WAKEFUL DAYS
長距離屋的覚書'10



January
 僕等は不運にもオートバイを選び、幸運にもオートバイに選
ばれ、乗り続けてきたワケだけど、この魅入られた魂が祝福さ
れる瞬間は実に少ない。
―ナンテヨクバリナボクラ―

 街が急いで、様々なシーンを用意してくるけど、値の無い出
来事に振り回され続けている僕等は他愛も無く見過ごしてし
まう。
 手遅れだと気付いた余りにも鈍感な僕等、それでも走り続
けてゆくのだろう。
レイダースよ永遠に


February
ガッツだぜ ―そういうのが好きなのだ  日々の出来事に追われ、疲れきっています。年々、
その疲れが抜けなくなってきています。澱が溜まると言
うヤツですね。若しかしたら、それが齢を取ると言うこと
なのでしょうか。

 いやはや。

 生命とは身体の奥で燃えているある種のモノだと思っ
ています。それをヒトは心だとか魂・精神だとか呼ぶので
しょう ―もちっと突っ込んで話したいのですが、それは
また別の機会に― 。その熱が燃え尽きるまで走り続け
るだけです。


 ゆえに燃え尽きる前に、疲れきって燻ぶって消えてし
まわぬよう、ガッツの出る音楽を掛けて欲しい・・・とリク
エストしても、誰も掛けてくれないから、自分で掛けるの
です。
 音楽にはヒトを救うチカラがある・・・そんなキャッチコピ
ィは虚偽です。大間違いです。大したチカラはありませ
ん。由って、早目に手を打つのです。


March
春に手を伸ばせ  漸く休めた3月中旬。tkhtクン♪を誘って何時もの如く
白河にてミーティング。オートバイに乗る。

 今年初、久しぶりの讃岐うどんに御満悦な二人。すか
さず、数名に納豆ぶっかけあつあつの画像を送る・・・嫌
味な奴。


 今年の三又は何時にする? から始まり、あぁ ゆかり
や行きてェ〜・・・との やで岩魚の唐揚げ食いてェ〜・・・
福井に行ってヨーロッパ軒でソースカツ丼を食べようじゃ
ないか・・・先ずは近場で奈良の天ラーにしよう・・・日帰
りでしじみラーメン食いに行くベ・・・徳島でラーメン食べ
て帰りには山越のうどんって のはどうだ・・・とか年々食
い意地ばかり張って・・・全く。品格が疑われるナ。


April
SHIRO-KAN Hunter's Sacred Place  4月に入り、早速、東奔西走。先週は伊賀(三重県)
へ白看撮りに行ってきたら、次の週は南陽(山形県)で
昼食にふるっぱそばを食べ、夕食は遠野 (岩手県)で
ジンギスカンと馬刺しときたもんだ。翌日は山都(福島
県)で水ソバと岩魚の唐揚げ・・・ん〜先月のミーティン
グを確実に遂行しているな。

 西会津の道の駅に何と近くの交差点から撤去された
白看が移設されて展示されています。ん〜素晴らしい
モニュメントですな。今後、ここは白看愛好者達の聖地
となりうるでしょう。ま 元々良い道の駅だから諸手を挙
げて歓迎します。山都で蕎麦を食べた後に寄ってみて
は如何?



白看デイタベイス


May
温泉ミーティング '10 ―春―  今年も春から恒例の温泉ミーティング。場所も何時も
の三ッ又温泉。4月の東北はまだ雪解けが始まったば
かりで、標高の高い峠などはまだ冬期閉鎖中も多いが、
里は北国の春な感じで好きです。

 三ッ又温泉は経営形態が一新してしまいちょっとがっ
かり。皆♪で次回からは別の宿も候補に立てるべきかも
知れないなとなる。

 往路の途中からTDMが調子悪くなり、少々、慌てつつ
も常宿の気楽さで何とか戻って来れた。


June
リハビリマンスリー  温泉ミーティング以来、TDMが不調なので、直しつ
つ、毎週、近所を廻っての様子見。今月はリハビリ月間
と決めて、遠出をしたいのを我慢して、3週連続で山形
へ蕎麦を食べに行ってました。もちろん、ゆかりやです。

 それにしても調子の良くないオートバイに乗るのは気
分が良くありませんな・・・と改めて思ってしまいました。
矢張り、完調のマシンでないと私はダメです。直し直し、
様子を見て走るのも好い何て気持ちには全くなりませ
ん。


 時・場所を選ばず、圧倒的なスピードを有するのがオ
ートバイでしょ?


 それでも手放さず、文句を垂れつつ、乗り続けている
のは愛着があるからに違いなく、格好悪くて仕方ありま
せん。ダサいっすね。


July
 5月後半、TDMも何とか調子を取り戻した感じで一
安心し西へ。
 ビーナスから野麦峠を越えて木曽路。明智まで行
ったところで陽が暮れて、中央道で引き返してのナイ
トラン。
 気分が乗ってきたので飯田で下りてR153を北上。
 首都高経由しての日帰りは1175kmで復活した感
じ。
Westbound Excursion


August
夏について
この鮮やかな季節に何を想う



 毎度、夏が来る度に自問自答してしまいます。

 決して走るには良い季節ではないのですが、走り出さ
ずにはいられない・・・そんなところなのですが、生き物
の証しでしょうか。




それにしても夏。


September
温泉ミーティング '10 ―秋―  春の三ッ又温泉が今一つだったので、急遽、別な宿
を抑えてのプレ温泉ミーティング
 前日にドタ参してのの岩手県南部、矢櫃温泉へ。


October
北海道への想い  10月中旬、上手いことに3連休出来たので、金曜の晩
に、宿とフェリィを予約して、その勢いのまま例の如く、北
海道へ出発した。オートバイじゃないのは天気が悪いか
らだ。でも、クルマだと気温を気にすることもなく(ウェア
選びもなく)、気がラクだ ―そうです齢取ったナ!と陰
口を叩かれても反論出来ません― 。

 520発の早朝便に乗船。道南は降ったり熄んだりパッ
としない天気、予報通り。苫小牧泊。

 翌、日曜日。午前中は勇払平野と石狩平野の境をウ
ロチョロし。岩見沢か ら高速で士別まで北上。峠では葉
も落ち、紅葉も終わりだ。
 夕方、上川にて、早くも暗くなる。

 帰りは苫小牧の最終便だから、まだ余裕がある。のん
びりと南下。結局、2日とも晴れず、気温も1桁。クルマ
で良かった。


距離:2450km 燃費:9.98km/L フェリィ:\40,300


November
晩秋に超弩級  11月下旬に2週続けて(ほぼ)同じルートを走りました。
讃源でうどんを食べてからの阿武隈高地の酷道・険道
巡りと言ったところでしょうか。

 マシンの調子が悪いとか何(難)だかんだと云っても、
結局、騙し (心を?) て乗るのです。されど晩秋とは言
え、この距離程度でお茶を濁す様な走り ―しかもソロじ
ゃなくマス!― は、矢張りトラブル(?)回避なのかも知
れません。

 先週のtkhtクン♪とのルートが超級とすれば、今週のH
改さん♪とのペイスは超弩級と云って差し支え無いでし
ょう 。ルートを知りたい方は密かに御案内致します。

 R399。ここ数年、川内以南は通ってなかったのです
が、今年は5回も通ってしまっています。どういう心境の
変化でしょうか。
 麓まで下りてきたところで、アルチューロはリザーヴ。私
は自宅まで充分なのに・・・。さて給油を終えたら、もう
一発ッ! ファイトぉ〜


December
Can't You See The Way  春先に調子を悪くしても、ダマシダマシ乗ってきたが、
12月に入りとうとう壊れてしまいました。