清潔ケア

 

目的

全身清拭

1.皮膚を清潔にし、患者の気分をさわやかにする。
2.血液循環を刺激し、新陳代謝を促進させる。
3.全身状態の観察をする。

洗髪

1.頭髪を清潔にする。
2.外観を整え、気分をさわやかにする。

●清潔ケアの種類と湯の温度
  患者に用いる時の湯の温度 室温 備考
清拭 50〜55℃ 22〜26℃  
洗髪 40〜43℃ 22〜25℃  
足浴 40℃前後 22〜25℃  
陰部洗浄 40℃前後 22〜26℃  
入浴・シャワー 40〜42℃ 22〜26℃ 初回入浴時間は5〜10分程度がよい

 

*point*

準備する湯の温度は、実施するまでの時間を考えて高めにしておく。清拭に用いる湯は、手で絞れる限り高い温度で。タオルが患者の皮膚に当たるとき、適温(心地よい温度)になることが秘訣。

 

排泄ケア
目的

薬物の刺激が直接粘膜に動いて大腸の蠕動運動を促し、便を軟らかくして便の排出をはかる。

●浣腸
浣腸液の種類 グリセリン 石鹸液
濃度 50% 1〜2%
注入量 80〜120ml 500〜1,000ml
温度 40〜41℃※直腸音37〜38℃よりやや高め。
カテーテルの太さ ネラトンカテーテル英式10〜15号
挿入の長さ 6〜10cm※肛門の長さ:3〜5cm
        直腸の長さ:11〜13cm
貯留時間 3〜5分
抜管と同時にちり紙で肛門周辺をおさえ、排便を我慢させる。
備考   イリゲータの中の液面の高さは患者の肛門から50cm以下とする。
目的

1.膀胱を空にする。
2.診断および検査のため。
3.失禁の処置。

●導尿
  男性 女性
カテーテルの太さ ネラトンカテーテル英式6〜8号
バルーンカテーテル16〜22Fr
挿入の長さ 約20cm
※尿道:16〜18cm
4〜6cm
※尿道:3〜4cm
挿入角度 陰茎を90度持ち上げる。  
持続時間 蒸留水注入量:5〜30ml
※製品により異なるため、表示を確認する。
備考 1日尿量:1,000〜1,500ml
異常目安:乏尿 300〜500ml/日以下
     多尿 2,000〜3,000ml/日以上
     無尿 100ml/日以下

 

 back