避妊相談


避妊法には、安全、安価、確実性、簡便性が求められています。
しかし、残念ながらパーフェクトな避妊法は現在ありません。あなたの
考え方、生活習慣等で選択することになります。

ピル
 低容量ピルと中容量ピルがあります。忘れずに服用すれば、
避妊率は99.9%です。また、女性ホルモンを使用していますので、
定期的な乳癌・子宮癌検診および血液検査(肝機能)を薦めます。
2,970円(1ヶ月)〜8,580円(税込)(4ヶ月)など、多いほど割安になります。

避妊リング(IUD、IUS)
 ピルと同等の避妊効果が期待できます。
器具を挿入するため、人によっては使用できない場合があります。
器具が合わない場合、出血や痛みを伴う事があります。
IUSは、器具に黄体ホルモンが付いているため、過多月経や月経痛の
治療器具としても使われ、保険適用となっています。
通常IUDで2-3年毎、IUSで4-5年毎に交換します。

コンドーム
 正しく使用すれば、避妊効果は高いですが、失敗する可能性もあり
ます。性感染症の予防にもなりますが、これも十分ではありません。
費用的には最も安価です。

その他
 基礎体温法、ペッサリー法、
手術:卵管結紮(女性)、精管結紮(男性)等

緊急避妊薬
 モーニング・アフター・ピルともいいます。予定外の関係や、コンドーム
が破れた時など、72〜120時間以内に服用して避妊を期します。
ただし、避妊率は、ノルレボ法で、約85%程度と言われています。
当院で処方致しますので、なるべく早めに来院して下さい。
 @ヤッペ法:中用量ピルを回服用      4400円(税込)
         副作用:嘔気、嘔吐の可能性があります。
 Aノルレボ法:レボノルゲストレルを72時間以内回服用 8800円(税込)
       ヤッペ法より嘔気、嘔吐の可能性が低いですが、やや高価です。
 Bエラ法:(国内未承認薬)120時間以内1回服用 11000円(税込)
       世界では広く使用され、避妊率95%と最も効果が期待できます。


トップへ
トップへ

戻る
戻る