Q 「輸液フィルターを通したほうがいい薬剤と、そうでない薬剤があるのか?」
A 輸液フィルターの孔径(0.2μm)より粒子が大きい薬剤や、フィルターに吸着する薬剤を使用する時はは避けます。
 
1.輸液フィルター禁忌薬剤
1)輸液フィルター孔径(0.2μm)より粒子が大きい薬剤
*乳化剤:イントラリピッド [脂肪乳化剤]
      リプル      [血管拡張薬]
      ロピオン      [鎮痛薬]
*エマルジョン系薬剤:ファンキゾロン [抗生物質]
*血液製剤:アルブミン製剤、グロブリン製剤
*その他:サンラビン[抗悪性腫瘍薬]
2)フィルター(輸液ボトルも含む)に吸着する薬剤
*インスリン製剤、ミリスロール[血管拡張薬]、セルシン[抗不安薬]、オンコビン[抗悪性腫瘍薬]、
 ジゴシン[強心薬]、コスメゲン[抗悪性腫瘍薬]など。
3)フィルター自体を変性させる薬剤
*ラステット、ペプシド[抗悪性腫瘍薬]
 
4)投与量が少ない薬剤
*投与する輸液中の薬剤濃度が5μg/ml以下あるいは、1日の総投与量が5r以下の場合(G-CSF製  剤など)は、フィルターの通過の可否が確認できてから使用すること(米国委員会[NCCLVP]基準)。
 
2.使用時の注意事項
*吸着を起こす薬剤・フィルターを変性させる薬剤の場合は、患者側に近いフィルターより下流のゴム栓より刺針して注入する。
*脂肪乳剤を含んだ輸液は、脂肪乳化剤用フィルター孔径1.2μmを使用する。
★1.2μmフィルターでは沈殿物、脂肪の凝集塊の除去、カンジダ・アルビカンスなどの比較的大きい微生物の除去に有用であ
  り、静脈炎の防止につながる。
*中心静脈ラインから化学療法を施行されている状況下では、薬剤配合変化による沈殿物の除去目的にフィルターは有効であるといわれている(FDA<米国食品医薬品局>やASPENガイドラインによる奨励)。

Back