Outdoor activity of 釧路湿原とうろの宿

activity

大きな自然を小さな町から感じる
塘路には意外と見どころがあります。

○エコミュージアムセンター「あるこっと」
釧路湿原国立公園を訪れる方々に、釧路湿原の自然やその利用についての情報を色々な形で提供しています。湿原のさまざまな事が分かりやすくきれいに展示されています。         あるこっと
○標茶町郷土資料館
標茶町郷土館は、釧路集治監本館だった建物を現在地に移築して開館しました。歴史を刻む所蔵品のほか、付近に生息する鳥類のハクセイや昆虫の標本が展示してあります。当宿のお客様でもハマる方も多い施設です。       標茶町郷土館
○展望台・展望地
釧路湿原はとても大きいのでやはり上から見る場所が多く設けられています。その場所によって様々な景色を楽しむことができますので是非いくつか訪れてみてください。
・サルボ展望台・サルルン展望台、二本松の展望地、二股の展望地は駅、当宿から歩きでも行ける範囲です。
・コッタロ湿原第一展望台、道道クチョロ線は少々距離があるので自転車や車がお薦めです。クチョロ線は今時珍しくなった砂利道です。湿原の中を通る数少ない道でなかなか雰囲気の良い道です。(お車での通行はゆっくり安全にお願いします。)
○湿原の湖
・塘路湖 釧路湿原で一番大きな湖です。カヌーの発着場所としても利用されキャンプ場、あるこっと、郷土館なども湖畔にあります。べかんべと呼ばれる菱の実やワカザギ、鯉など淡水魚にも恵まれた場所です。空にはオジロワシ、トビや春にはタンチョウ、水辺にはカワセミ、カモ達やヤマセミも飛ぶすてきな鳥達の楽園です。冬は全面が凍り御神渡りが出来て対岸まで歩いて渡ることができます。ワカサギの穴釣りも出来ます。朝日はこの塘路湖の奥から昇ます。
隣接したシラルトロ湖では国道のPエリアからの夕日が沈む景色をご覧ください。沈んだ後の焼けた空が見事です。
○釧路川
釧路川は湿原の中を流れる最大の河川です。屈斜路湖から太平洋の釧路まで流れており弟子屈町、標茶町市街を経て五十石橋辺りからここ釧路湿原に入ります。湿原を散策する川としても、ダムが一つもない川としてもすばらしい川なのです。特に湿原部の未だ人の手による束縛もほとんど無く川の思いのまま蛇行する姿はこの国でもここだけにしかない川だと言っても過言ではないと思います。湿原はこの釧路川へ向かい傾いていると言われており湖やこの釧路川など水の多い湿原を見れるのがここ塘路の魅力でもあります。
○釧路湿原ノロッコ号と冬の湿原号
釧路から斜里を経てオホーツクの網走までを繋ぐ今では貴重な存在になったローカルな釧網線がトコトコと走ります。春から秋までは湿原部をゆっくりと走るノロッコ号を運行していて当宿のカヌーツアーとの組み合わせも可能です。冬は蒸気機関車の引く湿原号が雪原になったここを走り抜けていきます。宿からもその姿を見ることができます。ツインクルバスと組み合わせると安価で知床まで観光しなが移動できるので詳しくはJR北海道釧路支社までお問い合わせ下さい。      JR北海道釧路支社

釧路湿原2サイズ.jpg日本最大の「釧路湿原」
画像2004.11.7 008.jpg画像2004.11.7 007.jpg
サイズDSC_7406.jpgサイズ画像2004.6 127.jpg
DSC_5862 のリサイズ画像.jpgサイズトリムDSC_6822 (2).jpg

クリックすると拡大します。

釧路湿原の利用について

当然ですがモラル、マナーは大切

W_No_02.gif国立公園とラムサール条約湿原であれ人として当たり前の事。
様々な解釈がされて結局は自然にたいしての人の奢り意外なにものでもないので。法律だの決まりなどではなく当たり前の事をする責任が人にはあると思っています。その当たり前をよく考えてから釧路湿原へいらしてください。カヌーの方も釣りの方もドライブでも・・大自然は拒まず迎えてくれます。だからこそ考えて行動しましょう。動物が居るなら離れて花があったらそっと見て魚がいるから釣るのでなく細い川があってもカヌーは入らないとか・・・せめて自分達、人間が決めたのならそれくらいは意識しましょう。
以下はあくまで参考です。こんなことを人間は決めています?がもっと深く、もっとやさしくなったら良いのに・・・もちろん自分も。
釧路湿原国立公園マナー
環境省自然環境局
釧路川カヌー情報北海道開発局

釧路湿原のカヌーについて

当然ですがモラル、マナーが大切

W_No_02.gif国立公園とラムサール条約湿原であれ人として当たり前の事。
様々な解釈がされて結局は自然にたいしての人の奢り意外なにものでもないので。法律だの決まりなどではなく当たり前の事をする責任が人にはあると思っています。その当たり前をよく考えてから釧路湿原、釧路川へいらしてください。カヌーの方の誰もを・・大自然は拒まず迎えてくれます。だからこそ考えて行動しましょう。動物が居るなら離れて細い川があってもカヌーは入らないとか・・・特に五十石橋からは上陸にはかなりの制限があります。火を熾したりキャンプするなどは言語道断です。標茶、五十石橋から下流でキャンプ等ができるのは決められたキャンプ場、茅沼キャンプ場、塘路湖元村キャンプ場以外一切認められていません。せめて自分達、人間が決めたのならそれくらいは意識しましょう。
以下はあくまで参考です。こんなことを人間は決めています?がもっと深く、もっとやさしくなったら良いのに・・・もちろん自分も。
釧路湿原国立公園マナー
環境省自然環境局
釧路川カヌー情報北海道開発局

レンタサイクル

自転車でめぐる

W_No_01.gifゆっくりとめぐる釧路湿原。
塘路駅で自転車を借りることが出来ます。当宿から400m程ですので是非ご活用ください。尚、宿までの道は上り坂ですのでご注意ください。   塘路駅ノロッコ&8001塘路駅ノロッコ&8001