ラグビーに出会おう!/ラグビーをエンジョイしよう!

Click button to open English version       to TJRS HP

ごあいさつ[Greeting]     -One For All, All For One-

*TJRSとは: 2006年(第61回)国民体育大会/のじぎく兵庫国体少年の部ラグビー競技が
 揖保郡太子町で開催されましたが、この4年前、2002年に町民の皆様にラグビー種目の普及啓発
 推進を図る目的で本校(TJRS)が開設されました。
  • TJRSは太子町体育協会所属の一種目団体です。
  • ラグビーを楽しみながら、自立性と協調性を生徒達に学んでもらうよう努めます。
  • 継続は力なりを実感できる機会をつくります。
ラグビーのある風景:1月29日(於:姫路球技スポーツセンター)、2月12日(於:高砂陸上競技場)
 に開催されたウエストジュニアリーグのスナップ写真です。
 画像をクリックすると100%画像に拡大表示されます。

   
Rugby News/Up dated News
 JRFU関連NEWS:
 ラグビー日本選手権:パナソニックとの激しい試合を15対10でサントリーが制し、優勝しました。
 2月25日、スーパーラグビーに参戦したサンウルブズの初戦が秩父宮ラグビー場で開催されます。
 TJRS関連NEWS:
 19日、ミニは太子陸上競技場、タグは多目的広場の練習となります。2月26日、太子陸上競技場で
 タグラグビー招待試合が開催される予定です。
 TJRSへの入学希望者は下段の生徒募集案内ボタンをクリックして、平成28年度募集案内を参照し、
 申込み書、同意書に必要事項を記入し、太子町体育館又は練習日、校長に提出ください。
我が旅(日本版-第14回)
前回に続いてWalkingの記憶を呼び戻している。
2003年に柳生街道と室生古道を歩いた。6月末の梅雨の晴れ間を
ぬって、柳生街道を歩いた。湿った石敷きの古道を歩き、街道脇の
石仏に往時の人々の心を偲んだ。その記憶が再び生き生きと私の心に
蘇ってきた。10月末の少し紅葉には早い時期に室生古道を歩いた。
 秋日の中の楽しいWalkingが思い起こされる。
 女人高野と言われる室生寺を訪れ、国宝の五重塔を眺めた。自然との交流に長い時間を占有され
 ていた、私の少年時代がこれらの古道の風景から思い起こされる。
 私の育った田舎の藁屋根の家には、夏になると裏山から蝉の声が来襲した。
 “蜩という吊の裏山をいつも持つ”(安東次男作) この句の作者と共通した思いが私の心にはまだ
 残存している。写真は室生古道の辺地 (2017年2月12日 記)
 次回更新は2017年2月26日の予定です。
(更新年月日:2017-02-12/記載No.435)



本HPへの掲載記事、MAILにお寄せ下さい。また掲示板にもご意見をどうぞ。