オーディオ収納やテレビ台の激安ショップ

オーディオ収納やテレビ台はネット通販が激安です。
「楽天市場」の激安ショップは見逃せません!
トップ

オーディオ収納やテレビ台を激安で!

オーディオ収納やテレビ台など家具類は身近の家具量販店などで

サイズや使い勝手など現品を確認して購入するのがベストですが

ネット通販では品質も良く激安のお買い得品があります。

通販サイトといえばまずは「楽天市場」ですネ!

テレビ台・DVDラックやビデオラック収納など
丹念に見ていくと激安でビックリする掘り出し物が見つかりますヨ!


 ▼ 購入者の評価やレビューの多い順にピックアップしています ▼

オーディオ収納

オーディオ収納のレビューランキングを全部みる

ビデオラック

ビデオラックのレビューランキングを全部みる

DVDラック

DVDラックのレビューランキングを全部みる

テレビ台

テレビ台のレビューランキングを全部みる
楽天ウェブサービスセンター

「まず分類から」は無視する

 一人暮らし歴八年目のE子さんは、優秀な証券ウーマンです。仕事は面白く、やりがいも感じています。しかし最近、自宅の部屋の中が、オーディオ収納やテレビ台などを含め、生活の道具と仕事に関係ある書類などでごちゃごちゃになり、家事も家での仕事もまったくはかどりません。

 片づけるにしても、あちらのモノをこちらに、こちらのモノをあちらにと、そのつど空いているスペースを求めてモノを押し込んでしまうだけです。

 一度じっくり片づけなければと考え、ようやく整理だけのために休暇をとりました。土日を入れて七日間です。「整理のために七日間も」と思われるかもしれませんが、ちょこちょこやっても気休め程度のことしかできないことは経験済みでした。「整理整頓は、まず分類から」と以前読んだ本に書かれていたことを思い出し、いざ!とばかりに始めます。

 オーディオ収納やテレビ台を手始めに「え−と、同じモノはひとまとめに」と、部屋の中を見回しますが、同じモノなど二つも三つもあるはずがありません。売り物が置かれているわけではないのですから。ビデオラックやDVDラックを整理しながら、つい興味あるDVDやCDに見入って時間を使ってしまい、もう、ここで挫折です。

 私が、収納カウンセリングさせていただく方の大半は、整理収納に関する本や雑誌を何冊も買って読んでいます。そこに書かれている「分類」を忠実に守ろうとするのですが、なかなかできません。そうです、この「分類」ができるくらいなら、すでに部屋はきれいに片づいているはずなのです。

 分類の前にやらなければならないことがあり、それをやらなければ本当の意味での分類はできないのです。ですから、面倒くさそうな″まず分類″は無視してしまいましょう。

 では、何から始めればいいのでしょうか?「整理収納」には、やらなければならないことが五項目あります。それは、どんな場所でも、誰にでも共通することです。与れを実行順にしたものが「物が片づくステップ」であり、整理収納の″全体の法則々になります。

 私自身の家も、整理収納を真剣に考える前までは、物入れと押し入れにはぎっしりと隙間がないほどモノを詰めこみ、部屋の中にはモノが増えるたびに必要に迫られては買い足した、統一性のない家具たちが置かれていました。ですから、いくら片づけてもインテリア確誌に見られるようなセンスのいい部屋になりません。

 きれいに見えないもうひとつの理由は、出しておきたくないモノも部屋の床に置かれているせいです。和室にはタンスに入りにくい服、バッグ、アイロン台などを置き、掃除機も入れる場所がない、またオーディオ機器の周りの収納やテレビ台の下など部屋の片隅に押し込めておくという状態でした。物入れに入れたくても、収納スペースはすべて満杯でした。

 何とかならないかしらと思い、時々物入れ・押し入れを開けてみますが、目前に物が迫っているのが見えるだけ、ため息をついてはまた閉めたものです。

 仕方がないのである日、気を取り直して物入れの中の物をすべて点検してみることにしま した。すると、なんと何年も使わなかった私の昔の趣味の道具、例えばオーディオ収納、編み機、油絵の道具、ビデオやDVDなどが雑然とラックにも収められず押し入れの奥半分を占めているではありませんか。

 そのころ、私は興味のある仕事に出会い、それが大変面白くやりがいも感じていたので、 これをずっと続けたいという思いがありました (その仕事が、現在の「収納カウンセラー」 につながったのです)。

 ですから、今後はもうこれらの趣味に時間を割くことはないだろうと判断しました。そう すると、不思議に処分にためらいがありません。思い切ってオーディオ収納やテレビ台周りは処分しました。

 「モノが減れば片づく」とわかっていても、自分の持ち物をそうそう簡単に処分できないの が、人情というものです。しかし、そのために日々の暮らしが思い通りにならないのなら、 やはり自分なりの基準をつくり、それを見切りをつける理由にしてモノを減らすべきなので す。

 「物」とは何かをするための道具であり、道具として使わないのであれば、趣味や思い出の たくさん詰まったもの以外は、不要ということになります。

 私はそれまで、その当たり前のことに気づかず、後生大事に必要のなくなったモノを持っ て、ゆとりのない部屋で生活をしていたことになります。

Copyright(C)2013 オーディオ収納やテレビ台の激安ショップ All Rights Reserved.

低体温