〈鶴岡室内合奏団〉

当団は200510月、弦楽をこよなく愛するメンバーで結成された「音楽」という共通の趣味を持ったアマチュアの弦楽合奏団です。元NHK交響楽団ヴィオラ奏者渡部啓三先生にヴァイオリンとヴィオラ、仙台フィルハーモニー管弦楽団チェロ奏者の山本純先生よりチェロを教わっているメンバーを中心に、大学オーケストラの経験者、酒田フィルハーモニー管弦楽団所属のメンバーを含め、和気あいあいと楽しんでいます。


〈活動〉

 NHK交響楽団ヴィオラ奏者の渡部啓三先生のご指導のもと月一回を練習日とし、楽しみながら豊かな音楽づくりを目指しています。2006年に国指定.重要文化財である鶴岡カトリック教会天主堂内にて一回目のクリスマスコンサートを催し、2007年8月には酒田で行われた「全国アマチュア・オーケストラフェスティバル・街かどコンサート」に出演、練習の成果を発表しました。2007年12月2回目クリスマステャリティコンサートを開催、その後も2008年2009年と回を重ね、2015年12月13日には第10回クリスマスコンサートを開催しアンサンブルの楽しさを味わいつつ各々がレベルアップを目指して頑張っています