重度障害者在宅就労推進事業のご案内



1 趣旨・目的

 近年、パソコンやインターネットの普及により、移動が困難なため一般企業での雇用や就労が困難とされてきた重度障害者が、これらを活用し必要な支援を受けることで在宅のまま就労することが現実のものとなっています。
  一方、企業においては厳しい経済環境の下で、業務のアウトソーシング化を進めようとしており、在宅の人材を活用して業務を行うことに対するニーズも高まってきています。
 このようなことから、企業に対して障害者の在宅就労に関する情報提供を行うことで、在宅就労を行う障害者に対する理解を深めるとともに、在宅就労者への仕事の発注を啓発することが必要不可欠です。
 また、在宅就労を希望している障害者に対する相談や情報提供、スキルアップを図るための指導、助言等を行うことで、重度障害者の在宅就労の推進を図るものです。
以上のことを、達成するために在宅就労支援では次のことを行います。

事業内容

 (1)事業主等に対する広報、啓発
在宅就業を促進するため、事業所に対し普及啓発を行います。
 (2)在宅就労を希望する障害者に対する支援
 トライアングル西千葉は、次の事業を行います。
@障害者の在宅就労に関する相談、情報提供
 ・技術の習得方法や仕事を確保する方法に関すること
 ・身体や精神面での負荷を軽減する作業環境や支援機器に関すること
 ・仕事にかかるトラブル解決に関すること
 ・孤独感や仕事への不安を解消する職業生活を維持するための相談に関すること
A在宅就労のための実践的指導
 ・実際の作業を教材とした技術指導に関すること
・ビジネスマナーや仕事の受発注に係るルールについての指導に関すること
 ・技術水準や障害を踏まえた仕事の進め方等に対する指導に関すること
 ・技術水準についての評価、助言等に関すること
B在宅就労に関する普及啓発
 ・関係機関が作成した広報資料等を活用した事業主等への広報、啓発に関すること
トライアングル西千葉では、視覚に障害を持つ方に対し、自宅であんま・鍼・灸の治療院を開業している方に、事業所と契約をして在宅就業支援を行っています。また、各種講演や、社内の会議録のテープ起こしの業務において、在宅就業の支援を行っています。
在宅就業支援制度についての詳細はこちらをご覧下さい。

 在宅就労を希望する障害者の方の相談は、随時受け付けておりますので電話、来所などお気軽にご相談ください。又、企業などで仕事の発注などご支援いただける企業を広くお願いしております。障害者の職域を確保し、一人でも多くの障害者が就労できるようご協力をお願いします。

相談受付時間 火曜日〜金曜日
10:00〜16:00
トライアングル西千葉
在宅就労支援係
電話番号 043−206−7101
E−mail triangle@xpost.plala.or.jp

トップページへ戻る