【水晶の塔】-前編-


 悪霊達が吠え立てている。
 海上は彼等の魔詩(まがうた)のせいで、激しい嵐になっているだろう。
 今夜も多くの船が海に沈む。
 多くの人間達が海に沈む。
 一片の光も射さぬ深い深い海の底で、海神・青の女王はゆるりと瞳を閉じた。
 聞こえる。聞こえてくる。
 波濤に飲まれし者達の声が。
 私を呼ぶ声が。
 自分の運命を呪う声。
 受け入れねばならぬ、その最後の時を怖れる声。
 この青く暗き水の中一杯に。
「おいで。海に還りしものたちよ」
 紺碧の髪を波打たせ、青の女王は白き腕をどこまでも広げた。
「私の所へ来るのです。怖れるものは何もない――」
 無数の真珠の泡が海神の白き腕から溢れた。
 青の女王から生まれでたそれらは、海を漂う哀れな者達を一人また一人と静かに包み込んでゆく。
 虹色に揺れる泡に包まれた彼等は眠りにおちていた。
 男も女も子供も大人も老人も――。
 赤子のように無垢な笑みを浮かべ、青の女王の腕に抱かれている。
「汝らの悲しみと苦しみ。憎しみと恐れは私がすべて受け取った。さあ……再び天に昇るのです」
 海の泡と化した魂を最後にもう一度胸に抱くと、海神はそれらを優しく解放した。
 青い青い海面へと昇っていく彼等を迎えるために、天神が導きの光を降り注いでいる。

 刹那。青の女王は気付いた。
 自分の白き指を擦り抜けた存在に。
「どこへ行くのです。私の元に来るのです!」
 青の女王は真っ暗な海の底へ落ちていく、ひとりの青年に向かって手を差し伸べた。
 けれどその体は、青の女王の指を再び擦り抜けて、下へ下へと落ちていく。
『あなたの慈悲はいらない』
 はっきりと青年の心語が聞こえた。
 迷いも死への恐れも抱いておらず、強い拒絶に満ちた心語だった。
 青の女王は一瞬動揺した。その場に立ち尽くし、青をいくつも重ね闇のように暗くなった海の底を見下ろした。
 青年は吸い込まれるように落ちていく。仰向けのまま一直線に。
 月影色に輝いていた長い金髪も、青白い端正な顔も、そして高貴な出自だとわかる瑠璃色の衣装も――迫り来る闇のせいで色彩を失いつつある。
「何故私の救いを拒む。人の子よ」
 青の女王は神に背を向けた青年の姿をじっと目で追った。
「海に飲まれたものは死の恐怖のあまり私の慈悲を乞う。それなのに、お前は――」
 青の女王はふっと溜息をついた。
 珊瑚色の唇から小さな泡がこぼれて海面へと昇っていく。
 何故かあの青年だけはこのまま海の底へ行かせたくないと思った。
 あそこへ落ちたものは海神であろうと、その魂を救うことができないからだ。
「……」
 最後の手段を用いるべく、青の女王は再び青年の元へと水をかいた。
 両手を伸ばして落ちてくる青年の体を受け止め、魂がすりぬけていく前にその時を止めた。
 海神の力は海の中の時をも支配する。
 ふわり。
 仰向けに横たわる青年の体が沈むのを止めて宙を漂った。
 青年の時だけが止まっている。
 青の女王は両手に青年の体を抱くと、自らの住まう塔へと帰還した。


----------------------------------------------------------------------

 人間達が『果ての海』と呼ぶ、誰も知らない場所にその塔はあった。
 塔の最上階はきらきらと陽の光に揺れる水面を眺めることができ、果てまた最深部はその光すら全く届かない暗き海の底にあるという、とても大きなものだった。
 塔の外観は真珠と珊瑚と透き通った石英でできている。
 それゆえ海の眷属達は、海神の住むこの塔を『水晶の塔』と呼んでいた。

 青の女王は連れ帰った青年に塔の一室をあてがった。
 そこは塔の丁度真ん中あたりの高さにある部屋で、四方を囲む水晶の壁からは、真っ青な海中が透けて見えた。
 この塔にいる限り、青年はあの底が見えないほどの暗さに満ちた闇の中へ落ちることはない。
 時の呪縛から解放された青年は、傷一つなく磨かれた水晶の壁の前に立ち、じっと海の中を見つめていた。
 月影色の淡い金髪を束ねることなく瑠璃色のマントの上に流し、青ざめたその横顔は彫像のように固く微動だにしない。
 体の線がはっきりとは見えない、ゆったりとした白の長衣は腰の所で細い飾り紐が結ばれている。
「気分はどうです?」
 青の女王は人の姿をとって青年の部屋を訪れた。
 その外見は二十に満たないうら若き乙女。
 青の女王もまた、生まれてからさほど年月を重ねていない若々しい神だった。
 波のようにうねる長い紺碧の髪を揺らし、淡い薄絹を幾重にも重ねて美しいひだを作った衣から素足をのぞかせて歩み寄る。
「何故私をここに連れてきたのですか?」
 青年は疲れたように目を伏せ息を吐いた。
 青の女王は静かにその隣へ立った。
「私の役目は海に飲まれた者の魂を転生の輪に還すこと。そなたは自らの意思で私を拒み、そのまま海の底へ落ちていく所だった」
 青年はそっとまぶたを開いた。
 海の中では決して見ることのない地上の緑――それらを育む風の色。
 そんな目の色をしている。
 鮮やかな翠の瞳は美しかったが、青の女王の胸中はさざなみのようにざわめいた。
 この青年の心には確かに深い悲しみがあると、かの瞳の中に見い出したからである。
「いや、むしろそれが望みなのです青の乙女。今からでも良い。私を解放して下さい」
 青年の瞳は今だ空虚な光を宿していた。青の女王は紺碧の髪を震わせた。
 そんなことを、未来永劫続く苦しみを自ら望む彼の心が理解できない。
「海の底に落ちた魂は私でも二度と救うことができない。よって転生の輪に還ることもできず、いつしかそれは闇に蝕まれ悪霊となる。悪霊は自らの内に巣食うありとあらゆる責苦に苦しみ、呪いや魔詩を吐き続け、それが海を荒らして多くの船を沈ませるのだ。そなたは本当にそうなることを望むのか?」
 青年はゆっくりとうなずいた。
「ええ。私はあなたの救いを得るに値しない人間です。いっそ海に飲まれる前に、悪霊に喰われ消えてしまえばよかった」
「そなたがどんな罪を犯そうとも、その死をもってすべては贖われる。私がここにいるのは、そなた達人間の生きてきた苦しみや悲しみを受け取り、再び天へ魂を還すため。善人も悪人も関係ない。それが生きとし生けるものに等しく与えられた唯一のものであり、守らなくてはならない理でもあるのだ」
「けれど、その理から外れる者もいる。だからこの世に悪霊が存在している」
 青年の冷えきった声に青の女王は唇を噛みしめた。
 そう、青年のいうことは正しい。
「神とて万能ではない。私だってすべてを救えるわけじゃない」
 青の女王は紺碧の髪を震わせ、思わず青年から顔を背けた。薄絹の合間からのぞく白き腕で己を抱きしめて、胸の奥底から急に迫り上がるものを抑えた。
 いつもはその存在を意識しないようにしていた。
 そして外に溢れ出ないように眠らせていた。
 けれど突如としてそれが心を圧迫するように、波濤のように押し寄せてくる時がある。
 抑えなければ――海が。
 ――助けて。
 思いもしなかった言葉が唇からこぼれた。

「青の乙女」
 自分を呼びかけるその声は、海上を渡る風のように穏やかで力強い。
 青の女王はその風に身も心も預けた。
 するとこの身を引き裂かんとするかのように沸き起こった衝動が、再び胸の奥へと引いていく。伸びていた触手がするすると暗き闇の海へと戻っていく。
「……ああ」
 青の女王は目を開いた。そこには間近に憂いを帯びた青年の顔がある。
 青年は自らの足で立てなくなった青の女王の肩を抱き、水晶の床に膝をついてその体を支えてくれていた。
 剣を握るより、どちらかといえば琴をつま弾く方が似合いな指で。
 月影色の淡い金の髪が流れる肩も胸も細く華奢なのに、どっしりと構える山のように強大な力がこの青年にはある。
 その力に青の女王はいまだすがっていた。
 それを察したのか青年は翠の瞳を細めてうなずいた。
「あなたは万能ではない。私もそう思います。だからこそ、私はあなたの慈悲を受けたくないのです」
 青年の胸に額を寄せたまま、その手に肩を抱かれたまま、青の女王は力なく瞳を閉じた。
「私ではそなたを救えぬと? だから救いはいらないというのですか」
「いいえ」
「では何故?」
「それは……」
 しばし間を置いてから、青年は小さく嘆息した。
「青の乙女。私の長い話を聞いて下さいますか? 私はエルウエストディアスという国で、風神ケイロスに仕える宮廷魔術師でした。私の力は歴代の宮廷魔術師の中でも稀なほど強く、私もまた、己に操れない風はないと――思い上がっていました。
 父も母も早くに亡くなり、天涯孤独な私には、風の魔法だけが心の拠り所でした。かの魔法だけを生涯愛そうと心に決めた結果、私はいつしか国一番の風使いとして名を馳せ、宮廷魔術師という称号も得られました。
 そしてついに私は、病床にあった現王の枕元に呼ばれ、大臣達を証人とし、彼の娘を娶り次期エルウエストディアスの王になるようにと望まれたのです。
 しかし私はエルウエストディアスの玉座には興味がなかった。
 けれど王の娘――レイリア姫には好意をもっておりました。西の大国エルウエストディアスの王位継承者として相応しい品格と知性を兼ね備えた姫君です。
 姫君には隣国シーリルアのレント王子と良い仲だという噂がありました。けれど姫も私の事を好いて下さり、父王の遺言通りに私達は式を挙げたのです。
 私は確かに幸せでした。風の魔法の他に、初めて心から愛するものを得られたのですから。
 けれど婚姻の儀の夜。熱狂的な祝宴の喧噪から解放され、レイリアと二人で酒を飲んでいた時、私は体の異変に気付きました。舌が根元から貼り付いたようにしびれ、体も指一本動かすことができません。
 しかもレイリアは黒い外套に身を包み、その後ろには数名の兵士を従えていました。
『ごめんなさい。私はシーリルアのレントの元へ行きます。そのかわりこの国はあなたに差し上げます。だから許して下さい』
 私は耳を疑った。けれどレイリアの姿は部屋から消えました。
 扉が冷たく閉まる音だけが今も耳に残っています。
 私は国など欲しくない。欲しかったのは姫君の心だけ。
 しかし私との婚儀が嫌ならその本心を伝えて欲しかった。
 私はそれが悔しくて、レイリアが飲ませた薬の力に抗いました。術者というものは薬学にも通じています。私は持ち歩いていたアマランスの葉を口に含み、その毒を葉に吸わせました。
 体が動くまで待つのがもどかしく、這うようにして城のテラスに出てみると、城下の港から小さな船が出ていくのが月明かりに見えました。
 さらに目をこらしてみると、海上にその船を待つかのように大きな異国の船が一隻います。
 私の心は熱い憤りに震えました。
 レイリア。
 貴女はこのエルウエストディアスの王女であるというのに、国民を守る王族の務めを捨てて、一人の女として、かような男の元へ行こうと言うのか。
 私はいつしか風を呼んでいました。
 彼女が私を捨てたことなどどうでも良い。
 けれど貴女の国民を捨ててはならない。ここは貴女の生まれた国だ。
 私は彼女の乗った小舟に向かって風を吹かせました。断じて港外で待つ異国の――シーリルアのレント王子の船まで行かせる気はない。
 小舟はたやすく港まで押し戻りました。
 私は風を吹かせたまま、レイリアを連れ戻すべく騎士隊長を呼びつけようと城内の方へ振り返りました。その時。
『風を操るお前なら、そうするだろうと思った。あれはそれを見越しての囮の船だ。卑しい術者め』
 聞き覚えのある男の声が間近でしたかと思うと、背中に焼け付くような鋭利な痛みを感じました。
 私は信じられない思いで身を振り解き、よろけて再びテラスへ背中を預けました。
 そこには二人の人影がありました。
 黒髪の背の高い男は紛れもないシーリルアのレント王子。その男の赤と金の豪奢な衣装の影に隠れるようにして、レイリアが怯えた目つきで私を見ていました。
『確かに薬を飲ませたのに……! 何故あの人は立っているの?』
『レイリア、術者に薬などきかぬよ。それにこいつを生かしておけば、お前を求めていつシーリルアに乗り込んでくるかわからぬ。エルウエストディアスをどこの馬の骨とも知らぬ術者ごときにくれてやる気はない』
 私は止めを刺そうとこちらへ向かって歩いてくるレント王子に目はくれず、ただレイリアの血の気の失せた白い顔を呆然と見ておりました。
 私は二度彼女に殺されたのです。
 そして二度死ぬのです。
 最初は心を。最後に命を。
 レント王子が私の血で濡れて黒光りする刃を振り上げました。
 その刹那。
 私は再び風を呼んでいました。
 これ以上傷つきたくなかったのかもしれません。
 そしてレント王子に止めを刺されなくても、己の生命がまもなく尽きることだけはわかっていました。
 レイリア。
 一時はその心を得たいと強く願いましたが、私の呼びかけに応える風に私の気持ちはそちらへ昏倒しました。
 国などいらない。そしてレイリア――貴女も。
 私の心を満たしてくれるのはやはり風だけだった。
 私が風だけを愛していれば、貴女もレント王子と添い遂げられただろうに。

 私の頭上には黒き雲が渦を巻いておりました。
 風はレント王子とレイリアの体を黒き雲まで吸い上げました。そしてエルウエストディアスの黒曜石で築かれた堅固な城すらも、私の呼んだ風のせいで大きく揺れ始めました。
 私は風神ケイロスとの盟約で、己が死ぬ時はその魂をかの神に捧げると誓っていました。我々術者は仕える神に捧げる代償が大きければ大きいほど、それに見合った力を振るうことが許されます。
 テラスに寄りかかった私の目に、あの黒き雲の間から風神ケイロスの姿が見えました。神々しい四枚の羽を持つ純白の鷹がこちらへと飛んできます。
 鷹は私を戒めるように厳しい表情で警告しました。
『ノルン。お前の心には空虚と憎悪の風が吹き荒れている。それはこの国を滅ぼす風だ。今すぐやめよ』
 ケイロスが言う通り、エルウエストディアスの城は崩壊しつつありました。
 いや――城だけでなく、その周りに住まう国民の家屋すら吹き飛ばした黒き風は、海にも影響を与えました。海は風にあおられ低いうなり声をあげながら高き壁となってエルウエストディアスの街を飲み込みました。
 私はぼろぼろと崩れ落ちていく城からその様を眺めていました。
 そして気付きました。己が何をしたのかを。
 けれど私にはもう風を止める力など残ってはいませんでした。
 私の力が尽きるまで、黒き滅びの風はこの地で吹き荒れるのです。

 私は瞬き一つできぬまま、ケイロスの姿を探しました。
 純白の鷹は私が起こした黒き雲を、その清涼な風で吹き飛ばしている所でした。私の起こした風などかの神の力には到底及びません。

 ケイロス。我が主。
 あなたは私の最期の時に駆け付けて下さった。それだけで私は満足です。
 捧げると誓った私の魂は、憎悪で醜く澱み今は腐臭を放っています。
 そのようなものを差し出しても、きっと御身を穢すことになるでしょう。
 ですから、このまま私が御身から離れることをお許し下さい。

 私はその美しい姿を目に焼きつけて、風神に別れを告げました。
 そして私の意識は途切れました。
 もう足元まで海の水が来ていたから、エルウエストディアスの罪のない人々と一緒に深い海中へと飲まれたのです」

 青年――ノルンは目を閉じたままうなだれていた。
 まるでその光景を再び目の前で見せつけられていて、それを見まいと必死で目を閉じているようだった。
「よく話してくれました。ノルン」
 青の女王はそっとノルンの青ざめた頬に手を伸ばした。
 うっそりとした瞳が力なく見開かれる。
「そうだ。あなたにはお礼を申し上げなければなりませんでした。青の乙女。海に沈んだ多くのエルウエストディアスの民の魂を、あなたの御手で救って下さって」
 青の女王は静かに頭を振った。
「ノルン。そなたの抱える悲しみはきっとこの海の底よりも暗くて深い。けれど先程も言った通り、そなたの罪は死によって贖なわれました。だからそなたも私に苦しみと悲しみを渡すのです。そうすればそなたも天へ昇れます」
「青の乙女。私にはそんなことなどできません」
 薄絹の肩を掴むノルンの指にぐっと力が込められた。
「ノルン」
「……青の乙女。あなたに救われてこの水晶の塔に来てから、ずっと考えていたことがあります」
「それは何?」
 今だノルンの薄い胸に頭を寄せたまま、青の女王は訊ねた。
「私はこの塔から見える海をずっと眺めていました。海面に近い所は太陽の光が無数に差し込み、明るい碧色をしています。あなたの生けるものへの慈愛に満ちたあたたかさと癒しを感じます」
 ノルンは視線を上から今度は水平へと落とした。
「今、あなたと共に見ている海は深い群青色です。ざわついた心もいつしか鎮まり、ここなら永久に憩えるような安らぎがあります」
 青の女王はうなずいた。ここは塔の中間の高さにあたる部屋だ。
 青の女王自らも疲れを感じた時立ち寄る場所だ。
「そして塔の最下層――」
 ノルンの声が低くなった。
「そこは果てしなく濃い青が重なり、ひとすじの光すら通らぬ深い闇の色をしています。ここには、ここにはあなたの――あなたの抱える悲しみが満ち溢れ、息苦しいまでの重圧感しか感じません」
「ノルン、私は……」
 青の女王は再び心がざわめくのを感じた。
 けれどノルンの翠の瞳はじっと青の女王から離れない。
「私はこの塔の中から海を見てずっと思っていました。海に飲まれし者達の悲しみは、一体どこに行くのかを」
「それは」
「青の乙女。多くの悲しみや不安を内に取り込んだ御身は苦しくないのですか? 苦しくないはずがない。だって海は『悲しみ』の色に染まっているから」
「悲しみの……色? 私はそんな風には思いません」
 ノルンは月影色の髪を否定するように震わせた。
「ならば海は青色などしていない。もっと明るい碧であるはずだ。あなたの抱えるどこまでも闇色に近い濃い青が、海を悲しみの色に染めるのです。海は魂が一切のしがらみを捨て去り、再び天に昇る場所。あなたはこの塔から世界の海を見渡して、ただひとりそれを守っている」



-後編へ続く-

NEXT | INDEXHOME