られたスイーツ、海産物、お弁当、ラーメン、お惣菜・お漬物、お酒、畜産物、農産物などが出展されます。
地元北海道民でも味わえない、とても魅力的な東武限定品も数多いこの「食の大北海道展」。広い北海道を旅した気分で一度にたくさんの美味を味わえ楽しめるとても贅沢な機会です。ぜひ、足をお運びください。

東武百貨店 池袋店 東京都豊島区西池袋1-1-25 TEL(代)03-3981-2211(代表)

☆開催期間 平成29
年1月19日(木)〜1月31日(火)まで
    
※但し、クマヤキ「生クマ」販売は1月25日(水)まで

☆開催会場 東武百貨店 池袋店 8F催事場(1〜3番地)

☆開催時間 午前10時〜午後8時まで(最終日の31日は午後6時閉場)


※詳細は、下記のURLからご覧ください。

東武百貨店 池袋店「食の大北海道展」
http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/event/detail/723



幻のクマヤキ、梨フレーバーの「フナクマ」が2月から道の駅あいおいで販売されます!

シゲチャンがデザインした、ぽってりしたクマの風貌が愛くるしいお焼き、「クマヤキ」。北海道津別町「道の駅あいおい」で販売されているクマヤキは、2016年1月に東京・池袋の東武百貨店 池袋店で開催された「食の大北海道展」で初上京し、その可愛らしさと美味しさに開催期間中は長蛇の列ができたことが話題になりました。

5月には北海道放送(HBC)制作の『それ行け!北海道物産展』でも紹介され、緊急企画として、津別町と交流がある千葉県船橋市の東武百貨店 船橋店で梨フレーバーのクマヤキを期間限定で販売、初日から多くの方が並んだ列は、最長100mを超え、1日の販売数200〜400個が連日完売となるほど大人気だった様子が報道されています。

テレビ放映後は、定番のクマヤキを販売している「道の駅あいおい」でも行列ができ、営業時間内に完売することが多い大人気スイーツになりました。

その後、船橋で販売された幻のクマヤキの問い合わせや、津別での販売を熱望するクマヤキファンも数多く、「道の駅あいおい」では、今年2月から毎週日曜日のみの曜日限定で「フナクマ」を販売することを決定しました!

「フナクマ」は、津別町と交流がある船橋市とのご縁から、東武百貨店船橋店が限定商品開発を提案。ふなっしー、船橋の人気菓子店「菓子工房アントレ」の高木シェフのご協力を得て、船橋市特産の梨を果汁にし、葛粉で練り固めた梨ジュレを「あん」にしてクマヤキにはさんだ梨味のクマヤキが誕生しました。

2月5日から日曜日のみ限定販売で登場する梨味の「フナクマ」を、どうぞお楽しみに。


新年明けましておめでとうございます。
2017年も皆様にとりまして、明るく穏やかで幸せな一年となりますよう、お祈り申し上げます。
本年もシゲチャンランドで皆様のたくさんの笑顔にお会いできますように。

大西さんの新年のメッセージはこちらからご覧ください。

LAND TOP    2016年のInformationへ