全身清拭


必要物品
・ 洗面器
・ 石けん
・ タオル
・ バスタオル
・ ウオッシュクロス
・ ピッチャー(水・湯)
・ オリーブ油
・ 綿棒
・ バケツ

患者準備

@患者に目的と方法を説明する。
A使用物品を使いやすい位置に配置する。
B洗面器に湯を入れ、水を加えて50〜55℃に調節する。
C温室の調節をし、カーテンまたはスクリーンをする。
Dバスタオルを掛け、体を覆う。
E患者の寝衣を脱がせる。


●顔を拭く(1)目尻
片手を頭頂部にそろえて固定し、目頭から目尻へ片方ずつ拭く。

●顔を拭く(2)前顎部
前顎部は中心から外側へ向かって拭く。

●顔を拭く(3)鼻・頬部・口・下顎
鼻・頬部は中心から外側へ向かって拭く。口の周囲は、円を描
くように拭き、その後下顎を拭く。

●顔を拭く(4)耳介部・外耳
耳介部の前後を拭く。タオルを巻いた指の外耳を拭く。

●頭部を拭く
片手で頸部を支え、前頸部、側頸部を、頭部から体幹へ向かっ
て拭く。

●上肢を拭く(1)手
患者の手を支え持ち、指先、指間、手掌、手指を拭く。

●上肢を拭く(2)腕
手関節を支えて、前腕を抹消中枢に清拭する。肘関節を支えて
上腕を抹消から中枢に拭く。

●上肢を拭く(3)腋窩
上腕を挙上し腋窩を拭く。

●上肢を拭く(4)
バスタオルで腕の水分を拭きとる。
もう一方も同様に行う。


●胸部を拭く(1)
乳房は片方ずつ円を描くように拭く。

●胸部を拭く(2)
側胸部を拭く。
男性、女性とも同様。

●腹部を拭く(1)
内臓の位置を考えて、大腸の走行に沿って大きな円を描くよう
に拭く。
●腹部を拭く(2)
臍に垢がある時は、オリーブ油を綿棒で塗布し、臍の垢が軟ら
かくなったら綿棒で拭き取る。
●下肢を拭く(1)下腹部
膝関節を曲げ、足関節を支えて持ち、抹消から中枢へ拭く。


●下肢を拭く(2)大腿部
膝窩を支え、抹消から中枢へ拭く。
●下肢を拭く(3)
バスタオルで下肢の水分を拭き取る。もう一方も同様に行う。

●背部を拭く
患者を側臥位にする。臀部から脊柱に沿って肩の方向へ背部を拭く。

●臀部を拭く
下着をずらし、汚染物などがあれば、取り除き拭く。

●背部のマッサージ(ストローキング法)
50%アルコールを手に取る。背部の筋肉の走行を考え、脊柱に沿って円を描くように加圧しマッサージする。パウダーを手にとりマッサージする。パウダーを手にとりマッサージする。

●陰部を拭く(1)男性
患者を仰臥位に戻す。下着をずらし、陰茎の包皮の汚れを拭き取る。

●陰部を拭く(2)女性
下着をずらし、陰唇を開いて前から後ろの方向へ拭き、恥垢
ちこうをとり除く。


〜全身清拭のアセスメント〜
1、 プライバシーや保温に留意していたか?
2、 患者の状態に合わせた方法を選択しているか?
3、 疲労感を与えず、すばやく行えたか?
4、 患者に冷汗を与えなかったか?
5、 心地よい皮膚刺激を与え、循環を促進できていたか?
6、 石けん分を十分に拭きとっているか?
7、 患者の状態や反応を観察しながら行っていたか?

〜清拭point〜
★眼の部分を拭く時は目頭から目尻の方向に向かって拭く。
★ウオッシュクロスを手掌側に折り込む。
★清拭時末梢から中枢へ向かって拭く。
★清拭後バスタオルで皮膚の水分を拭き取る。
★清拭時筋肉の走行に沿って拭く。
back