◆運動麻痺の種類
運動麻痺は、自分が意識して運動を行おうとしても、十分に力が出せない状態です。 運動麻痺の発生部位によって4つに分類されます。

単麻痺・・・上下肢のうち一肢だけに麻痺がある場合。
【病変部位】大脳半球とくに皮質

片麻痺・・・身体の同側の上下肢に麻痺がある場合。
【病変部位】大脳半球、内包

対麻痺・・・両下肢の麻痺。
【病変部位】脊髄(胸髄、腰髄)

四肢麻痺・・両側上下肢に麻痺がある場合。
【病変部位】脳幹、脊髄(頸髄)、抹消神経


上記以外の分類
完全麻痺・・・力がまったく入らない。
不完全麻痺・・一部力が入る。
痙性麻痺・・・麻痺筋の緊張が亢進している。
弛緩麻痺・・・麻痺筋の緊張が低下している。

運動麻痺は中枢性と抹消性に分類されます。
脳血管障害・・・中枢性運動麻痺
脊髄障害・・・・中枢性運動麻痺と抹消性運動麻痺

【脳血管障害による麻痺】
皮質脊髄路が直接あるいは間接的に障害されることにより起こります。
大脳の障害では、病巣と反対側の片麻痺が出現しますが、大脳皮質枝の障害では病巣と反対側の単麻痺になります。
脳幹部の障害では病巣と反対側の片麻痺が起こります。
脳底部の障害では四肢麻痺が出現します。

Back