シーツ交換

  必要物品
・枕
・マットレスカバー
・マットレスパッド
・敷きシーツ
・ゴムシーツ
・横シーツ
・掛けシーツ
・毛布
・スプレッド
・枕カバー

●マットレスパッドを敷く(a)
マットレスパッドの中央をベッドの中央に合わせ、上端を合わせる。

●マットレスパッドを敷く(b)
足もとに向けて敷く。

●敷きシーツを敷く(a)
ワゴン側に立ち、敷きシーツをベッドに置く。輪になっていないほうをベッドの中心線に合わせる。

●敷きシーツを敷く(b)
中心線がずれないように足元まで広げる。敷きシーツの上端をマットレスの下に入れる。

●敷きシーツの角を三角に作る(a)
シーツの垂れ下がっている縁を持ち上げてマットレスの上に置く。三角の一辺(@)がベッドの枕もとの柵と平行になるようにする。

●敷きシーツの角を三角に作る(b)
両手の手掌を下に向け、下側の三角に折ったシーツ(B)をマットレスの下に入れる。

●敷きシーツの角を三角に作る(c)
左手でCを押さえ、右手で三角の頂点(A)を持ち、手前に倒す。

 

●余分なシーツをマットレスの下に入れる
余分なシーツをマットレスの下に入れる。

●敷きシーツを半分仕上げる
足もとも同様に角を作り、マットレスの下に入れる。

●ゴムシーツを敷く
枕もとから50cm離れた場所にゴムシーツを置き、中央と敷きシーツの中心線を合わせる。両側の余分なシーツはマットレスの下に入れる。

●横シーツを作る(a)
横シーツをさばいてください。

●横シーツを敷く(b)
手前の余分な横シーツはマットレスの中に入れる。

●掛けシーツを掛ける(a)
掛けシーツの中央マットレスの中央に合わせる。

 ●掛けシーツを掛ける(b)
枕もとはマットレスの端と掛けシーツの端をそろえ足元に広げる。

●掛けシーツを掛ける(c)
掛けシーツにひだを作るために足もとから15cmのところで5cmくらいのタックをとり、枕もとのほうへ倒す。

●掛けシーツを掛ける(d)
右手でマットレスを持ち上げ、右手でシーツの余った下端をマットレスの下に入れる。右手を掛けシーツの間に入れて角に手背を添えながら下げて四角とする。

●掛けシーツを掛ける(e)
ベッド横に垂れている掛けシーツは、足元から40〜50cmをマットレスの下に入れる。

 

●毛布を掛ける(a)
掛けシーツと同様に、毛布を広げる。足元にタックをとり、毛布の下端30cmほどマットレスの下に入れる。
足もとは四角に作る。


●毛布を掛ける(b)
枕もとの掛けシーツを毛布の上に折り返す。

●スプレッドを掛ける
枕もとからスプレッドを広げる。スプレッドの余った部分をマットレスの足もとに入れて足もとに大きい三角を作る。

●反対側のベッドを作る
反対側に立ち、マットレスパッド、敷きシーツ、ゴムシーツ、横シーツ、掛けシーツ、毛布、スプレッドを手前に引く。手背を上にして、手掌でリネンをたぐるようにして引っ張る。同様にベッドを作る。

●枕を枕カバーに入れ、枕の角と枕カバーの角を合わせる。余分な部分は内側に折り曲げる。折り込んだ面を下にする。枕カバーの口は病室の入り口と反対にする。

●ベッドサイドの整頓
床頭台の位置を整え、全体を点検する。

  〜ベッドメーキングでのアセスメント〜

1、効率よく作業できたか?

2、力の方向、姿勢を考えて作れたか?
(ボディメカニクスの応用)

3、ベッドの下に敷くものは十分に引っ張り、しわを作っていないか?

4、手の使い方が正しく行えたか?
(手掌を下に)

5、ベッドの周囲およびベッドの上の整理整頓はできているか?

back