◆片麻痺のある患者のベッドでの起き上がり方法
【自立(一人で行う)の場合】

@「自立による寝返り」の順番に従って、患者さんに向いてもらいます。
A 患者は健側肘をテコにして上半身を押し上げます。

B 健側下肢で患側下肢を支えてベッドの下に下ろしながら、手のひらでベッドを押しつけ上半身を押し上げます。



【部分介助の場合】
@「部分介助による寝返り」の順番に従って、患者さんに向いてもらいます。
A 患者は健側肘をテコにして上半身を押し上げます。
B介助者は、患側の肩が後ろに引かれないように支えながら、もう一方の手で後頭部を肘で支えながら方を支持します。
C腱側下肢を支えてベッドの下に下ろしながら、腱側の肘をテコにして起き上がります。
【全介助の場合】
@患者の頭の下に左手を入れて、肘関節で首を支えながら肩甲骨を持ちます。

A差し入れた肘を起点にテコとして患者を仰臥位にします。

B患者の右肘の下を押さえ、そこを起点にテコにして患者の頭が円を描くように上体を起こします。

C介助者は膝の下から手を入れて、両膝を立てるようにします。

D臀部を軸に手前側に回転させて、ベッドの端に座らせます。

<

Back