////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

9月議会を傍聴しませんか。

9月4日(月) 10:00頃から田中正男が一般質問します。

 質問事項

 (1)国保の県広域化でも国保税は増税しない手当を

 (2)モンゴルとの都市交流について、必要か検討を

 (3)新学習指導要領ぼ道徳科での教育勅語の教材利用について

   

9月4日(月) 11:30頃からは三好陽子氏が一般質問します。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

● 共謀罪、都議選、核兵器禁止条約 ●

憲法違反の「共謀罪」で 国民の言論・運動を弾圧させてはならない

 「共謀罪」は、実際に犯罪行為があって初めて処罰し、「思っただけ」では処罰しない、捜査段階でも人権を犯してはならないという刑法の大原則を覆し、「テロ対策」とは名ばかり、277もの幅広い犯罪について事件が起きていないにもかかわらず、「計画を話し合い、共謀した」、その内の一人が「実行の準備行為」をしたと捜査当局が判断すれば全員を処罰できるという、「内心の自由」に背き、戦前の「治安維持法」の再来と言われる違憲の法律です。

  安倍政権は、憲法9条の改憲に執念を燃やし、数の力で「特定秘密保護法」、「戦争法」(安保法制)と違憲立法を次々に強行し、「戦争する国」づくりを加速させてきました。戦争に反対し、世の中を良くしようと革新的な考えをもつ人々を次々に弾圧した戦前のあの歴史を繰り返さないためにも、「共謀罪」は廃止しかありません。

都議選―「国政を私物化」の安倍自民党に審判! 止まらぬ内閣支持率急落

 7月2日投開票の東京都議選で自民党は改選57から23議席へ激減・歴史的大敗を喫し、共産党は2議席増の19議席を獲得しました。

 これは憲法9条改定を乱暴に持ち出し、「森友」や「加計」疑惑にみられる国政の私物化、「共謀罪」の異常な強行など、安倍政権の一連のふるまいに“もうがまんができない”“今度ばかりは懲らしめなければ”という声と怒りの結果です。

  内閣支持率は、ついに3割をきる世論調査まであらわれ、急落が止まりません。

  いま「安倍一強」の金メッキが剥がれてきています。市民と野党が共同をつよめ、「安倍政治を許さない」たたかいをいっそう強めましょう。

国連会議― 核兵器禁止条約を採択! 「核なき世界」へ歴史的一歩

 核兵器の廃絶を求めた国連総会第1号決議(1946年)から71年の夏、7月7日、ニューヨークで行なわれていた「国連会議」は、人類史上初めて核兵器を違法化する核兵器禁止条約を、加盟国の3分の2、122カ国の賛成で採択しました。

 被爆者を先頭に日本の原水爆禁止運動が、戦後一貫して訴え続けてきたことが世界の共通認識になったのです。私たちは心から歓迎し、日本政府に条約の批准を求めます。

 会議参加各国は、「この条約で、核兵器は非人道的なだけでなく違法となり、核兵器による威嚇を禁じ、抑止力政策も違法になった」、「条約は核兵器に『悪の烙印(らくいん)』を押し、その政治的、法的影響が、核兵器廃絶へのさらなる前進を促す」などと述べています。

  被爆国の政府でありながら日本政府は、「国際社会を分断する」と背を向け会議をボイコット。核保有国は、「条約は北朝鮮の驚異への解決策にならない」など、あくまで「核抑止力」論にしがみついています。

  しかし国際社会が核兵器を違法化することこそ北朝鮮を孤立化させ、核開発を放棄させる大きな力になるのではないでしょうか。

核兵器禁止条約の採択が決まった瞬間に立上がって拍手する各国政府代表ら 7月7日、ニューヨーク国連本部