陰部洗浄

必要物品
・石けん
・洗面器
・温湯(38〜40℃)
・4つ降りガーゼ×2〜3組
・ウオッシュクロス1枚
・バスタオル2枚
・紙おむつ(紙おむつ使用時)
・温湯入り洗浄器
・便器
・ゴムシーツ
・処置用シーツ(便器使用時)
・ ゴム手袋

患者への説明
患者に陰部洗浄の目的と方法を説明し、カーテンを閉める。

患者の準備
1、 寝衣を腰まで上げ、膝を立ててもらう。
2、 上半身にタオルをかける。

【オムツ使用時の場合】
紙オムツをはずし、大腿部の下へ広げる(または下着をとる)。

【便器使用時の場合】
便器使用時はゴムシーツの上に処置用シーツを置いて
患者の殿部に敷き、便器を挿入する。

●ゴム手袋をはめる
ゴム手袋をはめる。

●ガーゼに石けんをつける
温湯を含ませたガーゼに石けんをつける。

●温湯をかける
患者に温度を確かめながら陰部に温湯をかける。



陰部を洗う(女性の場合)
●尿道口から肛門
石けんをつけたガーゼで、尿道口から肛門に向かって
陰部の汚れを洗う。

●大陰唇
大陰唇を広げ汚れないように洗う。汚れに応じてガー
ゼを替える。

陰部を洗う(男性の場合)
●陰茎、陰部に温湯をかける。

●陰茎
石けんをつけたガーゼで、陰茎を洗い、垢を落とす。

●陰嚢
陰嚢の裏側もきれいに洗う。
汚れに応じてガーゼを替える。

温湯で流す
●女性・男性
石けんのついていないガーゼに替え、石けん分が残らないように温湯で洗い流す。

ウオッシュクロスで拭く
●女性
尿道口から肛門に向かって、水分を拭き取る。

●男性
陰嚢、陰茎の水分を拭き取る。

●殿部を拭く
患者を側臥位にし、殿部に水が残らないように拭く。

おむつを交換する(おむつ使用時)
1. 側臥位のまま、おむつの汚れた部分を内側にして小さくまとめ、殿部に押し込む。
2. 手袋を外し、清潔なおむつの中心にくるように合わせる。
3. おむつを敷いた後、患者を仰臥位に戻す。
4. 汚れたおむつを取り除き、きれいなおむつを引きだす。
5. おむつを整え、つける。

便器の取り除き方(便器使用時)
●便器を取り除く
患者は側臥位のままで、便器を取り除く。

●処置用シーツを取り除く
処置用シーツとゴムシーツをまるめて殿部の下に押し込み、患者を仰臥位にし、ゴムシーツごと取り除く。

●寝衣を整える
上半身にかけていたバスタオルをとり、寝衣を整える。

●患者への説明
患者に陰部洗浄が終わったことを伝え、退室する。


〜陰部洗浄のアセスメント〜
1、 陰部洗浄時、患者に疲労感を与えることはなかったか?
2、 プライバシーを守るため必要な部位だけを露出して行えたか?
3、 寝具。寝衣を漏らして患者に不快感を与えなかったか?
4、 洗浄用の温湯の温度は適切であったか?
5、 陰部の状態:汚染の程度、発赤、痩痒感そうようかん、
粘膜の状態。
6、患者に爽快感を与えることができたか?
back