◆ペナンブラ(penumbra)
脳梗塞急性期には、脳血流が高度に障害される流心部から、ほぼ正常血流を示す遠隔部まで、脳血流の勾配が形成されます。
中心部は、脳血流低下のため神経細胞は死に至りますが、中等度に血流が低下した周辺部は、脳機能は障害されますが、脳細胞がまだ生存している領域です。
この領域は血流再開などの治療により神経機能の回復が可能な部位でもあります。


Back