ペットの剥製(はくせい) ・フリーズドライ技術によるペットの剥製(はくせい) ・ペットの剥製(はくせい)をご検討中の方、ペットオーナー様必見
駿河剥製標本社

駿河剥製 ペットの剥製
駿河剥製 剥製の販売
駿河剥製 通信販売

駿河剥製 通常の剥製
駿河剥製 ギャラリー通常の剥製

駿河剥製 フリーズドライの剥製
駿河剥製 フリーズドライとは
駿河剥製 フリーズドライの注意点
駿河剥製 フリーズドライ後は
駿河剥製 ギャラリー小動物
駿河剥製 ギャラリー犬猫など
駿河剥製 ギャラリー鳥類
駿河剥製 ギャラリー爬虫類

駿河剥製 剥製の製作に関して
駿河剥製 ペットの発送方法
駿河剥製 お申し込み方法
駿河剥製 料金
駿河剥製 Q&A
駿河剥製 お客さまの声
駿河剥製 当社について
駿河剥製 お問い合わせ

駿河剥製 リンク
駿河剥製 リンクいたちなあたち
当店の紹介を丁寧にしていただいています。店主の顔も見ることができます。

駿河剥製 リンク生きものや 若家
静岡市清水区のペットショップです。特定動物・珍獣類・猛禽類をたくさん取り扱っています。


駿河剥製 フリーズドライ後は

フリーズドライ後は、常温で湿気の少ないお部屋で保管してください。ペットちゃんが生きているような気持ちになってしまうかと思いますが、生きている時と同じように散歩に出したりお風呂に入れたりしないでください。
フリーズドライをすれば、長期保存が可能ですが、とてもデリケートになります。手荒く扱ったり、保管状況が悪いと、フリーズドライ後のかわいい姿を長期にわたって保存することは不可能です。 また、破損の原因になります。しかし、難しいことはございません。今までと同じように、優しくペットちゃんに接してあげれば良いのです。

■正しい保管方法■

・高温多湿な場所でペットちゃんを保管しないでください。
・直射日光に長時間当て続けたり、直射日光があたる場所で保管しないでください。
・ペットちゃんに水分をこぼしたり、かけたりしないでください。もちろん、水分がかかる場所で保管しないでください。
・散歩につれだすなど、手荒く扱わないでください。
・高いところから落としたり、ペットちゃんの上に物を置いたり、落としたりしないでください。


●常温で湿気の少ないお部屋で保管していただくのが一番最適です。


一番オススメするのは、クリアケースなどに入れて保存する方法です。飼い主さまがペットちゃんをなでてあげたり、抱っこしたくなったときだけ、クリアケースからだして優しく接していただければ、問題なく長期保存が可能です。 ほこりや汚れなども防ぐことができるので、クリアケースなどを用意されると良いでしょう。

お客様の管理のもとで起きた損傷・損害には責任を負いかねますので、ペットちゃんを長期保存するためにも、しっかりと保存管理をしていただきますようお願いいたします。


*クリアケースをご希望の方は、お申し込みの際にお申し出ください。
*クリアケースは、ペットちゃんのサイズに合わせたオーダーメイドになります。




駿河剥製 ペットの剥製 フリーズドライ


Copyright (C) 2008 Surugahakusei. All Rights Reserved 無断転載禁止