●脳神経系の解剖と生理
@ 神経系は、解剖学的,機能的に中枢神経末梢神経に大別される。
A 中枢神経は、頭蓋内に収まる脳(大脳間脳中脳延髄)と脊柱に収まる脊髄からなる。
B 間脳・中脳・橋・延髄を総称して脳幹という。

C 中枢神経系の組織では神経細胞体が多く集まる灰白質と、神経線維が多く集まる白質に区別できる。

D 末梢神経は、中枢神経(脳または脊髄)から出て、体の末端に至るまでの神経をいい、中枢神経と体の各部をつないでいる。
E 末梢神経は次のように分類される。
F 脳脊髄神経(体性神経)は、運動および知覚神経としての働きを有する。
G 神経系はつきのようにまとめられる。
体性神経(動物神経)→自分の意志が関わる。(運動・感覚支配など)
自律神経(植物神経)→自分の意志は関係ない。(生命活動の恒常性・呼吸・内分泌・体温など)
H 交感神経・・・Th1〜L3の前根から起始する。
★交感神経は脊髄からしか出ない。
I 副交感神経・・・脳幹(V・Z・\・]),仙髄(S)から起始する。
交感神経・・・節前短い,節後長い
副交感神経・・・節前長い,節後短い

Back