みちのく岩手 天然工房

HOME > Vol.2春の山菜
 vol.2 春の山菜

山菜のページです。
早春〜初夏の沢筋には山菜もあり目と舌を楽しませてくれます。数尾のイワナと一握りの山菜を馴染みの酒処に
持ち込み、気心の知れた常連さんと天然の旬を味わうのもまた格別です。自然の恵みに感謝、感謝。
山菜の旬はとても短いので過ぎてしまえば終わりです。間違いやすい物もあるので十分に注意したいところです。
基本的には地方名の「あいうえお順」で掲載しています。


▼アイコ (ミヤマイラクサ)

ウド
アイコ(ミヤマイラクサ) ウド


ウルイ (オオバギボシ)

オオバキスミレ
ウルイ オオバキスミレ


▼カタクリ(左側)と二輪草(右側)

▼クレソン(オランダガラシ)
カタクリと二輪草 クレソン


▼コゴミ (クサソテツ)

▼コサバラ (コシアブラ)
コゴミ コサバラ


▼サク (エゾニュウ・シシウド)

▼シドケ(モミジガサ) 
サク シドケ


▼ゼンマイ

タラの芽 
ゼンマイ たらの芽

▼Q:あなたはだ〜れ?
   A:私は可憐な二輪草♪
▼Q:あなたはだ〜れ?
   A:あたいは綺麗なトリカブト・・・
二輪草 トリカブト


▼ネマガリダケ (チシマザサ)

▼バイカモ(梅花藻:10月に花を付けていた)
ネマガリダケ バイカモ

  〜 初学者のためのバッケ(ふきのとう)講座 〜
▼正しいばっけ(オス)。生活排水のない山物が望ましい。
 中央の花が1つ1つ5角形のサッカーボールのような形
 で色は黄色っぽいのがオスでほろ苦い旨味、おススメ。
 春の到来!バッケの天ぷらで冷えたビールをキュ〜と。
 ▼にがいだけのメス。中央の花がとんがった感じがメ
 ス。ただ苦いだけで不評、たぶんバッケデビュー戦で
 知らずにメスを食べると、苦くてまずいという印象が強
 いと思われる。オス・メスと採取場所を吟味し正しい
 バッケ?(笑)を食したいものです。お好みでどうぞ。
バッケ(オス) バッケ(メス)


▼ハリギリ

▼ボンナ:茎が緑タイプ (ヨブスマソウ)
ハリギリ ボンナ


▼ボンナ:茎が茶色タイプ (ヨブスマソウ)

▼ミズ (ウワバミソウ)
ボンナ ミズ


▼ワサビ

▼ワラビ
葉ワサビ わらび


HOMEへ戻る
このページのトップへ戻る
Copyright(c) みちのく岩手 天然工房 All Rights Reserved