.尿失禁の原因は多岐に渡っていて種類が異なる
(1)尿失禁の分類
タイプ その背景 対処法 確認すること 確認方法
機能性尿失禁
@ 排泄動作の方法を間違えるため、衛生的・社会的に問題となる。
A 運動能力低下のため動作ができない。
@ リアリティーオリエンテーション
A 行動療法
B 福祉用具の活用
C 環境整備
@ 排泄動作に必要な能力
A ADL
B ケア方法
C 活用中の福祉用具
D 住宅環境
E 社会資源の活用方法
@ 観察
A 問診
B 排尿日誌
切迫性尿失禁
@ 膀胱内に炎症があり、刺激が強く尿意を我慢できない。
A 脳卒中などのため排尿が抑制されにくい。
@ 膀胱炎の治療
A 膀胱弛緩剤の服用
@ 膀胱炎の有無
A その他の膀胱内異変の有無
B 脳・脊髄疾患の既往
C 服用している薬物
D 排尿のパターン
@ 尿検査
A 医師の診察
B 問診
C 排尿日誌
反射性尿失禁
@ 仙髄排尿中枢が保たれ、腰髄より上方が障害される脊損などでみられる。
A 橋排尿中枢の抑制が効かないため、尿道括約筋の収縮が起きないことがある。
@福祉用具の活用
@ 排尿パターン

・排尿回数
・1回排尿量

A 漏れ方
B 脳・脊髄疾患の既往
C 排尿困難の有無
@ 医師の診察
A 問診
B 尿検査
C 残尿測定
D 膀胱検査機能
腹圧性尿失禁
@ 尿道を閉める括約筋(骨盤底筋)が緩い。
A 膀胱が下がり漏れやすい形になっている。
B 尿道自体がゆるんでいる。
@ 骨盤底筋体操の実施
A 膣に膀胱を持ち上げる用具をいれて補正する。
B 尿道にコラーゲンを入れて狭くする。
C 手術
@ 咳やくしゃみでもれているかどうか。
A 膣から膀胱などが落ちていないかどうか。
B 咳をしたときに尿道が開かないかどうか。
@ ティッシュを当てて咳をしてもらう。
A 陰部の観察。
B 咳をして尿道口の観察。
溢流性尿失禁 多量に残尿がある
残尿をなくす
@ 排尿困難の解決
A 導尿

間欠導尿・留置カテーテル

残尿の有無と量
残尿測定
排尿直後の導尿
超音波測定

Back