洗髪


必要物品
・ バケツ2個(温湯用・汚水用)
・ 油の温度は準備するとき41〜43℃
・ ピッチャー2個(大1、中1)
・ ケリーパッド1個
・ ゴムシーツ(または洗髪用ケープ)1枚
・ フェイスタオル1枚
・ バスタオル2枚
・ ウオッシュクロス1枚
・ タオル5枚
・ 耳栓用綿球2個
・ シャンプー、リンス
・ ブラシ
・ ドライヤー
・ 水温形
・ ゴミ袋


●患者に説明する
患者に方法を説明し、協力を得る。

●患者を移動する
枕をはずし、カーテンまたはスクリーンをする。患者の体がベッドの対角線上の位置になるように移動する。(看護者が立っている側に患者の頭部がくる。)

●患者の体位を整える
患者の安楽を保つため、膝を曲げ、膝下に枕や座布団を挿入する。

●ゴムシーツ、バスタオルを敷く
ゴムシーツの上にバスタオルを重ね、患者の頭部から肩の位置に敷く。

●ケリーパッドに頭部を置く
ケリーパッドを患者の頭部が入るように置き、たたんだタオルをケリーパッドと患者の頸部の間に入れる。

● 排水路を作る
ケリーパッドの排水路をバケツの中に入れる。

●襟元のすき間をなくす
患者の襟元にバスタオルを巻き込む。

●両耳に綿球を入れる
耳に水が入るのを防止する。

● 髪をとかす
長髪の場合は後方で束にし、下に手を添えながら毛先をとかす。

● 湯の温度を確かめる
看護者の前腕に湯をかけ、温度を確かめる(湯の温度は40〜42℃が適温)。

●ウオッシュクロスで顔を覆う
顔に水がかからないようウオッシュクロスで顔を覆う。

●毛髪を濡らす
湯お毛髪全体にかけ、濡らす。

●シャンプーを毛髪につける。
シャンプーを手掌でのばして毛髪全体につける。

●洗髪(1)こめかみ〜こめかみ
シャンプーを毛髪全体につけてよくあわ立てる。片手で後頭部を支え、もう一方の片手で一方のこめかみから反対側のこめかみへ向かって「Z字」に動かして洗う。

●洗髪(2)額〜頭頂部
両手で額の生え際から頭頂部へ向かって洗う。額正面から左右側へと手の間隔を広げていき、こめかみの所まで洗う。

●洗髪(3)後頭部
片手で頭部をしっかり保持する。

●洗髪(4)後頭部
もう一方の手で耳の裏側から反対の耳まで「Z字」に動かし、襟足まで洗う。

●洗髪(5)後頭部〜側頭部
襟足から頭頂部に向かって洗う。頭部を支えにくいときは、顔を横に向け左右両側を洗う。

●洗髪(6)
両手で左右に「Z」を書くように動かし、頭頂部を念入りに洗う。

●洗髪(7)
はえ際の部分を、こめかみから額の中心に向かって洗う。

●洗髪(8)耳の裏側
耳の裏側の手を上下に動かし洗う。
●泡を取る
濡れタオルでシャンプーの泡を拭き取る。

●洗い流す湯を少量ずつまんべんなく流しながら十分にすすぐ。(耳に、水がはいらないように注意する。)

●ケリーパッドの水を流す
ケリーパッド内にたまっている水をバケツへ流す。

●リンスをする
毛髪の水分をきった後、リンスを手に取り、毛髪全体につけてゆっくりマッサージする。

●リンスを洗い流す
リンスを洗い流しすすぐ。ケリーパッド内にたまった水を流す。

●耳浅、ウオッシュクロスを取り除く
綿球を耳から取り出し、タオルで耳の中、耳介、額を拭き、ウオッシュクロスを取り除く。

●毛髪の水分を拭き取る
頭をくるんだタオルをはずし、毛髪の水分を拭き取る(毛根から毛先に向かって)。

●整髪する
ドライヤーで毛髪を乾かし(頭から10cm程度離す)、患者の希望を聞き整理する。

●体位を整える
バスタオルとゴムシーツを取り除き、患者の元の位置に戻し、体位を整える。

※洗髪の禁忌
1、 頭部に創傷、湿疹があるとき。
2、 高熱があるとき。
3、 中耳炎があるとき。
4、 体位変換時に血圧や呼吸の変動が激しいとき。
5、 バイタルサインが安定せず、変化しているとき。

〜洗髪時のアセスメント〜
1. プライバシーに留意していたか。
2. 保温に注意を払い、安楽な体位で行えたか。
3. 寝衣やベッドを濡らさないように配慮していたか。
4. すすぎ残しはなかったか。
5. 手早く毛髪を乾かし、整髪できたか。
6. 施行中、患者の状態や反応を観察していたか。


〜洗髪point〜
★洗髪前に毛髪をブラッシングする。
★シャンプーを一度手に取ってからつける。
★洗髪時指でマッサージするように洗う。
★ドライヤーを使うときに、頭から10cm程度離す。
★シャンプー後、毛髪をすすぐ前に濡れタオルで泡を拭き取る。
back