◆脳内出血とは?
脳内出血の多くは(60%)は高血症を基盤とする高血圧性脳内出血です。
高血圧と動脈硬化により脳細動脈が壊死を起こし、微小動脈瘤ができます。
そこに、強い力(高血圧)がかかることにより、その微小動脈瘤が破れて脳出血を引き起こすのです。
アルコール常飲者、肝機能障害者、血小板減少症の患者さんでは止血機構の作用が悪く、大量出血になる傾向があります。


Back