◆高血圧性脳内出血部位・病態
被殻出血 約40〜50%
視床出血 30%
大脳皮質下出血10〜15%
小脳出血5%
脳幹出血5〜10%
大脳基底核部の出血(被殻と視床)が全体の70%以上を占めます。


【高血圧性脳出血に好発部位があるのはなぜか?】
高血圧性脳出血は、被殻、視床、小脳、脳幹(橋)、大脳皮質に好発します。出血源は脳の深部にある穿通枝と呼ばれる細い血管です。高血圧性脳出血が起こる原因は、高血圧と動脈硬化を背景に脳内細動脈に発生した動脈壊死とそれを基盤とした小動脈瘤の破綻によると考えられています。これらの小動脈瘤はレンズ核綿条体動脈内・外側枝、視床への穿通動脈に多発するとされているからです。穿通動脈は、とても細く脳血管撮影でも出血血管を明らかにすることはできません。 症状として、頭痛・片麻痺・意識障害などがあります。

Back