軽自動車やエコカーも新古車を格安購入しよう

 エコカー減税で恩恵を受けるのはハイブリット車だけではなく、軽自動車も地球環境に配慮した
「いいクルマ」については税の軽減が受けられます。
 しかしこれはあくまで新車を購入した場合で、しかも今年限りの選挙対策みたいです。

減税対策などあてにしなくても、軽自動車やエコカーの新古車をうまく入手できれば
ランニングコストは格安になります。
しかし、新古車購入は大変お得な車の買い方ですが、待っていてもなかなか出るものではありません。
軽自動車やエコカーのオークションを見る

正攻法では、まず手に入らない軽自動車やエコカーの新古車を最短でGetするには、
常にオークション情報に眼を通し、多くの出品情報を集めましょう。

匿名入札で個人情報をガードします
安心・安全の楽天カーオークション

検索表示では出なくても、問合せなどをして情報のパイプを作りましょう。

軽自動車やエコカーの概要

 昭和24年に誕生した軽自動車の規格は、「国民が気軽に自動車を所有できるように」という目的で打ち立てられたもので、税金を優遇する代わりに厳しい制約が課せられ、あえて普通乗用車との差別化が図られていた。
 そのため軽自動車は我慢が付きものの乗り物という認識が一般的になったが、度重なる規格の改定や技術の著しい進歩、各メーカーのアイデアにより、今では普通乗用車と遜色(そんしょく)ない…どころか、積極的に選びたくなるようなモデルが数多く登場している。
 幾度にもわたる規格改定を受けてきた軽自動車が、現在のスタイルになったのは平成10年10月のこと。決まりごとは4つだけで、排気量が0.660リットル(660cc)以下、全長が3.4m以下、全幅が1.48m以下、全高が2.0m以下となっている。64馬力という最高出力はメーカーサイドの自主規制であり、法的に定められたものではない。
最近の軽自動車 人気ランキング
1位スズキ ワゴンR 2位ダイハツ タント 3位ダイハツ ムーヴコンテ 4位ダイハツ ミラ 5位スズキ パレット 6位ホンダ ゼスト 7位ダイハツ エッセ 8位ダイハツ ムーヴ 9位スズキ アルトラパン 10位スズキ エブリイワゴン
 軽自動車税(けいじどうしゃぜい)は、日本の地方税法(昭和25年7月31日法律第226号)に基づき、軽自動車等に対し、主たる定置場の所在する市町村において、その4月1日現在の所有者(所有権留保つき売買の場合は使用者。以下同じ。)に課される税金(地方税・普通税)である。
 賦課期日は4月1日とされ、納期は原則として5月中である。自動車税とは異なり、年間課税であり、月割額はない。4月2日以降に購入した場合は、当該年度は全額課税されない一方、4月2日以降に廃車した場合、当該年度は全額課税される。また賦課期日の4月1日の所有者に対して課税するものであり、4月2日以降に名義変更を行っても、4月1日時点の所有者に課税される。
 エコカー減税とは、国土交通省が3月30日に発表した「環境性能に優れた自動車に対する自動車重量税・自動車取得税の特例措置」を指す。一定の環境性能を持つ自動車を購入した際に発生する自動車重量税および自動車取得税を50%〜100%減免するもので、自動車重量税は2009年4月1日〜2012年4月30日までに車検を受けた車両に、自動車取得税は2009年4月1日〜2012年3月31日に登録・届出された車両に適用される。 エコカー減税は新車のみでなく、中古車でも取得税の1%〜2.7%、または15万〜30万円が控除される。
 軽自動車の燃費は普通乗用車に比べ比較するとかなり燃費が良いが、軽自動車の種類やメーカーによって燃費は変わってくる。軽自動車の燃費でランキングナンバー1に輝くのは「ダイハツ ミラ」が軽自動車の中でも一番燃費がいいようだ。ダイハツは軽自動車を主力商品としているが、メーカー全体からみてもダイハツの軽自動車は燃費がいいだ。「ダイハツ ミラ」に続き「ダイハツ エッセ」が燃費が良いようで、ランキングではナンバー2に来ている。燃費は26km/1Lとなっているが。上位はほとんどダイハツの軽自動車が占めていますが、それに続くのが「スバル R2」が燃費がいいようです。24.5km/1Lとなっています。その他にも「スズキ アルト」が続きますが、軽自動車でも燃費がいいのはワゴンタイプの軽自動車ではなく、小さめのコンパクトなタイプが燃費がいい。軽自動車でもワゴンタイプで燃費がいいのは「スズキ ワゴンR」が良いようだ。
 政府が景気と環境対策のため実施する、新車の購入、買い替えを促す補助制度。ハイブリッド車、電気自動車のほか、国の基準を満たした低燃費・低排出ガス車、軽自動車が対象になる。
 新車を購入した場合、普通車で10万円、軽自動車で5万円を補助。また、購入時に登録から13年を経過した古い車を廃車にすると、普通車で25万円、軽自動車で12万5000円の補助を受けることができる。補助は、車を購入した自動車販売店などで申請でき、金融機関の口座に振り込まれる。補助対象車は減免制度もあり、車の性能に応じて、「自動車取得税」と「自動車重量税」が100%―50%減免される。補助と減免制度により、新型プリウス(L)では、最大約40万円安くなる。

Copyright © 2009 軽自動車やエコカーの新古車を激安でGet!

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

美白