ダイエットは基本を知って自分をしればあとは簡単運動ダイエットにお任せ!ダイエットの基礎知識を知る 脂肪を燃やす体になる 簡単ダイエット運動のやり方と仕方 やせる食事の摂り方 効果抜群のダイエットアイテム用品 ダイエットアフターケア

スポンサーリンク

 筋肉には速筋と遅筋との2つの種類の筋肉があるのですが、
 ダイエットでやせる為に必要な筋肉の種類は遅筋(赤筋)と言われるものになります!!
 用途でわけると、重いものを一気に持つときに使う筋肉が速筋(白筋)といわれ、脂肪になる前のものをエネルギーとします。
 遅筋(赤筋)と言われるものは持久力等の時に使われ、脂肪を分解して使われていきます(嬉
 もちろん白筋が多い方も消費カロリーは多いのですがダイエット向きなのは遅筋といわれるものなんです!

 このページでは詳しく速筋(白筋)と速筋(赤筋)を知りましょう!

スポンサードリンク

筋肉の種類 速筋(白筋)

特に、脂肪燃焼ダイエットに必要な筋肉は、速筋とも白筋とも言われ瞬発系の筋肉で、男性のボディビルダーなどの、
太くてメリハリのあるのが速筋です。
速筋には、グリコーゲンをしようしますので、少しは脂肪燃焼されますが、赤筋を動かすのに比べると脂肪燃焼はすくないです。
重い重量等で尚且つ、無酸素運動をすると、筋肉が傷つきソレが治る度に(筋肉痛)筋肉が次は耐えれるように太くなります

ボクシングや重量上げ、瞬発的に使う筋肉です。男性のメリハリ太い体です

ダイエットで燃焼させろ脂肪!? 筋肉の種類 遅筋(赤筋)

生まれた時はみんな一緒

脂肪燃焼ダイエットに必要な筋肉の2つ目は、遅筋とは赤筋ともいわれ、
持久系の筋肉で、インナーマッスルと言われ、見た目にゴツゴツしていません。
白筋が外側に対して、赤筋は内側なので、鍛えても強くはなっても太くなったりしません。

遅筋を鍛えるコツは軽負荷(軽すぎるのはダメです)で、ゆっくり、1セット20回ぐらいで、
上げるとき3秒、下げるとき5秒の感覚ですると鍛えられていきます。
酸素と一緒に脂肪をしっかり燃焼してくれるものです。
私たちに今一番必要な筋肉です(友

スポンサードリンク

ダイエットに必要な知識

 普段から知識を知っているのと、何も知らずになんとなく生活しているのでは、1年2年・・・と経つにつれてドンドン差が広がっていきます。
 一生付き合っていく自分自身の体のことを詳しく知ることで、一生の財産になるのと同時に楽しい生活ができます。
 いつもダイエットダイエット・・ と考える必要がないくらいの知識を持ってる人は今も快適に生活しているのが事実ですよね。

 ここで、痩せている、スタイルの良い方たちが知っている知識をあなたも付けちゃってください。
 もちろんですが、人が知らない特別な情報にはお金がかかりますが、その分、自分で勉強したり、思考錯誤しずに
 結果に直接行けますので私は格安だと思います。 またできなかったら完全返金保障がついてますので、
 まずは行動を起こすことが大切です。返金保証はまずやってもらって効果を知ってほしいので付いてるので
 できなければ堂々と返金を申し出れば大丈夫ですよ♪

どちらの筋肉も体の中の成分を使うのは同じですが・・・・

どちらの筋肉も体内の成分を使うのですが、ダイエットでやせる為だけ!!というと、
やはり遅筋になります。溜め込まれた脂肪を分解して、運動に使ってくれるので溜め込まれた脂肪が減ります。

しかし、速筋と言われる筋肉は、脂肪として溜め込まれる前のエネルギーを大量につかってくれますので、
溜め込む前の脂肪の元をシッカリと使ってくれるのです!!
速筋はゴツゴツした筋肉と説明しましたが、毎日本格的な筋肉トレーニングをしてもなかなかつかないものなので
もしついちゃったら・・と心配している女性をみると、そんなくだらない事で悩んでるくらいの暇がある人にはつかないのになぁ・・・・
と思ってみてます(笑

スポンサードリンク

外国の女優さんなどでもなかなかつかないくらいなので、私たちはいかに両方ともの筋肉をつけるかを考えながら
がんばってもたりないくらいなので、心配しずにシッカリ筋力トレーニングしましょう!!         

スポンサードリンク