寝衣交換(和式寝衣)

必要物品
・寝衣
・タオルケット(バスタオル)。

●患者の横に立つ
麻痺、障害がある場合は健側に立つ。

●患者の準備をする
1、肌の露出を避けるために、タオルケットを掛けながら掛け物を外す。
2、掛け物は足もとに扇子折りにする。
3、寝衣のひもをはずす。
4、清潔な寝衣を患者の健側に置く。

●汚れた寝衣の片側をはずす
1、襟元を手前の肩の方へ引き上げるようにゆるめ、肩の部分を脱がせる。
2、患者の上腕をしっかり支える。もう一方の手で、患者の腕から袖を抜く。
3、外した寝衣は、落屑らくせつが散らないように、内側に巻き込むようにして患者の側部に置く。

●外した側に清潔な寝衣を着せる
清潔な寝衣の袖口から看護者の手を入れる。これを"迎
え袖"という。

●清潔な寝衣着せる
1、 者の手関節と肘関節を、手で下から支えるように持つ。
2、患者の腕を寝衣の袖に通す。
3、袖の位置、脇の縫い合わせ、全身頃を広げる。
4、脱いだ寝衣の下に、清潔な寝る衣を扇子折りにして入れておく。








●汚れた寝衣の片側をはずす
1、看護者は患側(左側)に移動する。看護者に向けて側臥位にする。
2、片手で患者を支え、もう一方の手で汚れた寝衣を患者の体の下に押し込む。
3、清潔な寝衣の背縫いを、患者の脊柱の位置に合わせる。
4、清潔な寝衣の残りを巻くようにして、患者の体の下に入れる。
5、患者を仰臥位にする。
6、汚れた寝衣と清潔な寝衣を体の下から引き出す。
7、患側の上腕を片方の手で支え、もう一方の手で汚れた寝衣の袖を引き、腕から抜く。
8、落屑を散らさないように、汚れた寝衣を取り除く。

●清潔な衣服を着せる
1、清潔な寝衣の袖口から看護者の手を入れる。
2、 看護者のもう一方の手で患者の前腕部を持つ。
3、 肘の屈折しにくい患者の場合は、寝衣の後ろ身頃を下げ、下から袖口を通す。

●寝衣を整える
1、 寝衣の前身頃を伸ばす。
2、 寝衣の料側を外側に向けて引く。

●寝衣を整える
1、 患者の膝を立て、腰、背部のしわを伸ばす。
2、 寝衣の裾すそはゆとりをもたせる。
3、 ひもを結ぶ。

●掛け物をかける

※ 注意
和式寝衣の合わせで左前やひもの立て結びは、死者に対して行う和服の着せ方なので、気おつけましょう。

〜寝衣交換のアセスメント〜
1、ライバシーや保温に注意したか?
2、着脱動作に無理はなかったか?
3、を不用意に動かし、負担をかけることはなかったか?
4、シーツや清潔な寝衣を汚染していないか?
5、整えた寝衣にしわやたるみはなかったか?
6、患者に声をかけ、表情や反応を見ながら行えたか?
back